*

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年8月16日
1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ
拝啓
残暑お見舞い申し上げます。
元気でいますか。
オレはまたしても北の方にいる。
こっちの朝は寒いよ。
ところで2日前に秋田のへんぴな場所でHと計画的な再会をしたんだ。
会ってしばらくしたら「んじゃよ!」と言って分かれるはずだったけど、結局翌朝まで一緒に野外生活したよ。
お互いやりたいことはあるけど、やらなきゃいけないことはなかったからな。
それでオレは男鹿半島に向かい、ヤツはきっと山の奥深くへと入った行ったのだろう。
ヤツはスゴイ男だよ。
これからオレは郡山の友人に会いに行く。
2年振りなんだ。
君はどうしてる?
元気ないように見えたから心配していたよ。
やっぱオレの思い過ごしなのか。
またなっ
97夏

10:21 瀬見駅 1219㎞
気温16度と出ている。
ひどく寒い夏の日だ。

宿の女性は稲の心配をしていた。
印象としては夏でも秋でもない妙に寒い一日。

周りの緑がとても濃い。
渓谷の中を走っている。

友が見たら狂喜しそうな清流が流れ、道を挟んで線路が敷かれている。
そこでは今もアンティークなトンネルや鉄橋が使われている。

見ていると気分が和む。
それが目にしたかった風景なのだろう。

旅はこうして続いている。

12:47 羽前中山駅 1309㎞
旅は続き、甲子園でも熱戦が続いている。

舟形から13号国道に乗り、心も快調に走ってきた。
山形の道もまた美しい。

ここに着くまでは後ろをずっと走っていた宮城ナンバーのおじさんに愛情を持ちながら走ってきた。
彼の運転マナーがとてもよかったから。

この駅にも人の姿はない。
駅員もいない。
だけど周囲は清潔に保たれている。
煙草の吸殻なんて見当たらない。

きっと民度の問題なのだろう。
オレが暮らしているあたりはひどいものだ。

友と連絡がついた。
16:00くらいに郡山入りする予定でいる。

これから山路を行く。
地図を見ると脇を川が流れている。

好きな景観がいくつか見られるとうれしい。

13:46 13号国道‐萬世大路記念碑公園 1346㎞
峠道を行く予定だったが見落としがあった。
今また13号国道に戻っている。

いずれにしろ峠道だ。
空はにわかに曇り、風が強くなった。
気温も19度まで下がっている。

飲料を補給したかったけど、この園内には便所しか見当たらない。
オレみたいなヤツが寄るのにちょうどいい造りになっている。

背中が痛いが、こいつは伸ばしてもどうにもならない。
400㎞くらい先までついて回る痛みだ。

これが体で感じる旅の疲れだ。

14:11 13号国道‐栗子トンネル付近 1362㎞
峠には霧雨が降り、ストーンズのブルースナンバーを聴きながらトンネルを抜けている。

何も考えようのない時間を、ストーンズを聴きながら頑張って走っている。

調子は決して悪くない。

15:20 松川駅 1394㎞
郡山に向かっている。
16:00の約束には遅れそうだ。

福島市内では思わぬ渋滞があり、冷たい雨が降っていた。
こっちの夏はこんなふうなのか。
オレも稲が心配になってきた。

4号国道はこれから流れるだろう。
郡山までもそう遠くない。

友に早く会いたい。

19:40 里白石駅 1469㎞
友との再会を終えて118号国道を行っている。

友と奥さんが出会った水戸行のルート。
友の故郷は渋滞していた。

その渋滞を抜けて空を見上げると花火が上がっている。
それを見に多くの人々がこの閑静な駅に車を寄せている。

オレは違うよ。
便所に用があっただけだ。

21:14 常陸大子駅 1515㎞
花火は盛大だった。
そこに繰り出している人の数も盛大だった。

その後いくつかローカルな町を抜けて、今家族に電話を入れた。
旅はまだまだ続く。

水戸までの道程もまだかなり残されている。
過ぎてきた町はそれぞれ興味深かった。

提灯のぶら下がった人気のない商店街。
危うげな連中がベンチに座るスーパーマーケットを持つ町。

山の中を走るよりはこっちの方がいい。
夜、鳴子へ向かう道では疲れるだけだから。

次に止まるのはどこらあたりになるだろう。

そもそも水戸突入はどれくらい先のことになるのか。

22:49 6号国道‐HOT STAR 1583㎞
無事に水戸を通過して、7月のロードに戻っている。

みんなぶっ飛ばしていやがる。

あのレースに参加しろというのなら、「ああそうかい」と腰を上げるけど、オレのペースで走っていいのならそうしたい。
旅の途中なのだから。

無事に家に帰れれば何時に着いてもいいよ。
ストーンズのテープもまだ3本残っている。

できれば、あと2、3か所休憩場所を用意しておいてくれればそれでいいよ。

24:20 6号国道‐我孫子市内吉野家 1644㎞
これが最後になるだろう。
表示は東京がもう遠くないところにあることを示している。

これが最後なら、最後まで旅だった。

そのことに満足しているよ。

27:22 東京町田 1715㎞
旅の最後にたどり着いたのがこの家だった。
そう、オレの家だよ。

そして1715㎞を一緒に走った車に抱擁した。
家のドアを開けるまで何度も振り返っては別れを惜しんだ。

秋まで一緒に出動することはないだろう。
愛情のすべてはその時愛車に注がれた。

当然だよ。
ずっと一緒にいたんだ。

おやすみ。
また秋に西へ向かおう。

関連記事

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日 2018・4・25 6:25 取手(とりで)駅(常磐線/関東

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その3-佐和、友部、下館、騰波ノ江、下妻、石下(常磐線/水戸線/関東鉄道常総線)

鉄旅日記2018年4月25日 17:55 佐和(さわ)駅(常磐線 茨城県) 愛しきものの

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑