*

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その1-新津駅、五泉駅、巻駅、弥彦駅、柏崎駅、笠島駅

公開日: : 最終更新日:2023/04/27 旅話, 旅話 2005年

車旅日記2005年7月18日
2005・7・18 時刻の記載なし 新津駅(7月16日の長岡駅より725㎞)
万代橋をもう一度渡った。

新潟市内を流す。
奥行きのある大きな街だ。
港のあるあたりはよく整備されていて、人々を呼ぶ仕掛けは十分。

南へ。
亀田を過ぎると町並は越後国らしくなっていく。

川沿いを走り20㎞。
新津へ。
信越本線、羽越本線、磐越西線が乗り入れる大鉄道基地があった。

遠く秋田を出た羽越本線はここ新津が終着駅となる。
何線も敷かれた構内を跨ぐ橋は果てしなく、駅弁の売り子が改札脇で声を嗄らしている。
ここは鉄道の町で、駅舎が一番新しく、いい顔をしていて、ステンドガラスには機関車が描かれている。

駅前広場は工事中だった。
再訪の折にはどんな顔になっているのだろう。
駅が持つ旅情は豊かだった。

2020年4月5日撮影

9:33 五泉駅(7月16日の長岡駅より735㎞)
灯篭を模した街路灯が並ぶ古いアーケード街の先にテレビ塔。
地平線まで続く電線塔。
新津駅を後にして見た光景だ。

そして緑の原を同じく地平線まで延びる磐越西線の単線のレール。
新津からは10㎞。
濃厚な郷愁の中、越後にいることを意識しながら走った。

阿賀野川近く、五泉の町へ。
7月28日が水中花火大会とある。
五泉の地名の由来となったのであろう泉は、今もあるのだろうか。

町のどんつきにある古い駅。
鉄道が走る町の構造はこれが一番しっくりくる。
アーケード街はまだ起きていない。

携えていた地図に記されている蒲原鉄道はどうやら廃線となったようだ。
タクシーに蒲原の名が残っている。

11:47 巻駅(7月16日の長岡駅より808㎞)
古い地図をアテにしちゃダメなんだな。
描かれていた2つの私鉄、蒲原鉄道、新潟交通はすでになく、散々彷徨ってから新潟市内に戻った。

新潟交通が線路を敷き、その終着駅があった月潟に痕跡はない。
小さな川辺の村だった。

8号国道を北上する。
見覚えがあるのは白根警察。
あれは9年前のことになるのか。
長岡から新潟方面へと向かい、信号で待つオレを、出稼ぎの日々を終えて津軽へと帰郷する男が後ろから追突してきたんだ。
幸いケガはなかったが、後ろが凹んだ車で旅は続けられず、町田へと帰った。

あの頃はツイていなかった。
様々なことが浮かびながら走り、しばらくすると空が広くなる。

180度に広がる越後平野。
昨日は庄内平野で見たけど、あの風景は北海道だけのものじゃない。
東京もビルを取っ払えばあの風景になるのに。
何しろ日本一の関東平野の上にあるのだから。

空の青は鈍いけど、今日も晴れて暑い。
西に向かう。
越後路の歩みは遅いけど、こんなものだろう。

稚内から旭川。
札幌から函館。
広島から京都まで。
一般道だけを使用して、そうした距離を旅の最終日に走ってきたオレには物足りない行程だが、霞む弥彦山を確認して満足する。

巻という駅にいる。
駅員の姿があり、待ち人がいる。
老人は新潟の匂いを残しているが、若者はそうじゃない。

駅前のスナックが入った雑居ビルが、この町の過去から現在を語って聞かせてくれるかのようだ。

2018年3月4日撮影

12:31 弥彦駅(7月16日の長岡駅より823㎞)
弥彦山に向かう道に、巨大な鳥居が立ち塞がるようにして立っている。
神域に入る。

蝉の声が心地いい弥彦駅周辺には、神が寄こした涼風が吹き、タクシー運転手は眠たげにエンジンをふかしている。
駅舎はすでに神社の一部かのような神色をしている。
便所でさえ、立派な瓦屋根が日の光を浴びて輝いている。

この駅には観光駅長という存在があるらしく、歴代の駅長の写真が掲げられている。
すべて女性だったような気がする。
今年で開業88周年という。
いつか列車に乗って再訪したい駅だ。

参道は閑散としていて、駅に一番近い角にある宿屋は廃墟になって久しそうだ。
ラムネを売る店でもあれば雰囲気も出るが、賑わう季節を外れているのだろう。

冬は厚い雲に閉ざされる日本海側の町にとって、夏は日が差す貴重な季節。
みんな海に向かったのだろう。
それに今日は暑い。
でも今日はここが一番涼しそうだ。

何度眺めてみても立派な駅舎だ。
今回の旅で一番去りがたい場所にいる。

2009年7月20日撮影

14:21 柏崎駅(7月16日の長岡駅より878㎞)
神域を離れ、弥彦山の中腹を巡り、海岸線へ。
弥彦駅の涼やかさは去り、暑さがぶり返す。

寺泊は大変な賑わいだった。
刺身を食わせる民家風のレストラン。
新信濃川の流れ込み。
20年代前半にはよく来たものだ。

懐かしかったけど、胸に迫るほどの郷愁が訪れることはなかった。
もう、誰もいない。
あの頃の恋人も仲間も、もう誰もそばにいない。

ここ柏崎まで海水浴で賑わう海岸線をぼんやり眺めながら走ってきた。
あれはかけていたサングラスのせいじゃない。
オレが見ていたのは、やけにセピア色をした景色だった。

柏崎は8号国道上が一番柏崎らしい。
日本海がきれいに見える場所があり、お洒落な店が連なる区間がある。
仲間と初めて訪ねた時は、リゾートの香りをまとった街なのかと思ったものだ。

実際の柏崎の中心街は別な場所にある。
さっき挙げた場所からはたいして離れていない。

柏崎駅は黒っぽく、信越本線と越後線が交わるターミナル駅としての威厳を持つ。
周辺にはオレが勝手に描いていたリゾートの香りはなく、駅前の雑居ビルのペンキは剥がれている。
その下で大勢の人々がバスを待っている。

視線の先には、柏崎駅の屋上に立つ「清酒越の誉」の看板。
そして駅を出た二人の少女が楽しそうに通りを歩いていく。

2011年11月5日撮影

14:58 笠島駅(7月16日の長岡駅より889㎞)
自然と決まるものだ。
引き返す地点の話をしている。
錯綜しながらここまできたけど、ここでいい。
ここがいい。

駅に下る途中の駐車場に車を止めている。
駅までは歩いていく。

民家の脇を通り抜けていくと洒落た小さな駅があった。
目の前には日本海。
海水浴場だ。
ここもよく賑わっている。

海辺の民は普段の暮らしを続け、界隈を人々が行き交う。
昔からこのままなのだろう。
古い木造平屋のお宅の部屋にブランコが置かれている。
物質的には豊かな生活に見えないが、人の暮らしの崇高さを見る思いだ。

苦しみがあり、幸せがあり、また苦しみがある。
「そういうものだろ?」。
そんな民の声が聞こえた気がしたよ。

この場所から国道が通る外界に出るのは大変なんだ。
険しく蛇行した道を上らなければならない。
大雨が降れば孤立するだろう。

でもこの村には信越本線の駅があり、線路を敷くためにシャベルを担いで険しい海岸線に向かった人々の歴史がある。

駅を出ると上下ともすぐにトンネルをくぐる。
坂の多い土地だ。
風は涼しいけど、じっとりとした蒸し暑さに汗が引かない。

関連記事

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】3日目(函館-鹿角花輪)-函館、木古内、湯ノ岱、江差、津軽新城、川部、深浦、能代、東能代、十和田南(江差線/津軽海峡線/奥羽本線/五能線/花輪線)

鉄旅日記2011年8月15日・・・函館駅、木古内駅、湯ノ岱駅、江差駅、津軽新城駅、川部駅、深浦駅、能

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月22日その2・・・南条駅、今庄駅、北鯖江駅、鯖江駅、大土呂駅、福井駅、春江駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

鉄旅日記2014年8月13日・・・尾張一宮駅、播磨高岡駅、太市駅、余部駅、播磨新宮駅、三日月駅、西栗

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出発が遅く

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・金町駅、新宿駅、新松田駅、松田駅、沼津駅(常磐線/山手線/小田急小

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日・・・日出塩駅、贄川駅、村井駅、上諏訪駅、日野春駅、西国分寺駅、新松戸駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その4-柏原、道明寺、河内長野、古市、畝傍御陵前、田原本、西田原本、新王寺、近鉄王寺(道明寺線/長野線/南大阪線/橿原線/田原本線/生駒線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・柏原駅、道明寺駅、河内長野駅、古市駅、畝傍御陵前駅、田原本駅、西田

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】最終日(鳴子温泉‐米沢‐東京) 鳴子サンハイツ、鳴子温泉駅、芦沢駅、赤湯駅、米沢郊外、磐梯、猪苗代湖、新白河駅、氏家、春日部、三軒茶屋、東京町田

車旅日記1996年11月3日 1996・11・3 9:09 鳴子サンハイツ 拝啓 その後、元気

記事を読む

「鉄旅日記」2005年秋【軽井沢で挙式する身内を祝うために、初めて鉄道で旅をいたしました。ここから鉄旅が始まったのでございます。】初日(東京-名古屋)-根府川、島田、豊橋、岡崎、名古屋(東海道本線)

鉄旅日記2005年11月5日 2005・11・5 紀州鉄道名古屋栄ホテル908号室 根府川、熱海

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑