*

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年3月3日
2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都)
8年間いた町だ。
愛着はあるよ。

越してきた当初、南口ロータリーはまだ狭く、古い果物屋が意固地に居座っていた。
言ってみれば昔の駅前風景だった。

北口にははなから何もなく、一度は飲みにいった店も今じゃ撤退して、空きスペースはまだ埋まっていない。

3週間後に練馬を離れる。
そこまでの縁しか持てなかったが、物価が安くて静かで住みやすい町だった。

電車を眺めた高架に上がったら、よかった頃が迫ってきた。
町はオレを責めちゃいなかったよ。

ただ、「残念だったよな」と、オレの肩に手を置いてさ。
「あぁそうだな」と応えて、そこで立ち止まることもなく、こうして旅に出ている。

どんなことにもいずれ最後の時がくる。

急に春めいた早朝の町で、BARには二人の女性客の姿があり、始発列車は冬の装いを捨てきれない姿が大半だが、目の前の若い女性だけが春物コートを羽織っている。
時折鼻をかむ耳障りな音が聞こえる。

4:58 池袋(いけぶくろ)駅(山手線/埼京線/湘南新宿ライン/西武池袋線/東武東上線/東京メトロ丸の内線/東京メトロ有楽町線/東京メトロ副都心線 東京都)
通勤で降りる大きなターミナル駅。
それだけの存在として、今月の終わりにはこの駅を使わなくなる。

出会った頃、食事をするのは池袋だった。
思えば二人にとって一番いい時代だった。

時が経てば。
でもあてにしていた時間は、二人を別々の場所に連れていってしまった。

この時間帯の池袋をオレはよく知らない。
そしてオレが知っている池袋は8年前のもの。

東口だけ写していくよ。

旅の途中に降りることも、もうないだろう。

5:23 赤羽(あかばね)駅(東北本線/高崎線/京浜東北線/埼京線 東京都)
千鳥足の男女が歩く街。

朝まで飲んでいた連中にとって、店を出た後にまといつかれる寒気は厳しい。
すれ違った女性は歯を鳴らしていた。

一番街、シルキーロード、OK横丁。
たいていの灯は落ちて、ついさっきまでそこにいた人々も家路をたどる。

これから日が昇るまでのわずかな時間に、ようやく飲み屋街は横になれる。
タフな一角だ。

ひとりになったオレがそんな横丁をぶらつく様を想像したけど、あまり魅力的な行為としては映らなかった。

高崎までしばらく眠る。

7:01 高崎(たかさき)駅(上越新幹線/北陸新幹線/信越本線/高崎線/上越線/両毛線/吾妻線/上信電鉄 群馬県)
埼玉県が大きく感じる区間を眠り通す。
新町を過ぎるまで何も覚えていない。

いつの間にか明るくなっている景色に、予報通りの晴天を喜ぶ。

旅情をかき立てる川を2つ渡り、北藤岡駅近辺で八高線と合流する大好きな鉄道風景。

目の前では小学校低学年くらいの男の子が父親に甘えている。
オレには苦いが、素晴らしい光景だ。

高崎に着くといつも繁華街はどこにあるのかと思う。

東口に初めて出て、駅を写す。

7:13 井野(いの)駅(上越線/両毛線/吾妻線 群馬県)
日本家屋風の渋味のある駅舎が、住宅が連なる何もない駅前に溶け込んでいた。
これが高架駅にでもなれば、一帯には人間的な暖かみが薄れる。

否応なくそんな姿にさせられた駅をいくつも見てきた身に、この駅はとても好ましい。
青春18きっぷを使うオレの入退場を、駅長さんは気に止めることはなかった。

次にやってきた水上行に乗り込んでいる。
席は埋まり、一人残らずと言っていいほど山の装いをしている。

ある種の異空間に紛れ込んでいる。

8:22 水上(みなかみ)駅(上越線 群馬県)
赤城山から雪が消えていた。

裾を引いた男の面相を眺めていると、国定忠治を想う。
一時は司法権も及ばないような一種の独立王国を築いた大親分は、やがて刑場で果てる。
その紳士的な最期の様を海音寺潮五郎さんの著書で知った。

渋川から目を閉じていて、鉄橋を渡る音で外を眺めると利根川だった。
ここでも旅情を感じた過去があった。

しばらく赤城山が見えていた車窓地点に目を戻すと、もうその姿はなかった。

利根商高の元気な運動少年たちが駅に着くたびに乗り込んでくる。
彼らは後閑駅で降りた。

水上に吹く風は冷たい。
3週前の強風を思い出す。

このあたりじゃ雪はまだ深く、山岳部隊の大半はそのまま長岡行に移動している。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【西武線を楽しむ日。いくつかのターミナル駅に降りてみたかったのでございます。】-小手指、西所沢、西武遊園地、小川、東村山、西武園、西武遊園地、萩山、小平(池袋線/狭山線/山口線/多摩湖線/国分寺線/拝島線/西武園線/新宿線)

鉄旅日記2018年3月17日 2018・3・17 11:51 小手指(こてさし)駅(西武池

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日 16:59 七日町(なぬかまち)駅(只見線/会津鉄道 福島県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

鉄旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑