*

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年4月8日
2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県)
飯田と桜町から扇状に下っていく飯田の街。
ここからはずいぶん離れているが、城跡もある。

武田家最後の時、織田軍に対する最前衛基地だった南信の中心地飯田。
思っていた以上に大きな街だった。


やがて織田軍の足音が近づく頃、伊奈衆は自ら町を焼いて立ち退き、織田軍の手に落ちた。

朝の気温は3度。
晴天に細かな雹が顔に当たり、見上げた空に深い孤独を味わう。

列車の中は暖かく、安心できる場所だった。

6:31 伊那大島(いなおおしま)駅(飯田線 長野県)
織田軍が甲州攻めへと上る道。
伊那を守る諸将は戦わずに城を焼いて行方をくらましていく。

この町には武田信玄の実弟、逍遙軒信廉がいた。
「武田二十四将」に数えられる彼もまたこの地を去り、高遠での合流を否まれ、やがて甲府で斬られた。

伊那谷を攻め上がった織田軍は、武田信玄5男の仁科盛信が守る高遠城で唯一激しい抵抗を受けたが、その高遠城も一日で落ちる。
仁科盛信以下、城兵はことごとく戦死。

その高遠城址は桜の名所。
35年ほど前に両親に連れられて訪ねたことがある。

列車は伊那谷を粛々と進んだ。

高台にある駅から町は見えない。

列車が動き出すとさらに高台に割烹旅館が見えた。

乗ってきたのは少女が一人。
上伊那農業を背負っている。

愛しきものの姿が胸から離れない。

8:04 伊那松島(いなまつしま)駅(飯田線 長野県)
行き違い待ちで4分の停車。
長い飯田線の旅もじきに終わる。

清々しい冷気を浴びて伸びをする。
改札口に向かうと後方から走り来る音がする。
若い車掌さんが駆けてきて切符の確認をすると、爽やかな笑顔で発車時刻を告げる。

駅前はこじんまりとしたロータリーになっていて、何があるわけでもないが、好ましい。
運動系少年少女たちの多くは4つ手前の伊那北で降りている。

この列車は上諏訪まで行く。
飯田を出てから伊那谷の景色に大きな変化は見られない。

8:24 辰野(たつの)駅(飯田線/中央本線辰野支線 長野県)
有賀の本場で乗り換える。
かつて諏訪から有賀峠を越えて行き着いた辰野。

壁から何かが剥がされたような退廃的に感じる駅と狭い町並。
ここは鉄道の町。

これから乗る線は中央本線で、「大八廻り」と酷評された大迂回の上で岡谷から塩尻へと至る線だが、現在はみどり湖を経由していくバイパス線が主力になっている。

「大八廻り」とは中央本線敷設当時、伊那谷出身の帝国議会議員伊藤大八による議会工作により、塩尻峠をトンネルで突っ切る最短ルートから、伊那谷の入口にあたる辰野を通る案が採用されたことによる。
そのことが後の飯田線開設にもつながったとのこと。

日陰に雪が残るこの谷間の線区もまた、日陰を連想させる。

9:20 松本(まつもと)駅(篠ノ井線/大糸線/アルピコ交通上高地線 長野県)
押し寿司弁当を購入しに一旦降りる。
弁当売場の棚には空きが目立った。

塩尻までの小野迂回線の豪快ともいえる迂回ぶりは、ある意味笑えるほどだったが、塩尻峠の急勾配を上下するため線路はループを描き、景観は目を見張るほどだった。


心の支えでもある女性に今朝の心境を伝えたら、気持ちが落ち着いた。
そんな人が誰にも必要なんだ。

10:02 柏矢町(はくやちょう)駅(大糸線 長野県)
車窓越しに見た小野の雪は今朝降ったものらしい。

そう言えば飯田は雹。
越前大野の友人は桜に積もった雪をFacebooKに上げていた。

冷気に覆われた安曇野は寒く、日差しの下に逃げたが、すぐに翳る。
北アルプスの雪はまだらで春に霞んでいる。
ここでも桜は満開の時を迎えている。

駅前に居酒屋が一軒。
遠く聖高原に雪はない。

ひと駅戻り、豊科へ。

10:14 豊科(とよしな)駅(大糸線 長野県)
豊科の名は、中央自動車道の塩尻から松本方面に延長された路線の終点だったことで馴染み深い。
今じゃその路線も長野につながり、豊科インターチェンジは安曇野インターチェンジへと名称変更されている。

カナダに向かった安曇野出身の女性を思い出す。
同じ信濃の血を持つ、気の合う美しい人だった。

清楚な通りが町へと続いていた。

豊科で降りたくてこうしたけど、4分の滞在でまた下りへ。
絵本に登場しそうなメルヘン的な駅舎を愛でる。

関連記事

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日 12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県) 黒磯

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

鉄旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみくつかけ)駅(大糸線 長野県)

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日 2018・4・1 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都) 4:

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立(くにたち)駅(中央本線 東京

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑