*

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/22 旅話, 旅話 2008年

鉄旅日記2008年9月14日・・・松任駅、小松駅、あわら湯のまち駅、三国港駅、福大前西福井駅、田原町駅、福井駅(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)
13:03 松任(まっとう)駅(北陸本線 石川県)
金沢から3駅。

駅前に食堂はない。
同じ北陸の中では例えば黒部のように、繁華街は別な場所にあるようだ。

戦国時代までここには城があり、上杉軍、織田軍のはざまで、両軍からの攻撃にさらされたという。

千代さんという偉い尼さんがいたらしい。
街は今も彼女を大切にしている。

14:22 小松(こまつ)駅(北陸本線 石川県)
勧進帳の名場面、「安宅関」は小松市らしい。
他にも名乗り出ている町があるだろう。
北陸は義経伝説に満ちている。

市内地図に小松空港は見えない。

石川県では金沢に次ぐ街だろうが、その差は大きい。
古いアーケード街が駅前をかこっているが、人通りはなく、車通りも少ない。
夜にイベントがあるのか少し騒がしい。

繁華街の反対側には小松製作所の立派な小松工場がある。

昼食はここで。

高架駅のホームからはお寺の屋根が覗く。
なぜかその姿が印象的で、やってきた特急雷鳥はがら空きだった。

16:38 あわら湯のまち(あわらゆのまち)駅(えちぜん鉄道三国芦原線 福井県)
福井駅で降りて、えちぜん鉄道へ。
三国へ向かう列車に乗った。

観光案内所では繰り返し「あわら音頭」を流している。

かつて友人の運転する車で着いて、この温泉街に泊まったことがある。
ここではその思い出に尽きる。
たいして古いものじゃない。
あの当時、えちぜん鉄道の前身京福電鉄は営業をしておらず、駅は閉鎖されていた。

温泉街は閑散としている。
それは当時も変わらない。

17:25 三国港(みくにみなと)駅(えちぜん鉄道三国芦原線 福井県)
駅舎は当時のままだ。
駅員の姿はない。

海水浴の季節は終わったが、サンセットビーチには人が出ている。
九頭竜川が日本海に流れ込む場所で糸を垂れている釣り師は、ラジオで相撲中継を流している。

あの日、久しぶりに会ったオレたちは、あの海辺で何を語り合ったのか。
まるで覚えていない。

病気がちの彼は酒も煙草も寄せつけなくなっていた。
元気でいるだろうか。
今日はこんなに近くまで来たけれど、まだ大野にいるのだろうか。

出会った頃に二人で飲みに行って、ただの一言も交わさずに1時間以上を過ごしたことがある。
そんな過去も20年近く前のものになった。

今日はひとりで歩いた海辺。
そこではそんなことは考えず、ただただ素晴らしい景色を堪能していた。



父親に連れられた幼い女の子と手を振り合って別れ、福井に戻る列車がやってきた。

福大前西福井(ふくだいまえにしふくい)駅(えちぜん鉄道三国芦原線 福井県)にて

18:36 田原町(たわらまち)駅(えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線 福井県)
三国神社では北陸高生が乗り込んできた。
微笑ましい存在じゃなかったが、運動している若者たちだ。
力が有り余っている。
オレも、サッカーで福井県選抜に選ばれた友人も、あの頃はあんなものだ。

降りる駅をひと駅間違えて、福大前西福井から昭和の匂いが濃厚な福井鉄道終着駅までを歩く。
このあたりが福井の西のはずれになる。

えちぜん鉄道でもう一方の終着駅、勝山まで行くつもりでいたが、もう暗い。
ここから発車する路面電車で福井に戻る。
えちぜん鉄道も福井鉄道も奮闘している。
一日フリー切符はお得だった。

最近知り合った女性からのメールに、今日は中秋の名月と知らされて、見上げれば見事な月。
今夜はずっと一緒だ。

22:07 東横イン福井駅前905号
裁判所前、市役所前、そして福井駅前。
路面電車から眺める街は素敵だった。

柴田勝家とお市の方の夢の跡、福井。
彼等によって事実上、この街は始まったという。

秀吉軍が包囲する中、爆薬を炸裂させて滅んだ北の庄と、越前松平家が幕末まで守った福井城は別な場所にあり、後者には県庁をはじめ諸官庁が置かれ、初代結城秀康の銅像が立っていた。

大坂夏の陣で真田幸村を討ち取った越前兵は勇猛だった。
どの時代の戦場でもそうなのだろう。
二代目松平忠直はほとんど狂人に近く、妻の密告によって破滅を迎えるまで、そんな男に対しても越前兵は忠実だった。

福井駅は工事中で、JRは仕上がり、えちぜん鉄道はまだ完成を見ていない。
再開発用地は柵に囲まれ、未来の設計図を示すには至っていない。
繁華街の人通りはまばらで、特に若い世代を見ない。

たまたま入った店は繁盛店だったらしい。
美味い酒と肴を出してくれる店で、主人からすれば対応に窮するほどの入りだったようだ。

福井県は幸せ基準じゃ最高ランクにあるという統計が出ている。
数年前の台風で寸断された越美北線もどうやら全通したようだ。

中秋の名月を福井で見た。
その記憶が残るといい。

残っていたら、来年の今頃はひとりじゃないかもしれない。
去年から、旅先ではそんな思いにふけるようになった。

このままでいるはずがない。

関連記事

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日・・・日出塩駅、贄川駅、村井駅、上諏訪駅、日野春駅、西国分寺駅、新松戸駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・松戸駅、北松戸駅、馬橋駅、流山駅、小金城趾駅、幸谷駅、新松戸駅、北

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日・・・七日市駅、塩川駅、姥堂駅、会津若松駅(只見線/磐越西線) 16:

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

車旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ、いつの間にか日本海とさよならしていた

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】最終日(小千谷-桐生-下妻-東京)道の駅おぢや、塩沢らーめんショップ、月夜野情報サービスセンター、旅の駅桐生、道の駅しもつま、柏市あけぼの2丁目、葛飾金町

車旅日記2000年7月23日 2000・7・23 2:09 17号国道‐おぢや(道の駅) 都合3

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】初日(東京-青森フェリー埠頭)-東京町田、加平PA、千代田PA、東海PA、差塩PA、福島松川PA、泉PA、金成PA、北上金ヶ崎PA、岩手山SA、湯瀬PA、津軽SA、青森フェリー埠頭

車旅日記1998年8月12日 1998・8・12 7:21 東京町田 夏の第1ラウンドのツアーか

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その1‐北上、横手、醍醐、十文字、下湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・北上駅、横手駅、醍醐駅、十文字駅、下湯沢駅(北上線/奥羽本線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】初日(東京-新南陽)-はりま勝原、阿品、島田、新南陽(山陽本線)

鉄旅日記2015年8月12日・・・はりま勝原駅、阿品駅、島田駅、新南陽駅(山陽本線) 2015・

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その2-雄武町日の出岬、マリーンアイランド岡島、千畳岩、神威岬、クッチャロ湖、さるふつ公園、宗谷岬、稚内駅

車旅日記2004年5月4日 14:19 雄武町日の出岬 (5月1日の旭川空港より1466km)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑