*

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その1-南霞町、浜寺駅前、浜寺公園、羽衣、春木、和泉大宮、岸和田、和歌山市、和歌山港、堺(阪堺電気軌道/南海電鉄南海線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/26 旅話, 旅話 2007年

鉄旅日記2007年2月11日・・・南霞町駅、浜寺駅前駅、浜寺公園駅、羽衣駅、春木駅、和泉大宮駅、岸和田駅、和歌山市駅、和歌山港駅、堺駅(阪堺電気軌道/南海電鉄南海線)
2007・2・11 スーパーホテル奈良駅前321号室
朝早い天王寺公園。
起き上がった路上生活者たちが風景を眠たくさせている。

さあ、どこへ行こうか。

新今宮への坂を下りていくと南霞町駅のホームに出る。
堺方面への乗車賃が290円。
安いから乗る。

遠いと思って断念した岸和田、和歌山への道が開けたのもその時だった。

路面電車は堺へ。
その車中、太宰の未完の遺作「グッド・バイ」を読み終えた。
読み継がれたのは「停電の夜に」。

乗客は次々と降りていき、たったひとりとなってたどり着いた終着駅は、街道沿いの浜寺駅前駅。

街道を渡ると浜寺公園。
素敵な公園で、海岸まで通じているものかと地図を見ると、運河で終わっている。
引き返して街道を少し歩くと南海電車の浜寺公園駅に出た。
何事かを思わせる古い駅舎だった。
聞けば、私鉄駅最古の駅舎とのこと。

この公園は夏には賑わうのだろうか。
名所としての扱いをどれほど受けているのか知らないが、鉄道近代史に目を向けるとしたら、いいきっかけにはなる。

羽衣駅が近いので、線路伝いに歩く。
JR支線の終着駅東羽衣駅が突き刺さるように羽衣駅に向いている。

岸和田方面へ。
関東じゃ煙草はダメだが、関西の私鉄駅には喫煙所がある。
これもカルチャー・ショックのひとつ。

羽衣からは高師浜に向かう支線も延びている。
JRがここまで線路を延ばしたこともあり、ここら一帯には何かがあるのだろう。
泉州訛は聞こえてこない。

いよいよ岸和田へ。
運賃は安い。
そして堺から近い。

小説「岸和田少年愚連隊」にしばしば登場する春木駅は急行停車駅だった。
くわえ煙草の男たちが降りていく。

岸和田競輪場がそばにあった。
車で迎えにきた男が鋭い視線を送ってくる。
これから最凶の街。
覚悟を決めて線路伝いに歩いていく。

でもまだ10時過ぎ。
無法者たちは昨夜の疲れからまだ立ち直っていなかったのかもしれない。
ごく普通の人々が歩いている。
あまりにも小説の登場人物が強烈だからか、そんな感慨がわく。

和泉大宮駅に差しかかるあたりで、大声で話しながら自転車で追い抜いていった2人のオッサンは、小説の登場人物であったとしてもおかしくなかった。

途中の民家で「だんじり」を説明する青年と、それを見守る一団に出会い、高層駐車場を備えた青く輝く岸和田駅へ。

作者の中場利一さん言うところの日本一凶悪な街はまだ眠っていた。
「だんじり」が通るため、高いアーケードを持つ商店街に行き着くことなく、街を離れてしまった。
関西空港行に乗ると右手に岸和田城が見えた。

泉佐野で乗り換える。
りんくうタウンに、南海に浮かぶ関空。
泉佐野の駅前風景。

和泉は世界とつながった。
そして彼女からメールが届いた。

駅名に見える樫井に淡輪。
大坂夏の陣の緒戦。
朝鮮半島で素っ裸に褌姿で旗を押し立てて進んだ豪傑塙団右衛門が、北上する紀州浅野勢の機先を制するために向かい壊滅した地を通り、いよいよ和歌山へ。

かつて県境の駅の脇を通り抜けた記憶があり、地図を眺めてそこは孝子駅に違いないと思ったが、着いてみると違う。
そこから歩くつもりでいたが、降りずにやがて紀ノ川を渡り、和歌山市駅へ。

「駅そば」に心を残し外へ。
駅はまるで役所のようだ。
南海の時刻表には和歌山港からフェリーで徳島港に渡る便が載っている。

昼時の駅前通りは閑散としていて、風情にも都会はそこにない。
国会答弁の中で格差が生じているという報告の中にあった和歌山県。
傑物徳川吉宗を出した紀州は、いつからそういう地域になったのか。

ビールと昼食をセット売りしていた居酒屋で昼食をと思いはしたが、取りあえず歩き始める。
目指すは和歌山港駅。

ずいぶん遠くて。。
表示では途中の3駅分が塗りつぶされていた。
つまりその3駅は廃駅になったわけだ。

2000年の時刻表では、まだ3駅は生きている。
ついでに言えば、その時刻表では和歌山港駅の先にも1駅延びていたが、今じゃない。

ようやく着いた和歌山港駅は暗く、徳島からやってくる人々の到着を待っていた。

そこから引き返す。
脇では紀ノ川が海に到達していて、港には物を売る店もなく閑散としていた。
いかついオッサンが乗り込んできて歌を口ずさむ。
どこで降りるかと思っていたら岸和田で降りていった。
やはりあの街には小説「岸和田少年愚連隊」を生む土壌がある。

堺へ。
政令指定都市になった堺駅前に見るべきものはなかった。
本当に何もなく、駅舎と棟続きの商業施設で事を済ますしかない。

昼食は焼きそば。
ただ、本屋では探していたカポーティーの本を2冊見つけた。
こういうことがある。
「吉里吉里人」も東京では見つからず、手に入れたのは尾張一宮だった。

南北朝時代、南朝軍のプリンス北畠顕家卿はこの地で討たれたと、歩いている中に見つけた。
かつての世界的商都堺は、大坂夏の陣の終局に大坂方の大野道犬に焼かれ、堺の繁栄は大阪や神戸へと移った。
そのあたりのことを城山三郎さんが小説「黄金の日々」に書き、NHKの大河ドラマになった。

100万都市となった現在も、かつての繁栄は窺い知れない。
政令指定市民は地元を離れて、阿倍野、心斎橋へと向かう。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その2‐大館、大鰐温泉、大鰐、中央弘前、弘前(奥羽本線/弘南鉄道大鰐線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・大館駅、大鰐温泉駅、大鰐駅、中央弘前駅、弘前駅(奥羽本線/弘南鉄道

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋・番外編【京都にて】-京都御所、宇治川公園、京都駅

車旅日記2003年11月25日 2003・11・25 10:57 京都御所 昨夜の雨は上がり今日

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】2日目(南紀白浜-潮岬-新宮-十津川-伊勢志摩)走行距離421㎞ -白良浜、白浜駅、見老津駅、潮岬、紀伊大島樫野灯台、湯川駅、瀞峡街道・熊野川、十津川、熊野きのくに、紀伊長島駅、伊勢志摩

車旅日記2003年11月23日 2003・11・23 8:36 某リゾートクラブ南紀白浜 いい朝

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

鉄旅日記2014年8月16日その1・・・米子駅、安来駅、来待駅、西出雲駅、弘南駅、温泉津駅、波子駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日 2005・4・30 9:10 アパホテル富山駅前1107号室 どこ

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】最終日(東京町田-東京葛飾)

車旅日記2000年8月16日 2000・8・16 23:09 東京葛飾金町 旅が終わってほっとし

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭 旅に出る前夜。 これほどの

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その2-釜石、津軽石、宮古、田野畑、堀内(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・釜石駅、津軽石駅、宮古駅、田野畑駅、堀内駅(三陸鉄道リアス線) 9

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 門司港行の鹿児島本線に乗る。 門司港

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑