*

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2013年

鉄旅日記2013年4月7日その1
2013・4・6 13:46 米原(まいばら)駅(東海道新幹線/東海道本線/北陸本線/近江鉄道本線 滋賀県)
日本列島を均等に襲う爆弾低気圧。

米原付近は強風に見舞われ、大垣から先の進行に支障をきたしている。

すでに椎名町池袋間、西岡崎安城間の踏切安全確認のため計画は狂っている。
人為的トラブルも天候がもたらしたものに比べればスケールに劣り、お天道様の思し召しじゃ仕方がないと、列車遅延による精神的ストレスを追いやることができている。

関ヶ原からの桜前線が美しい。
目で追っていたら佐和山城址に行き着いた。

伊吹山麓を眺めていてちょうど石田三成の逃避行に思いを馳せていたところだった。
彼が潜んだ413年前からさして変化を見せていなさそうな里山の風景だった。

鉄道の街、米原の駅前にも変化はなかった。
閑散としていて街と呼ぶには余りにも街的要素を欠いている。

この天候により出かける者も大幅に間引きされ、人気の絶えたホームには雨が吹き込み、駅弁売りのオバチャンの声が空しく響いていた。

15:33 弁天町(べんてんちょう)駅(大阪環状線/大阪市営地下鉄中央線 大阪府)
大阪駅で乗り換え。

大阪環状線から人が消えた。
爆弾低気圧は今日の経済に大きな影響を及ぼすのだろう。

交通博物館の街、弁天町。
阪神高速が脇を走り、駅横一帯はごみごみとして、御徒町の裏町あたりを歩いているような気にさせる。

15:45 大正(たいしょう)駅(大阪環状線/大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 大阪府)
駅に沿ったガード下飲み屋街を歩く。

かつてザ・ローリング・ストーンズを見に行った大阪ドームが見える。

思い出に浸る間もなく列車がやってくる。

15:56 芦原橋(あしはらばし)駅(大阪環状線 大阪府)
なにわ筋と交差する駅。

太鼓正からのドンドンという音が車が水しぶきを撥ねる音に混じる。

困ったことに記すことが見当たらない。
東京に次ぐ大都会大阪の範疇をうろついているという事実関係以外に今オレがここで見ているものの特徴を捉えることができない。

駅前に店らしい店はなく、周囲には高層建築物が目立つ、たんなる都会的風景が広がっている。

16:10 今宮(いまみや)駅(関西本線/大阪環状線 大阪府)
東京で完全に散った桜が、大阪じゃまだ健在だった。

桜前線は西からやってくるが、列島では今何が起きているのか?

JR難波を始発とする関西本線が合流する駅は上下二層構造になっている。
街に下りた。
車通りもなく駅が発する音以外は無音の一帯が都会の顔をしていた。
ここでも御徒町あたりをイメージした。

街並に比して圧倒的に人の数が少ない。
普段はこうじゃないだろう。

爆弾低気圧は灰色の空の上を不気味に徘徊しているが、まだなりをひそめている。

16:39 杉本町(すぎもとちょう)駅(阪和線 大阪府)
天王寺で乗り換え。

数分の停車。
天王寺から高架を走っていた阪和線は地上に下り、雨音が聞こえだした。

駅を出ると浅草橋あたりの下町を連想させる狭い駅前風景があった。

サッカー・ワールドカップと世界陸上の開催で、世界が2度押し寄せた長居競技場を過ぎ、大和川を渡った。

少年の頃に見た「大坂夏の陣」を特集した歴史本に載っていた大和川を写した一枚を不意に思い出した。

16:49 堺市(さかいし)駅(阪和線 大阪府)
数分の停車。

天王寺を出てから似たような街が続いている。
ちょっとした商店街があって、高層マンションが見える。
都市の姿とはこういうものだろうか。
千葉周辺の街並を彷彿とさせる。

車掌が大型台風と警告する発達した低気圧がもたらすであろう酷い状況はまだ近畿一帯にかからず、関西人が戦々恐々と家路に着く中、オレは旅を完結させるべく呑気に和歌山に向かっている。

17:11 東羽衣(ひがしはごろも)駅(阪和線東羽衣支線 大阪府)
鳳で乗り換え。
終着駅へ。

高架から眺めた臨海都市堺の顔は前回と違って賑やかそうに見えた。
雨に濡れた2度目に訪れた街。
狭い駅前の先に南海本線羽衣駅がある。
この駅はどうもうまく撮れない。

この東羽衣駅もどうもうまく撮れない。
息つく暇もなく引き返す。

地上へ下りて民家へ。
そこに駅が現れた。

17:26 鳳(おおとり)駅(阪和線/東羽衣支線 大阪府)
そこにあったターミナル駅、鳳。
改札でオッサンが揉めている。

質屋が迎える横丁からアーケード本通りへ。
だんじり祭りを映したDVDの手書き広告を発見してふと見上げてみれば、アーケードが高い。
岸和田に限った話じゃなく、このあたりの祭りはだんじりらしい。

当たり屋御用達の和泉ナンバーに身構えたが、優しいドライバーだった。

雨降りの夕暮れ。
駅前の混雑に、特定は困難だが、かつてあったある日の夕方を思い出した。
それはとても幸せな記憶だった。

関連記事

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その2-津久見、日代、浅海井、狩生、佐伯、直見、宗太郎、南延岡、南日向、東都農、佐土原、南宮崎(日豊本線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その1-赤羽、岡本、烏山、大金、宝積寺、氏家、石橋、自治医大、小金井、小山(東北本線、烏山線)

鉄旅日記2013年3月31日その1 2013・3・31 5:20 赤羽(あかばね)駅(東北

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その2-結城、下館、川島、岩瀬、笠間、十王、小木津、磯原、湯本、内原、羽鳥、土浦、ひたち野うしく(水戸線、常磐線)

鉄旅日記2013年3月31日その2 12:03 結城(ゆうき)駅(水戸線 茨城県) 関東

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その1-新宿、初狩、笹子、酒折、善光寺、甲斐岩間、波高島、内船、芝川、西富士宮(中央本線、身延線)

鉄旅日記2013年3月3日その1 2013・3・3 5:16 新宿(しんじゅく)駅(山手線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 早朝、和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/阪和線/和歌山線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

鉄旅日記2013年8月12日その2 13:30 宮崎(みやざき)駅(日豊本線/日南線/宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2 13:00 熊本(くまもと)駅(九州新幹線/鹿児島本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅&習志野シンフォニックブラス(NSB)演奏会】その1-我孫子、東我孫子、新木、湖北、布佐、小林、木下、安食、下総松崎、成田空港、酒々井、物井、東千葉、本千葉、西千葉、新検見川、幕張、東船橋、津田沼(成田線、総武本線)

鉄旅日記2013年2月17日その1 2013・2・17 6:01 我孫子(あびこ)駅(常磐

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その2-和泉府中、東岸和田、日根野、熊取、りんくうタウン、関西空港、紀三井寺、黒江、紀伊中ノ島、和歌山(阪和線、関西空港支線、紀勢本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2 17:42 和泉府中(いずみふちゅう)駅(阪和線 大阪府

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日 2013・8・14 4:50 岩国(いわくに)駅(山陽本線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑