*

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】初日(東京-十日町)-上野、高崎、大前、渋川、沼田、水上、越後湯沢、六日町、越後川口、十日町(高崎線/吾妻線/上越線/飯山線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/21 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年7月18日・・・上野駅、高崎駅、大前駅、渋川駅、沼田駅、水上駅、越後湯沢駅、六日町駅、越後川口駅、十日町駅(高崎線/吾妻線/上越線/飯山線)
2009・7・18 8:42 上野(うえの)駅(東北新幹線/秋田新幹線/山形新幹線/上越新幹線/長野新幹線/東北本線/高崎線/常磐線/東京メトロ線 東京都)
旅が始まっている。
まずは高崎まで。
今のところ雨の気配はない。

司馬遼太郎さんの「夏草の賦」の続きが読みたくて、先週実家に帰った時のような気楽さで電車に乗った。

木曜日には新橋のママに逢いに行き、居合わせたHさんと店を出てからさらに数軒飲み歩き、最後に入った中国人が経営する店では不当に金をとられたと憤慨して店を出たけど、思い違いだったことに後で気づいた。
悪いことをしたと思っている。
あんなに飲むもんじゃないよ。

昨夜はママの店からだと同じく常連のSさんから電話があった。
同い年の好漢Aも大阪から上京していたようだ。
あの店では連夜笑いが絶えない。
彼女には今回の旅を知らせていない。
次には土産を持って逢いに行く。

荒川を渡った。

膨大な食料を買い込んだ若者が座っている。
彼の行き先が気になる。
しかし上州に向かう車内はとても静かで落ち着く。
ここ最近を振り返る空間として悪くない。

がさがさした生活から一旦離れる。

10:46 高崎(たかさき)駅(上越新幹線/長野新幹線/信越本線/高崎線/上越線/両毛線/八高線/吾妻線/上信電鉄 群馬県)
駅で煙草を吸うのは久し振りだ。
東京じゃもう吸えないから。
駅そばも美味かったな。

大前行に乗っているが、どれだけの者が終着駅まで行くのだろう。

風景にはまだ旅情は見られず、山の拵えをした者が目立つ。

12:38 大前(おおまえ)駅(吾妻線 群馬県)
吾妻線の旅情は素晴らしい。
海音寺潮五郎さんが小説で描いた「執念谷」に雲が湧いている。

軽井沢や草津など近隣の観光地には、沿線の中之条、長野原草津口、万座・鹿沢口を経由して車で向かうことになる。
開業以来そうして多くの者たちを降ろしてきた駅にはただならぬ風格が漂い、沿線一帯の価値を高めることに一役買っている。

契約している会員制リゾートクラブが所有しているマンションが嬬恋にあって、関東のベースキャンプにしていた頃がある。
冬にはスキー板を車に取っ付けて何度も通った。
冬には賑わう「執念谷」一帯もこの季節には人影も疎らで、どうしても廃れた印象を持って帰ることになる。

終着駅大前に駅舎はなく、駅前を彩る商店もなく、温泉施設ひとつが川辺で営業している。
集落はある。

14:40 渋川(しぶかわ)駅(上越線/吾妻線 群馬県)
日が射すとにわかに蒸し暑くなる。

吾妻渓谷に沿った旅は終わった。

雀の姿を目で追ったのはいつ以来か。
沿線の緑が鮮やかだった。
本物の緑色を忘れてたよ。

サティがある地点まで街を歩いて駅に戻る。
そこに歓楽街はなく、渋川駅は改良工事中だった。
かつての姿を思い出せない。

あれは榛名湖から下ってきた9月の朝だった。
ここからさらに下ると利根川に出る。
そこで見た水墨画的な雨上がりの風景が忘れられない。
今回はさらに上流に行く。

金町から随分遠いが、そんな気がしないのはここがまだ関東だからか。

海の日を含めたこの3連休。
上州から海は遠い。

年輩の登山者ばかりを見かける。
あの年代になると山を慕うようになるのだろうか。

15:55 沼田(ぬまた)駅(上越線 群馬県)
遠い昔、オレのご先祖様が歴史の中に参加する頃、ここ沼田、「執念谷」、上田は真田氏に治められたひとつの国だった。

そこに降りてみたかった。
史実を知ってからすぐにその希望は芽生えた。

古くから市制が敷かれた街に着いて、地元民の多くが降りた。
駅前は何事もない。
城址公園は駅からそう遠くない。
あの小高い場所がそうだ。
街の機能は当時から変わらずそっちにあるのだろう。

行きたかったが、駅でビールを飲む方を選んだ。
これはこれでいい。

上り方面に人が集まってきた。
旅行者のようで、一様に大きな荷物を抱えている。

真田氏所縁の街だけど、天狗の面がかかったここ沼田にたぶんオレのルーツはない。

17:30 水上(みなかみ)駅(上越線 群馬県)
新潟との国境の町、関東最北端の上州水上。
新幹線はすぐ側を走っている。
17号国道はすでに鉄路から離れ、猿が京を抜けて三国越えで国境を越える。

気のいいおかみさんがいる「チャコ」という店でイワナの唐揚げをつまみに一杯やった。
聞けば彼女は山形出身だという。
人生いろいろだ。
いくつかサービスもしてもらって楽しい時を過ごした。
彼女はこれからも水上を訪れる旅行者を自然な笑みで迎えることだろう。
町にとってステキな未来だ。

店を出て利根川遊歩道を歩き、激流に驚き、紫陽花の写真を撮る。
家並みは古く、温泉街のど真ん中には巨大ホテルの廃墟が居座り、町を憂える。

蜩の声を聞いた。彼等は夏の終わりに出現すると勝手に思いこんでいたけど、そうじゃない。
早朝や夕方、涼しくなってきた頃にその涼やかな声を聞かせてくれる。

東京じゃ、めっきり聞くこともなくなった。



18:38 越後湯沢(えちごゆざわ)駅(上越新幹線/上越線/北越急行 新潟県)
水上を離れると湯檜曽の手前から地下に潜り、土合を過ぎて大清水トンネルへ。

理由は知らないが、あのトンネルを好きな男と13歳の時に出会い、たった一年だったけど仲良くした。
そんなことを思い出しながら長いトンネルを抜けると結露で外がよく見えなかった。

スキーシーズンを過ぎた湯沢は新鮮だ。

在来線ホームは閑散として、ほくほく線特急に乗り換える客もまばらだった。
人影のない連絡通路で弁当を売るおばさんには哀愁が漂い、思わず立ち寄って「かに寿司」を買う。

外を眺めると山々に靄が立ちこめている。

一雨上がった湯沢の夕暮れに夏を感じることは難しい。

19:09 六日町(むいかまち)駅(上越線/北越急行 新潟県)
ほくほく線との分岐駅で数分の停車。

南魚沼市を謳う中心駅は夜の灯に浮かび上がり、アーケード街のシャッターは下りている。

北国のきれいな町並みを一望して列車に戻る。

谷間に敷かれた鉄路を取り巻く緑は濃く、暮れゆく山々の陰影もまた濃く、荘厳な風景に打たれていた。

「男はつらいよ」第25作。
朝丘ルリ子さん演じるどさ回りの歌手松岡リリーは、「執念谷」のバス停で車寅次郎と再会し、映画は終わる。

その後彼女は水上でのステージをこなし、清水トンネル潜ってここ六日町のステージに立つと寅次郎に伝えている。

二人が揃って銀幕に現れるのは48作目まで待たなきゃならないが、彼等はどこかでばったり会っていたかもしれない。
「寅さん、また会おうね。」
「ああ、日本のどこかでな。」

19:45 越後川口(えちごかわぐち)駅(上越線/飯山線 新潟県)
町は静まり駅員の姿はなく、駅の入口で多くの少年たちがふざけている。

駅前通りの人影は絶え、駅舎を撮ろうとケータイを向けると何も写らず、かろうじて輪郭だけが判別できる。

乗り換え時間は僅かで飯山線ホームに急ぐ。

22:09 ホテルニュー十日町401号
初夏の豪雪地帯に祭りがやってくる。

ある集落からついた火はまるで聖火リレーのように周辺を巡り、ここ十日町で大団円を迎えるという。

支払いの時に口を開いてくれたおかみさんに祭りの関係者かと尋ねられたんだ。
部外者で、でっかい寅さんカバン提げて、よくわからない格好をしているからな。

店を出て、駅に戻って買い物をしてホテルに行く途中でおかみさんと再会する。
カチッと一度拍子木を叩きながら駅前通りを歩いてくるんだ。

「あぁ、おかみさん、お疲れさまです」とすれ違う。

十日町は夏に来ても雪国を感じさせる。
ドンツキに駅を置いて、両側の歩道をアーケードで覆った通りが国道に向かって伸びている。

あぁオレが好きな街はどこもこうだったと、街に降りて思ったよ。
人通りはないが、酒を飲ませる店はいくつも開いている。
オレの想像を上回る街だった。

冬の話を聞きそびれた。
日本有数の豪雪地帯という看板はそのままだろう。

だけど夏は祭りだ。
それがこの国だ。
お盆になれば、また別の祭りがある。
素晴らしい文化だと思う。

飯山線に乗るのは初めてだ。
計画通りの旅もまた楽しい。

関連記事

「鉄旅日記」2000年晩秋【京都の女性に恋をしていた頃がございました。その京都時代のはじまりでございます。】-京都タワーホテル

鉄旅日記2000年11月23日~24日 2000・11・23 0:03 京都タワーホテル924号室

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その3‐多賀城、高城町、石巻、鹿又(仙石線/石巻線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・多賀城駅、高城町駅、石巻駅、鹿又駅(仙石線/石巻線) 12:44

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

車旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑は古都の

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その1‐五所川原、津軽五所川原、津軽中里、鯵ヶ沢、東能代(津軽鉄道/五能線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・五所川原駅、津軽五所川原駅、津軽中里駅、鯵ヶ沢駅、東能代駅(津軽鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日・・・下今市駅、新藤原駅、川治湯元駅、川治温泉駅、湯西川温泉駅、龍王峡駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その3‐押切、帯織、長岡(信越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・押切駅、帯織駅、長岡駅(信越本線) 15:35 押切(おしきり)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その1-JR難波、八尾、奈良、笠置、伊賀上野、上野市、伊賀神戸、伊勢中川、近鉄長島、長島(関西本線/伊賀鉄道/近鉄大阪線/近鉄名古屋線)

鉄旅日記2017年3月20日・・・JR難波駅、八尾駅、奈良駅、笠置駅、伊賀上野駅、上野市駅、伊賀神戸

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日・・・保土ヶ谷駅、大船駅、香川駅、北茅ヶ崎駅、厚木駅、社家駅、相武台下

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑