*

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その4‐出雲市、直江、五十猛、馬路(山陰本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2024年7月24日・・・出雲市駅、直江駅、五十猛駅、馬路駅(山陰本線)

15:19  出雲市(いずもし)駅(山陰本線 島根県)
乃木~玉造温泉~来待にかけての宍道湖の眺めが素晴らしい。

優雅な水面は負念を吸収する。

さらに宍道にかけても素晴らしい。

空は青も見せるが、降る雨は激しい。いつまで待てばいいのか分からない。山陰本線は現在止まっている。

そういえば、5年前も山陰ではこうして計画を狂わされた。

これが常だとするのなら、何度この遠くの街まで足を運べばいいというのか。

まさに荒天。代官通りあたりを歩いている頃は空の意思は青に転ずると思われたものの、今じゃホームの待合室まで雨が吹き込む。この遅れは倒木の影響によるという。

12年前に宿泊した出雲市駅周辺。あの日よりも多く歩き、より街を知り、出雲の歓楽街の規模に興を覚え、アーケード街では人っ子ひとりいない情景に出くわした。

あとはいい加減な天気は気にせずに、大判焼きを購入して飲んでいたよ。土産もここで購入した。

これだけ不意に時間が生まれたんだ。必然だろう。

不要不急の外出自粛奨励の中を出かけたのか!という会社の連中の突っ込みに対して、そんなもんクソ食らえだと大笑いする光景を思い浮かべていた。

おそらくそれは現実となる。

15:35  直江(なおえ)駅(山陰本線 島根県)
出雲市駅で待っていると遅れていた米子行が到着するという。

待つことに飽きていたし、予定も変更になったことだ。ひと駅戻って下りを待つことにした。

途中、斐伊川を越す。美しい眺めだ。

この地でスサノオがヤマタノオロチを退治した伝説が残るが、ヤマタノオロチとは大雨が降るたびに氾濫を繰り返し、いく筋にも分かれて手がつけられなかった斐伊川のことを指していると何かの書で目にした。

直江駅はなぜか駅舎が閉鎖されていて、南北につなぐ跨線橋を伝って下界に下りた。

空はまるで冗談のように晴れている。

17:04  五十猛(いそたけ)駅(山陰本線 島根県)
眠りから覚めてしばらく経つ。

ヒグラシの声が聞こえている。穏やかな夕暮れ。

だが列車はここで停止して動かない。上り列車を2本やり過ごすために微動だにしない。

2020年に対して恨みが募る。俳優の三浦春馬さんはこの状況に耐えきれずに酒に溺れ、オレを含めて日本中を悲しませることになった。

コロナに負けるなとFacebookの友達が言う。オレに限ってそれはないとたかをくくっていたけれど、時に負けそうになる。

負けないために外に出た。

五十猛の地名はスサノオの息子、五十猛神(いそたけるのかみ)に由来する。

天から出雲に降りたスサノオの行いはひどく、やがて神々によって追放され、息子と共に朝鮮半島を経て、再び出雲の地に上陸した場所がここの海岸とのこと。

線路下の通路を抜けると駅舎はなく、平凡な山陰の駅前風景を見た。


17:23  馬路(まじ)駅(山陰本線 島根県)
強烈な西日が車内を照らしている。まるで皮肉だ。

今度は倒木の撤去作業で、いつ果てるともしれない停車が再開された。

外に出たオレに誘われるようにそれとわかる鉄道オタクが這い出て、ローカル線によく見られる一風景が生まれた。

ホームには駅名標の他に、駅名をもじった「まじ?!」なるもうひとつの駅名標をこさえて、世界遺産石見銀山にまつわる名所を紹介している。

駅に着く前に日本海が見えて、馬路は海辺の駅かと思ったが、少し内陸に収まった。駅舎は持たない。

ホームからわずかに日本海が覗ける。

関連記事

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】3日目(田沢湖近辺-男鹿半島-鳴子)-和田駅、入道崎、八望台、男鹿駅、道川駅、矢島駅、鳴子サンハイツ

車旅日記1997年8月15日 1997・8・15 9:04 和田駅 855㎞ 友と19時間をとも

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

車旅日記1998年5月1日 1998・5・1 11:53 東京町田 出発を前にして空が晴れてきた

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日・・・若松駅、折尾駅、黒崎駅、黒崎駅前駅、戸畑駅、小串駅、長門市駅、益田

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2・・・熊本駅、久留米駅、鳥栖駅、吉塚駅、長者原駅、古賀駅、東郷駅、

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その1-道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船引駅、磐城常葉駅、川前駅、小川郷駅、四ツ倉駅

車旅日記2006年5月3日・・・道の駅明治の森黒磯、高久駅、黒田原駅、白河駅、安積永盛駅、三春駅、船

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その2‐新白河、郡山、福島、仙台、あおば通(東北本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅、あおば通駅(東北本線) 8:22

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その4‐多治見、坂祝、美濃太田(太多線/高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・多治見駅、坂祝駅、美濃太田駅(太多線/高山本線) 14:19 多治

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/八日市線/多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2・・・水口駅、水口石橋駅、水口城南駅、八日市駅、近江八幡駅、高宮駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

車旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそれ以外の

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その2‐郡山、福島、仙台、品井沼、松島(東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・郡山駅、福島駅、仙台駅、品井沼駅、松島駅(東北本線) 9:25 郡

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑