*

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/05/28 旅話, 旅話 2015年

鉄旅日記2015年3月28日その1・・・掛川駅、掛川市役所前駅、西掛川駅、天竜二俣駅、西気賀駅、寸座駅、浜名湖佐久米駅、三ケ日駅、新所原駅(天竜浜名湖鉄道)

掛川(かけがわ)駅(東海道新幹線/東海道本線/天竜浜名湖鉄道 静岡県)にて


掛川市役所前(かけがわしやくしょまえ)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)にて

掛川市役所前~西掛川間(徒歩)

2015・3・28 9:53 西掛川(にしかけがわ)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)
掛川を降りると、街へ出ていく群れは小さく、新幹線改札へは列ができている。

駅正面に見える掛川城を見て思う。
豊臣秀吉が徳川家康封じのために東海道に配した布石は、「決断の地、小山」で、当時この街の城主だった山内一豊の一言により崩壊した。

金曜日の夜、掛川に喧騒はあったのだろうか。
ちらほらと並ぶ飲食店からは週末の掛川の夜に対して想像力を刺激されることはなく、ひたすら線路に沿って歩いた。

掛川市役所前駅はまさに市役所前にあった。
駅へと連なる小山を踏みしめ駆け上がった先が市役所の敷地で、大人げないことをしたと恥じたが目撃者はいなかった。

春の小川でケータイを構える。
二つの川が合流する地点だった。

西掛川駅は小高い場所に位置していて麓には桜木を従え、街の片隅でひっそりとたたずんでいた。

掛川駅からたいした距離を歩いちゃいないが、掛川の街はもう見えなくなっていた。

10:44 天竜二俣(てんりゅうふたまた)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)
ここから二俣城址は見えないが、そこらの森のひとつがかつての堅城なのだろう。
武田信玄の大軍を阻み、やがて落ち、武田勝頼の代になり、争奪戦の上で徳川家康の手に再び復した城だ。

転車台、給水塔などの鉄道遺産ほか登録有形文化財にあふれた駅でその筋には人気があり、その筋の姿がある。

駅前は鉄道公園以外に記すものはなく、煙草が吸えることを確認して列車に戻った。

天浜線はなかなか混み合っている。
天竜川をじきに渡る。

西気賀(にしきが)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)にて

西気賀~寸座間(徒歩)

寸座(すんざ)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)にて

寸座~浜名湖佐久米間(徒歩)

12:11 浜名湖佐久米(はまなこさくめ)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)
一旦満員となった天浜線はフルーツパークで空く。
運転手の前にできた行列は列車の定時運行とオレの計画を曇らす。

西気賀駅で降りる。
ここもまた文化財的な駅でフレンチレストランが空いたスペースを埋め、一緒に降りた二人のご婦人が客となった。

浜名湖の細江に沿うくねくねとした362号国道を歩く。
概して眺めはいい。

上り坂の途中にある寸座駅には坂上田村麻呂と徳川家康がちょっと腰掛けた伝説の石が残る。

寸座峠の下りにかかり右手にあるドライブインで土産を求める。
ソーメンを二束。
愛する者への土産を選ぶという行為がとても尊いものに感じる。

カモメ群れ飛ぶこの駅には「かとれあ」という喫茶と食事ができる店が入っていて、「かもめ餅」を売っている。

ホームに上がると東名高速道路が視界を横切り浜名湖の景観を損ねている。
何度か寄ったことのある浜名湖サービスエリアはここから近く、寸座で見えた橋のあたりが該当するらしい。

12:41 三ヶ日(みっかび)駅(天竜浜名湖鉄道 静岡県)
数分の停車。
みかんの産地として全国区の知名度を誇る町は、国道の表示にも現れる。
東名高速道路にはこの町の名を冠したパーキングエリアもあったっけな。

ここにもまた開業当初の風情を残す駅が文化財として残り、アメリカンな喫茶店が入っている。
駅の空きスペースを利用したこうした試みは好ましい。

どうでもいいが、みかんと聞いて、この冬はひとつも口にしなかったことを思う。

桜はまだどこも五分咲きだ。

9年前に泊まった尾奈を過ぎると一面のミカン畑が広がり、トンネルを抜けるとまた浜名湖が姿を見せた。


13:08 新所原(しんじょはら)駅(東海道本線/天竜浜名湖鉄道 静岡県)
予想より多くの客を乗せたまま終点へ。
改札を出て町へ向かう者の姿はなく、ことごとくがJRへと乗り換えて行く。

改札で売られていた浜名湖の鰻は高くて今日のオレには手が出ない。

JR駅は改装中だった。
以前に寄った駅を記録したものはなく、記憶にもない。

関連記事

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その3‐新潟、村上、羽後本荘(信越本線/白新線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・新潟駅、村上駅、羽後本荘駅(信越本線/白新線/羽越本線) 11:4

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】初日(東京葛飾-黒磯)-天王台駅、水海道駅、下妻駅、真岡駅、益子駅、烏山駅、黒磯駅、道の駅明治の森黒磯

車旅日記2006年5月2日・・・天王台駅、水海道駅、下妻駅、真岡駅、益子駅、烏山駅、黒磯駅、道の駅明

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その1-石巻、西塩釜、下馬、塩釜、岩切、利府、伊達、郡山、白河(仙石線、東北本線、利府支線)

鉄旅日記2016年3月21日その1・・・石巻駅、西塩釜駅、下馬駅、塩釜駅、岩切駅、利府駅、伊達駅、郡

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日・・・鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

記事を読む

2020年如月【水上温泉につかりにいったある週末の記憶をSNSへの投稿より振り返ります。】-土合、水上、後閑、沼田(上越線)

鉄旅日記2020年2月8日~9日・・・土合駅、水上駅、後閑駅、沼田駅(上越線) 水上に投宿する前に土

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】初日(東京-桐生)-小菅、五反野、梅島、田島、渡瀬、県、東武和泉、福居、野州山辺、韮川、東小泉、藪塚、阿左美、岩宿、新桐生、下新田(東武スカイツリーライン/東武佐野線/東武伊勢崎線/東武桐生線)

鉄旅日記2014年12月28日・・・小菅駅、五反野駅、梅島駅、田島駅、渡瀬駅、県駅、東武和泉駅、福居

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1・・・検見川浜駅、大貫駅、保田駅、那古船形駅、富浦駅、安房勝山駅、館

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日・・・保谷駅、代々木駅、都留市駅、富士山駅、河口湖駅(西武池袋線/山手線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑