*

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その3‐余目、三瀬、羽前水沢、間島(陸羽西線/羽越本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年1月13日・・・余目駅、三瀬駅、羽前水沢駅、間島駅(陸羽西線/羽越本線)
14:02 余目(あまるめ)駅(羽越本線/陸羽西線 山形県)
古口の手前で最上川と再会。
それ以前に鮭川などの河川が複雑に入り組む様を眺める。

長いトンネルを抜けると深い谷合。
そしてまた長いトンネルが続く。

最上川は河口に向けて川幅を広げ、滔々と流れている。

かつてオレがいたドライブインが見えたよ。
滝が落ち、麓には鳥居がある。
あの滝が御神体ということか。

無常の世で、あの景色が変わらずあることが奇跡のように思える。
人とはこうして傲慢になっていくのか。

清川駅があるが、清川八郎の生地だろう。
幕末に生まれ、新選組が生まれるきっかけを創り、やがて非業の死を遂げる彼の評価は芳しいものではないが、時代を動かした男であることは間違いない。

余目に近づくにつれてまた大地は開け、最上川は遠ざかる。

陸羽西線の所要時間は46分。
南野駅の手前から真っ白な鳥海山が姿を見せた。


余目はUFOの町と知ったのは最初の訪問の後。
駅横広場にオブジェがある。


そりゃ人類も宇宙に出るんだ。
地球人が唯一無二の存在と思うのは傲慢に過ぎる。

乗り換え時間7分。

14:58 三瀬(さんぜ)駅(羽越本線 山形県)
余目で接続した上り羽越本線はあつみ温泉行。
日本海に出る手前の三瀬駅に降りる。

何があるわけでもない一帯を小学校に向けて下りていく。
途中、外壁にチャップリンを描いた家を通る。
特に感想はない。

一周して戻る。
まるで雪はなく、真冬にしては穏やかな気候。

鳥の声を聞いていると、寂しいとか侘しいとか、そういった気持ちになる。

他に音はない。

そしてこの旅もまもなく終わりに近づいているとぼんやり思う。
ひと駅を引き返す。

15:22 羽前水沢(うぜんみずさわ)駅(羽越本線 山形県)
滞在時間は8分。
そして三瀬方面に再び引き返す。

酒屋がありビールを購入。
そして巨大倉庫を写す。


庄内平野は晴れて、やがて日が暮れる。
そんな予感しかない午後。

入線する新津行が逆光に映えた。

途中長時間の停車を繰り返しながら新津に着くのは18:47。
そして再び三瀬に着く。

あの山を越えれば絶景の日本海が見える。

16:46 間島(まじま)駅(羽越本線 新潟県)
飽かずに日本海を眺めていたよ。

寂しい車内。
並行する国道を行き交う車も少なく、気紛れのような日差しを寄越す空は鈍色。

笹川流れの桑川駅を過ぎたらもう日本海は望めないと思いきや、間島駅前にも広がっている。
貨物列車通過待ち11分の停車。

海岸線に出る。
12月にその存在を知った粟島が見える。

スサノオが司る海は神聖なるもの。
口の中が少ししょっぱい。

間島を出てしばらく、羽越本線は内陸に進路を変えて、日本海が去っていく。
行く手に夕焼けが見える。

関連記事

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

車旅日記2006年5月3日 13:26 末続駅(403㎞) 国道から見えたんだ。 こんな素

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩夏【近くまでぶらっと】金町、新松戸、西国分寺、立川、青梅、奥多摩、御岳、武蔵五日市、拝島、高麗川、川越、武蔵浦和、南浦和(常磐線、武蔵野線、青梅線、五日市線、八高線、川越線、埼京線)

鉄旅日記2009年9月5日・・・金町駅、新松戸駅、西国分寺駅、立川駅、青梅駅、奥多摩駅、御岳駅、武蔵

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・松任駅、小松駅、あわら湯のまち駅、三国港駅、福大前西福井駅、田原町

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日・・・柳井駅、大畠駅、西条駅、岡山駅、高松駅、高松築港駅、オレンジタウン駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日・・・芦ヶ久保駅、西武秩父駅、御花畑駅、秩父駅、入間市駅(西武秩父線/秩

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋に案内してもらった。

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2007年皐月【夜汽車に乗って東京を離れ、山陰山陽へ。鉄旅最初の長旅でございました。】最終日(岡山-東京)-岡山、長船、明石、米原、大垣、沼津、平塚、北千住、東京葛飾(山陽本線/赤穂線/東海道本線)

鉄旅日記2007年5月6日・・・岡山駅、長船駅、明石駅、米原駅、大垣駅、沼津駅、平塚駅、北千住駅(山

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線) 2020・2・24 5:39

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑