*

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その1‐香住、柴山、餘部(山陰本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年7月24日・・・香住駅、柴山駅、餘部駅(山陰本線)/余部鉄橋

2020・7・24  6:26  香住(かすみ)駅(山陰本線 兵庫県)
日本海と言えば松場蟹。その町で酔った。

素敵に内装された店でカルパッチョとイカの刺身。

ここらじゃイカを食べるもんだよ。かつて入った城崎の寿司屋で勧められたことを思い出す。

正直こう思ったものだ。「イカかよ」。

でも食べてみると、それまでに東京をはじめとした地で食べてきたイカとは明らかに違う食べ物で、以来イカの地位はオレの中で飛躍的に向上して、スーパーで売っているイカもよく食べている。

入ったお店も泊まったお宿も家族経営で、かわいらしい少女がまずはじめに挨拶をくれた。

お宿の若主人の話す言葉は柔らかく、これまでに聞いたどの関西弁とも違っていた。館内はうっすらと香が薫り、最初の目覚めで起き上がった。ほのかにヒグラシの声が聞こえた。

少し方向感覚を失っていたようだ。外に出るまで線路を挟んで海側にいたことにまるで気づいていなかった。

浜辺までは歩いて約5分。人気のない海辺でスサノオに祈りを。そして毎朝の祈りを。

駅にいる。一番列車の到着が近づき、多くの青少年が集まってきた。今日は海辺に沿って進んでいく。

7:07  柴山(しばやま)駅(山陰本線 兵庫県)

豊岡方面にひと駅戻る。

地図を見て海辺の村だと知っていた。駅前に立派なホテルがある。海辺に下りていく途中にも清潔なたたずまいの宿があり、海辺に面してはいくつか並び、蟹料理を謳う。

時に銃砲声のような響きが轟き、柔らかな雨が降る。

丹生大明神に詣でて、さらに祈りを。

海辺ではスサノオに。

祈りは深まり、名の知らない鳥の飛行を目で追う。

恋人に自撮りした写真を送った。この静かな村で過ごした朝を愛している。

8:11  餘部(あまるべ)駅(山陰本線 兵庫県)

ここには7:39に着いている。天空の駅は様変わりしていた。

余部橋梁が付け替えられたことは知っていた。貴重な文化遺産の喪失を悲しんだが、保存のきく大きさじゃない。それでも再訪を心待ちにしていた。

旧橋脚とそこに乗る線路は部分的に残されて、空の駅として開放されている。広場にはかつての余部橋梁の姿が残されている。

人工的なものかと錯覚するほどに鴬は鮮やかに鳴き、静かに雨は降る。

クリスタルタワーを伝って人々が上がってくる。そこから駅までの距離を線路に沿って歩くことができる。何度も行き来したよ。そしてしばらくそこにいる。

あのエレベーターは使わず、下界には道を伝って下りた。

海辺には小さな集落がある。断崖を伝うような道があり歩いたが、ほどなくして行き止まり。

橋を見上げる他にやるべきことを思いつけない。いつまでもそうしていた。

かつての姿を覚えている。丹後を過ぎて、たまたま通りかかったんだ。

威容に驚き、すぐそばにあった喫茶店に車を止めた。その店はもうなかった。そしてその旅の途中で、余部橋梁が印刷されている絵葉書を探した。

2度目は夜だった。闇の中で巨大な存在感を放つ姿を覚えている。

さっき下ってきた道を上がり、駅にたどり着いたかつて。当時も駅舎はなく、当然のように人気はなく、ここじゃないどこかの惑星に存在する銀河鉄道の停車駅のようだった。

次に列車が止まるのはいつだろう。それが例えば今夜でも明日じゃなくても不思議に思えないような現実離れした存在に映った。

断片的な映像しか覚えていないが、昭和の頃に放送されたNHKの番組で、吉永小百合さん主演の「夢千代日記」の冒頭に当時の余部橋梁が登場すると母から聞いたことを思い出した。

離れがたい場所だが、時間がきた。8:38鳥取行に乗る。

関連記事

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・新西金沢駅、野町駅、加賀一の宮駅、西金沢駅、羽咋駅(北陸本線/北陸

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日・・・知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その3-笹川、外川、犬吠、犬吠埼、銚子、椎柴、松岸(成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2018年9月22日・・・笹川駅、外川駅、犬吠駅、銚子駅、椎柴駅、松岸駅(成田線/銚子電鉄)

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている。 急

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日・・・只見駅、会津川口駅、会津本郷駅、南若松駅、会津若松駅(只見線/会津鉄

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の誕生日に

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

車旅日記2004年8月11日・・・葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日・・・会津若松駅、芦ノ牧温泉駅、大川ダム公園駅、芦ノ牧温泉南駅(会津鉄道

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑