*

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その2-養老渓谷、上総中野、大多喜、国吉、大原(小湊鉄道/いすみ鉄道)

公開日: : 最終更新日:2023/06/06 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月23日・・・養老渓谷駅、上総中野駅、大多喜駅、国吉駅、大原駅(小湊鉄道/いすみ鉄道)
12:14 養老渓谷(ようろうけいこく)駅(小湊鉄道 千葉県)
沿線中に現れた一大観光地。








駅に着いて酒の看板が見えた時はうれしかった。
飯にもありつけるだろう。
牛久や鶴舞で調達できるつもりでいたけど叶わなかったんだ。

人の出入りは更新され、車も入ってくる。
鮎の塩焼きを楽しみ、人々は様々。
足湯に浸かり、ソフトクリームをなめ、子供たちは元気に走り回る。

歩いていける場所があればと思っていたけど、養老渓谷はそんなに甘いものじゃないようだ。
そうしてさっきから座って酒を飲んでいる。

44分に上りが出る。
それに乗って2、3駅戻ろうかと思っていたが、どうやらトロッコ列車らしい。
この列はこれが目当てだったか。

それじゃオレの席はないな。
あと1時間ここにいて、次のを待つよ。

サザンオールスターズの楽曲をオルゴールにしたものが繰り返し流れるみんなの広場。
休日とはいいものだ。

愛しいものを思わないわけじゃないが、身勝手に今を生きている。
切ないメロディが流れてくれば、そりゃ切なくもなる。

もっともそんなオレを身勝手だと言う人間は、ここにはいないけど。

13:57 上総中野(かずさなかの)駅(いすみ鉄道/小湊鉄道 千葉県)
秋空の下にいる。
夏はまだ日差しの中にいる。

泣き止まない男の子に胸が苦しくなる。
酒が過ぎたせいか泣きそうだ。

まるで悠久の時を続けそうな上総中野駅前。



学生たちがいたかつての平日。
ドンツキの宿屋は開いていて、昼食を終えた中年夫婦が出てくるところに出くわし、あぁ営業していてよかったと、この土地のために思った。

あとは何もない駅前。

いすみ鉄道に乗り換えている。
この里山が未来への土産だと考える小湊鉄道の態度を支持したい。

この国の郷愁を姿にすると、おそらくまだ当分はこの風景を指す。

14:32 大多喜(おおたき)駅(いすみ鉄道 千葉県)
10分の停車。
房総の小京都を謳う大多喜。



町の地図を見ると観光通りに店が隙間なく並んでいる。
復興天守閣は車内から見える。

徳川家康はなぜ腹臣とも言うべき本多平八郎をこの場所に据えたのか。
海上から房総半島に上がり、江戸を脅かす勢力があったのだろうか。

あるいは長く房総を治め、大坂冬の陣の年に改易となった里見一族への抑えが必要だったのか。

観光地の入口には大手門が立ち、ライダーの往来が見られる。
以前から注目を浴びていたのかは知らないが、房総の内陸を旅してきた身からすれば、奇跡のような町にいる。

14:53 国吉(くによし)駅(いすみ鉄道 千葉県)
15分の停車。
控え目な物売りが客の動静を伺い、購入の意思を伝えると素朴に感謝を伝えてくる。

二人の男の子を連れた母親に自然と目がいき、この町に何があるのか知らずに列車に戻った。

これまでの人生の集大成が見える旅だ。
本当の集大成はまだ少なくとも30年後の話。

49年の集大成がこれならいい。
未来を生きる子供たちを愛せているんだ。
これならいいよ。

それに見渡すところの老若男女。
みんな抱き締めてあげられるよ。

15:22 大原(おおはら)駅(外房線/いすみ鉄道 千葉県)
人間愛に満ちた一両編成のいすみ鉄道を降りて日常のようなJR線に乗ると、観光色は消えて、まさに日常に戻る。

あの列車に乗っていたのなら、その意味が分かるだろう。

ただ、そんな在り方では生きられない現実がある。

鉄道は間違いなく生き残るべきだ。


関連記事

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】3日目(秋田-北上ー遠野)-道の駅西目、道の駅東由利、ほっとゆだ駅、北上駅、遠野徳田屋旅館

車旅日記1998年8月14日 1998・8・14 7:17 7号国道‐西目(道の駅) 自由な日々

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その1-新宿、初狩、笹子、酒折、善光寺、甲斐岩間、波高島、内船、芝川、西富士宮(中央本線、身延線)

鉄旅日記2013年3月3日その1・・・新宿駅、初狩駅、笹子駅、酒折駅、善光寺駅、甲斐岩間駅、波高島駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その2‐郡山、福島、仙台、品井沼、松島(東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・郡山駅、福島駅、仙台駅、品井沼駅、松島駅(東北本線) 9:25 郡

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

車旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよならしていた

記事を読む

「車旅日記」1996年1月【旅を友として生きていくことにした27歳。年頭の誓いでございます。】-町田、伊勢原駅、山北駅、沼津駅、富士駅、道の駅富士川、吉原駅、田子の浦

車旅日記1996年1月1日 1996・1・1 20:43 東京町田 始動だ。 久し振りに動かし

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その1-金町、名古屋、多気、川添、三瀬谷(常磐線/東海道本線/関西本線/伊勢鉄道/紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・金町駅、名古屋駅、多気駅、川添駅、三瀬谷駅(常磐線/東海道本線/関西

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのく・北海道途中下車旅】2日目(横手-室蘭)-横手、土崎、八郎潟、大館、弘前、青森、泉沢、久根別、七飯、仁山、渡島沼尻、森、八雲、長万部、伊達紋別(奥羽本線、江差線、函館本線、渡島砂原支線、室蘭本線、室蘭支線)

鉄旅日記2012年8月12日・・・横手駅、土崎駅、八郎潟駅、大館駅、弘前駅、青森駅、泉沢駅、久根別駅

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ博多フレックス21 507号 とうと

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その2-新今宮、天下茶屋、堺東、三国ヶ丘、上野芝、百舌鳥、百舌鳥八幡、金剛、千早口、高野山、極楽橋、新今宮、大阪、姫路(南海本線/南海高野線/阪和線/高野山ケーブル/大阪環状線/山陽本線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・新今宮駅、天下茶屋駅、堺東駅、三国ヶ丘駅、上野芝駅、百舌鳥駅、百舌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑