*

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年10月8日
2018・10・8  5:45  松本(まつもと)駅(篠ノ井線/大糸線 長野県)
昨夜も酒が過ぎたけど、いい夜だった。

そばイベントで賑わう街中にちょっとした蔵がある。
そこが友人が経営する食べ物屋さんなんだ。

彼はオレの話に怒り、嘆き、子供の幸福を祈り、そして自身の身の上を訥々と語った。

ここにも真実の友達がいたよ。

バスターミナルに人気はなく、早朝の駅は明るく、とても静かだった。

6:40  辰野(たつの)駅(中央本線辰野支線/飯田線 長野県)
ゲンジ蛍の里、松尾峡入口の看板が日に褪せている。
有賀峠を下りて、初めて辰野に寄った時も朝だった。

人気のないターミナル駅に着いた。

駅前喫茶はつぶれ、かつては駅そばが食べられた駅舎からはすべての店舗が出ていき、看板は外され巨大な体をもて余している。

駅前旅館はやっているようだ。
あの一杯飲み屋も夜には明かりをつけそうだ。

天竜峡行は運動部の青少年を多く乗せて発車した。

7:20  北殿(きたとの)駅(飯田線 長野県)
行き違い4分の停車。
青少年たちと改札に向かう。

構内踏切が鳴り、気になってすぐに戻る。

狭い駅前通りに日差しは満ちて、列車に戻ると驚くほどの青少年が乗っている。

7:39  伊那市(いなし)駅(飯田線 長野県)
ようこそレトロな街へ。

北伊那を出てしばらくすると飲み屋横丁が見えた。

駅を出て小路を行くと通りに沿ってアーケード街が形成されている。

北伊那で青少年の大半は降りた。

居残ったサッカー少年がゲームをしながら奇声を上げている。
時にうるさい。

8:18  伊那福岡(いなふくおか)駅(飯田線 長野県)
学生の大半は降りて、2両の車内は強い日差しを受けながら粛々と進行している。

不意に愛しきもののことが思い出され胸が痛む。

残っていた学生がここですべて降り、より閑散とした車内。
すすきの通路が黄金に光り、収穫という言葉が浮かぶ。

4分の停車。
たった一軒、味のある店が駅前にアクセントをつけていた。

8:38  伊那本郷(いなほんごう)駅(飯田線 長野県)
5分の停車。
高台から伊那谷を見下ろす場所に駅がある。

思わず体を伸ばす。

穏やかな晴天。
天竜峡を見に下っている。

8:59  上片桐(かみかたぎり)駅(飯田線 長野県)
3分の停車。
ここでも高台からの景色を写す。

ちょこちょこ停車しながらのんびり下る伊那路。

時に徐行して、ふと見る世界は緑と青。

赤はないかと何げなく目をやると座席が赤い。
色の調和のとれた車内。

次の伊那大島でも3分停車する。

9:40  飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県)
5分の停車。
春4月以来の飯田。

売店があり、思わずウイスキーハイボールを購入。
小さな子供たちのかわいらしい姿に微笑み、太陽の下の飯田の街を見下ろし、写す。

この青空の下では街がざわめいているように感じる。

駅にはちょっとした改装の覆いがかかり、象徴的な赤屋根はさらに鮮やかさを増していた。

10:50 天竜峡(てんりゅうきょう)駅(飯田線 長野県)
竜神の加護を受けていると鑑定されたオレが、この場所を目指したのは必然だったのかもしれない。

4月にここを通って、あの橋を見た時は胸が騒いだ。

そして今日、荒れ狂う泥流を前に下る龍に祈った。
オレの幸福もまた必然としてこれから訪れる。



会社役員になった身の上。
土産くらい買って帰るさ。

暖簾を上げてはいるけど、やる気のない蕎麦屋に見切りをつけて、ビールを購入。

一大観光地への人出は穏やかで、小さな子供たちの歓声が響く。
うれしくなって、その方向に目を向ける。


関連記事

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その3-佐和、友部、下館、騰波ノ江、下妻、石下(常磐線/水戸線/関東鉄道常総線)

鉄旅日記2018年4月25日 17:55 佐和(さわ)駅(常磐線 茨城県) 愛しきものの

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その1-会津若松、笈川、堂島、喜多方、会津若松(磐越西線)

鉄旅日記2017年12月3日 2017・12・3 6:39 会津若松(あいづわかまつ)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その3-谷田川、磐城石川、磐城塙、常陸大子、玉川村、常陸大宮、上菅谷、水戸(水郡線)

鉄旅日記2018年4月1日 17:09 谷田川(やたがわ)駅(水郡線 福島県) 行き違い

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

車旅日記1998年5月4日 1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ 連休中初めての日

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その2-養老渓谷、上総中野、大多喜、国吉、大原(小湊鉄道/いすみ鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日 12:14 養老渓谷(ようろうけいこく)駅(小湊鉄道 千葉県

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑