*

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 * 結婚後2013年

鉄旅日記2013年2月17日その2
17:32 久留里(くるり)駅(久留里線 千葉県)
総武本線で蘇我で乗り換え、外房線で木更津で乗り換える。

ここが再訪を望んでいた駅なんだ。
「関八州古戦録」では、久留里城に拠った里見一族が、攻め寄せてくる小田原北条氏に何度も手痛い目に遭わせている。

駅前地図を眺めるとその久留里城跡がある。
でも車窓からはその存在を掴めず、歩いていくだけの時間も設けていない。

町があったと記憶していたが、記憶と同規模の町はここにはなかった。
がらんとしたロータリーがあって、その先線路と並行する道に灯が連なっている。

あそこまでいけばそれっぽいものは見られたのかもしれないが、いずれにしろ久留里線沿線に町はなかった。

18:05 上総亀山(かずさかめやま)駅(久留里線 千葉県)
変わらない悠久の終着駅。

ひとりになるにはいい場所だ。
ゴミ箱もあれば便所もきれいだ。

かつて訪れたのは1月だった。
何年前かはもう忘れた。
亀山湖を見ようと彷徨った挙句に辿り着けず、今回はまたこうして再訪して暗闇に浮かぶ駅を眺める。

酒を飲んで煙草を吸った。
それだけだ。
それだけをやりにここにきたんだよ。

18:56 横田(よこた)駅(久留里線 千葉県)
真っ暗だったよ。

タクシー会社の存在だけは確認したのか?
とにかく真っ暗だったんだ。
駅前通りも真っ暗なんだ。

19:24 木更津(きさらづ)駅(外房線/久留里線 千葉県)
帰ってきたスタン・ハンセンが全日本プロレスに初登場した街。

「ダンプガイ」阿修羅・原をウエスタン・ラリアットでKOした強烈な印象を残すデビューだった。
オレにとっちゃ歴史的な出来事だ。
あれから木更津の名はそう多くは聞かない。
千葉より南にプロレス興行がいくことも今じゃ稀だ。

東京湾横断道路に三井アウトレット。
昔は潮干狩り。
駅から海は見えないが、海が近くにあることを空気が教えてくれる。

千葉にはそんな町がいくつかある。

19:42 巌根(いわね)駅(外房線 千葉県)
人通りの絶えた内房の町。

寿司屋、焼鳥屋、他に飲み屋が一軒。
コンビニまで歩き煙草を吸う。

ここらあたりにはまだ旅先の風情がある。
快速列車に見捨てられていることを恨む看板が駅前に立つ。

一日が終わった町で感慨にふける。

19:57 袖ヶ浦(そでがうら)駅(外房線 千葉県)
袖ヶ浦の空は広い。
駅横の空地はまるで空港滑走路のようだ。

臨海工場の煙突が雲のような煙を上げ、商店の見当たらない駅前からおそらく2、3分の距離のところにホテル割烹のネオンサインが見える。

20:09 長浦(ながうら)駅(外房線 千葉県)
海辺にちなんだ駅名が続く内房の道。

だんだん都会が近づいてくる予感は、ラブホテルや品のない構造物を目にすることからたいてい始まる。
煙突も近づいてくる。

上りの乗客は少ない。

20:22 姉ヶ崎(あねがさき)駅(外房線 千葉県)
おそらく去年と同じ列車に乗り合わせているのだろう。
姉ヶ崎にいるのはこれで3度目になる。

都会的な駅前だが閑散としている。
日曜日の内房には祭のあとの儚さのようなものが漂う。

臨海道路も混雑する季節ではない。

20:40 八幡宿(やわたじゅく)駅(外房線 千葉県)
駅名にひかれていた。
降りた町は廃れていた。

房総へ至る宿場町だったのだろう。
今は巨大臨海工業地帯に組み込まれているが、鉄道はその経済的余波かつ夜景を主とする景観美を、車窓風景として取り込むことはできなかった。

20:59 浜野(はまの)駅(外房線 千葉県)
コンビニ以外に何もない駅だった。
町の姿に対してのオレの予測が外れ続けて久しい。
想像以上にこの国は廃れていっているのかもしれない。

千葉まで3、4駅に位置している八幡宿、浜野の姿をポジティブに表現する言葉を持たない。
人の集まる場所は、もう少しだけでも賑やかであってほしいとオレは思ってる。

これからも様々な駅から、その町や街が辿った変遷から、この国を見ていきたいと思う。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1 2013・3・9 6:43 検見川浜駅(京葉線 千葉県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1 2013・8・13 5:04 隼人(はやと)駅(日豊本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その2-結城、下館、川島、岩瀬、笠間、十王、小木津、磯原、湯本、内原、羽鳥、土浦、ひたち野うしく(水戸線、常磐線)

鉄旅日記2013年3月31日その2 12:03 結城(ゆうき)駅(水戸線 茨城県) 関東

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

鉄旅日記2013年8月12日その2 13:30 宮崎(みやざき)駅(日豊本線/日南線/宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2 13:00 熊本(くまもと)駅(九州新幹線/鹿児島本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その1-南宮崎、伊比井、北郷、飫肥、日向大束、志布志、油津、日南、木花、田吉、宮崎空港(日南線、宮崎空港線)

鉄旅日記2013年8月12日その1 2013・8・12 5:30 南宮崎(みなみみやざき)駅(日豊

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その2-和泉府中、東岸和田、日根野、熊取、りんくうタウン、関西空港、紀三井寺、黒江、紀伊中ノ島、和歌山(阪和線、関西空港支線、紀勢本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2 17:42 和泉府中(いずみふちゅう)駅(阪和線 大阪府

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その2-源道寺、入山瀬、下部温泉、塩之沢、甲斐常葉、市川大門、甲府、新府、穴山、東山梨、東所沢(身延線、中央本線)

鉄旅日記2013年3月3日その2 12:23 源道寺(げんどうじ)駅(身延線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1 2013・3・31 5:20 赤羽(あかばね)駅(東北

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日 2013・8・14 4:50 岩国(いわくに)駅(山陽本線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

→もっと見る

    PAGE TOP ↑