*

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その1‐東京、国府津、小田原、三島(東海道本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年7月23日・・・東京駅、国府津駅、小田原駅、三島駅(東海道本線)

2020・7・23  5:13  東京(とうきょう)駅(東海道・山陽新幹線/東北・北海道新幹線/上越新幹線/北陸新幹線/東海道本線/中央本線/山手線/京浜東北・根岸線/横須賀線/総武線快速/京葉線/成田エクスプレス/上野東京ライン/東京メトロ丸の内線 東京都)

新型コロナウイルスの事態収束は遠い。

東京都では連日200名前後の感染者を記録し、愛知県知事は第二波の到来とおののき、山口県知事は愚かなユーチューバーの来県による拡散に激怒した。

役員を務める会社も揺れ、経済は冷え込み、為政者の姿はメディアから遠ざかった。

天変地異ほか社会の混乱は為政者に向く。

賄賂が横行した田沼時代では、天明3年浅間山大噴火、大飢饉などの天災が続き、民衆の怨嗟は徳を持ち得なかった田沼家に向かい、その没落は急激なものとなった。

非常事態宣言の発令解除から東京アラートの段階を過ぎて、プロ野球の開幕、県外への移動自粛解除へと進み、恋人と石和温泉に向かったのが5週間前。

それから事態は現在を迎えている。

賛否両論のGo toキャンペーンなど、そもそもオレはアテにしていなかった。

この4連休、青春18きっぷを手に西に向かっている。

コロナ感染を恐れる民衆の嗜好は旅行に向かず、すでに品川を出た一番列車の座席にはまだ空きがある。

珍しいことといえる。

6:34  国府津(こうづ)駅(東海道本線/御殿場線 神奈川県)

3分の停車。

湘南海岸もまた曇天の下。

石和温泉で恋人と過ごした5週間前も梅雨の最中だったが、今年は長梅雨で日曜日を除けば雨降らしの雲の下にいる。

慎重な天気予報士の口から梅雨明けの言葉が聞かれるには、少なくとも来週を待たねばならない。

乗客のほぼ全員がマスク姿という日本中どこでも見られる奇異な光景は、おそらく夏秋を過ぎて越年する。

6:44  小田原(おだわら)駅(東海道・山陽新幹線/東海道本線/小田急小田原線/箱根登山電車/伊豆箱根鉄道大雄山線 神奈川県)

通常なら乗客を増やしていく沼津行だが、旅人を増すことはなく、地域を移動する人々の乗降を見届けながら西へと向かう。

やはりこの先、おそらく真夏に見られる混雑は経験せずに東海は過ぎるだろう。

来年の箱根駅伝はどうなる。

中継所の小田原に着いて想う。

「お猿のかごや」のメロディが流れ、3分の停車を終えた列車は発車した。

7:24  三島(みしま)駅(東海道・山陽新幹線/東海道本線/伊豆箱根鉄道駿豆線 静岡県)

根府川を過ぎて相模湾を背にしていることに気づき、窮屈に体を180度反らす。

まるで冷夏の到来を予感させるような空からは、またも小雨が使者としてもたらされている。

天は彼等に何を託したのか。

そういえば、メールに頻繁に届いていた鑑定師からの吉兆連絡が途絶えてじきに1週間になる。

彼等とのやりとりが始まった2年前、最愛の存在との別れの後に新たなビジネスにも乗り出したが、それも昨日千駄ヶ谷で待ち合わせた恋人の手を借りて、香港へ国際電話をかけて退会手続きを済ませた。

何かを始めようとしてまた元に戻り、今は役員としてコロナで傾く会社の再建を背負う覚悟を固めている。

箱根大山塊を丹那トンネルでくぐり抜けて列車は三島に着く。

沼津行の列車だが、乗り継ぎ列車は三島始発のため、ここで降りる。

次は静岡行7:29発。

関連記事

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その1-保谷、品川、三島、静岡、浜松、鷲津、豊橋、岐阜、蘇原、美濃太田(東海道本線/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日・・・保谷駅、品川駅、三島駅、静岡駅、浜松駅、鷲津駅、豊橋駅、岐阜駅、蘇

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日・・・稚内サンホテルにて 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【フリー切符で行く、両毛ローカル旅】最終日(桐生-東京)-間藤、足尾、通洞、神戸、水沼、大間々、相老、桐生、西桐生、新里、膳、大胡、江木、中央前橋、治良門橋、三枚橋、太田(わたらせ渓谷鐵道/上毛電鉄/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年12月29日・・・間藤駅、足尾駅、通洞駅、神戸駅、水沼駅、大間々駅、相老駅、桐生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅&習志野シンフォニックブラス(NSB)演奏会】その1-我孫子、東我孫子、新木、湖北、布佐、小林、木下、安食、下総松崎、成田空港、酒々井、物井、東千葉、本千葉、西千葉、新検見川、幕張、東船橋、津田沼(成田線、総武本線)

鉄旅日記2013年2月17日その1・・・我孫子駅、東我孫子駅、新木駅、湖北駅、布佐駅、小林駅、木下駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その2-猿田、旭、八日市場、八街、成東、本納、茂原、千倉、佐貫町、姉ヶ崎、市川(総武本線、東金線、内房線、外房線)

鉄旅日記2012年3月12日その2・・・猿田駅、旭駅、八日市場駅、八街駅、成東駅、本納駅、茂原駅、千

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その3-安房鴨川、江見、君津、千葉、西船橋(内房線/総武本線)

鉄旅日記2018年9月23日・・・安房鴨川駅、江見駅、君津駅、千葉駅、西船橋駅(外房線/内房線/総武

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

車旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。 塩

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】初日(東京-新庄)松戸、取手、友部、上菅谷、常陸太田、高萩、いわき、郡山、福島、米沢、山形、新庄(常磐線/水郡線/水郡線常陸太田支線/磐越東線/東北本線/奥羽本線)

鉄旅日記2009年10月10日・・・松戸駅、取手駅、友部駅、上菅谷駅、常陸太田駅、高萩駅、いわき駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その1-安中、松井田、西松井田、横川、軽井沢、大屋(信越本線/しなの鉄道)

鉄旅日記2019年2月10日・・・安中駅、松井田駅、西松井田駅、横川駅、軽井沢駅、大屋駅(信越本線/

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】3日目(宮崎-志布志-枕崎-鹿児島)走行距離382㎞その2-隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン

車旅日記2004年8月13日・・・隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン 2004・8・13

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑