*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その4-陸奥湊、白銀、鮫、久慈、宮古(八戸線/三陸鉄道リアス線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月22日・・・陸奥湊駅、白銀駅、鮫駅、久慈駅、宮古駅(八戸線/三陸鉄道リアス線)
15:31 陸奥湊(むつみなと)駅(八戸線 青森県)にて

15:58 白銀(しろがね)駅(八戸線 青森県)にて

16:55 鮫(さめ)駅(八戸線 青森県)
15:31陸奥湊着。
駅前は市場通りを謳い店が並ぶが、ほぼシャッターが下りている。
早朝の光景の確認が必要な通りだった。

本八戸方面に戻るように川に架かる橋を目指す。
鉄橋に差しかかった八戸線の車窓から、味のある港町の風景が見えた場所だ。

映画「男はつらいよ」で、車寅次郎とリリーが出会った橋の上を思い出していたよ。
あれは網走でのことだったけれど。

ウミネコとカラスがひっきりなしにやってきては糞を落としていく。
一羽のウミネコは、スマホを構えたオレに対して大見得を切るように微動だにしなかった。

乾いた港町を歩いていく。
そして16時前には白銀駅に着いていた。

民家の脇に入口がある。
駅を見下ろすように三島神社がある。

荘厳な構えに打たれ、参拝。
祈ることはいつも同じ。

さらに進むといよいよ港に出た。
乾いた港だ。

八戸鉱山の巨大施設の威容に驚き、橋のような構造が何を意味するのかわかりかねたが、あの中を土や砂利が流れていくのだろう。



正面に蕪嶋が見えた。
ウミネコの繁殖地として国から天然記念物の指定を受けている島だが、戦中に埋め立てられ、現在は陸続きになっている。

行きの列車から海の守り神のように見えた蕪島神社。
あそこまで行きたいと思っていたよ。

神社は改修中で参拝はできず、賽銭を投げて頭を下げる。

鮫漁港を持つ駅周辺には飲み屋やスナックが散見される。

所々に神が祀られていた港町。
オレが見てきたもので八戸をどれくらいカバーできただろうか。

八戸出身の知人が二人いる。
両人ともとても気持ちのいいお人柄で、仕事でお世話になった。

次はいつお会いできるだろう。
お顔が浮かぶ。

鮫のモニュメントと駅を写して改札をくぐる。


18:25 久慈(くじ)駅(八戸線/三陸鉄道リアス線 岩手県)
祭の後の余韻に街全体が浸っていた。

祭は明日も続き、屋台はそのままに灯り、昼に寄った酒屋でも店先での臨時販売を続けていた。

よさそうな街じゃないか。
駅前広場は子供たちに解放されて、水と光の仕掛けに歓声が上がっていた。

乗り込んだ三陸鉄道車両にはコカ・コーラの自販機が置かれている。
珍しい試みだし、好感を持った。

20:11 宮古蛇の目寿司
三陸宮古は雨。

かつての5月にこの街に着いて、もし宮古に泊まるような未来があるなら、あの寿司屋で飯を食おう。
そう思った店にいる。

刺身がきた。
どのネタも弾力があり、びっくりするほど美味い。

これが三陸の実力。
溶けていくような感覚を味わっている。

得体の知れないネタは「ほや」とのこと。
日本酒を待つ。
熱いのを注文したよ。

【Facebookへの投稿より】
八戸から宮古へ。

港町を歩きました。
午後の港に人気はなく、ウミネコは凛々しく、改修中につき参拝は叶わなかったものの蕪嶋神社の威容に打たれました。

写真の駅は鮫駅でございます。

宿は宮古にとりました。

1,500円の刺身盛合せ。
新鮮肉厚な美味さに仰天して、お酒が進みました。

初めて食した「ほや」も大層美味しゅうございました。

関連記事

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸備線) 17:10  備

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日・・・徳島駅、中田駅、旧小松島駅、南小松島駅、阿南駅、牟岐駅、海部駅、甲浦

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その3‐黒石、弘前、津軽新城、青森(弘南鉄道弘南線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・黒石駅、弘前駅、津軽新城駅、青森駅(弘南鉄道弘南線/奥羽本線) 1

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保津峡駅、千代川駅(山陰本線)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(山陰本線) 12:06&

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その1-十三、大阪梅田、大阪、東淀川、茨木、島本、桜井の繹跡、桂川、京都(阪急電鉄宝塚本線/東海道本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・十三駅、大阪梅田駅、大阪駅、東淀川駅、茨木駅、島本駅/桜井の繹跡、

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その1-南霞町、浜寺駅前、浜寺公園、羽衣、春木、和泉大宮、岸和田、和歌山市、和歌山港、堺(阪堺電気軌道/南海電鉄南海線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・南霞町駅、浜寺駅前駅、浜寺公園駅、羽衣駅、春木駅、和泉大宮駅、岸和

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その1‐萩、玉江、東萩(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・萩駅、玉江駅、東萩駅(山陰本線) 2020・7・25&nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑