*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線)
2019・3・10 5:47 天王台(てんのうだい)駅(常磐線 千葉県)
朝焼けの町に降りる。

かつて北へ向かう旅の途中に寄った駅でもある。
あの時は夜だった。

こんな駅前だったな。
夜明けの空が美しく、コンビニの明かりに誘われてウイスキーハイボールを購入。

この町に暮らす女性から2年振りに連絡があった。
仕事での付き合いだが、飲みに誘ってほしいとメールにはある。

当時もそんな話をしていた。
2年もあれば、その間に何かあるものだ。

彼女との縁に感謝して、週明けに再会に向けた動きをしようと思う。

利根川を渡った。
空が真っ赤に染まっていた。

8:26 植田(うえだ)駅(常磐線 福島県)
常磐国境を越えていわきにいる。

日差しに満ちた車内は暖かく、水戸で買いたしたウイスキーハイボールの酔いも手伝い、うららかな陽気の中で目をつぶり、関東平野を眺めていた。

岩間で山塊が現れ、常陸多賀を過ぎるとまぶしい太平洋が現れる。

東日本大震災が起きたのは8年前の明日。

多くのものを奪い去ったあの海。
けれど海が悪いわけじゃない。

昨日たまたま目にした番組で被災者がそう語っていた。

実直な駅長さんに切符を見せて降りる。
居酒屋やスナックが並ぶ駅前もまた日差しに満ちている。

ひと回りして駅に戻る。

離れがたい思いにかられた素敵な町だった。


8:53 泉(いずみ)駅(常磐線 福島県)
奥州泉藩城下町の石碑が立つ駅前。
藩主は徳川四天王のひとり本多平八郎忠勝の血をひく。

幕末戊辰戦争の際は、奥羽越列藩同盟に加盟。
会津に向かう新政府軍の前に降伏開城したため、会津攻防戦における局面にその名はない。

大きく開放的な窓を持つ駅にはカモメが似合う。

「小名浜観光」の文字に懐かしさを誘われ、在りし日に思いを馳せる。

友と訪ねた灯台。
友と、やがてその伴侶になる女性とも訪ねた灯台。

50年の人生の記憶や魂に刻まれたものが、こうして不意に現れる時を歓迎している。

駅前に植田で見てきたように商店の類いはなく、歩き出せない。

今日3本目のウイスキーハイボール。
うららかな春の陽気が素敵な休日を寄越してくれた。

9:22 いわき駅(常磐線/磐越東線 福島県)
前述の友と待ち合わせたこともある。

あの当時の重厚な駅の姿はネットで探せばすぐに出てくるだろうが、オレは敢えて記憶を探っている。

あんな姿をしていたと、朧気に浮かんでくるものはある。
あれは確か2月だったよ。

あの日に泊まったホテルは名前を変えていて、あの日に飲みにいった店も同じだったかどうか分からない。

無常を感じる他にたいして意味のある行いじゃないが、オレという男の人生の中で、決して薄れることのない存在を持つ街ではある。


列車は限界地とも言える富岡に向けて走り出している。

四ツ倉を過ぎるとまぶしい太平洋。

この土地にいればあの震災を抜きにはできないが、打ち寄せる波に悪魔が乗り移る姿を見るのは、人生で一度きりで済むのだろう。

波打ち際。
その悪魔を防ぐ処置がとられつつある様を列車から眺めている。

10:05 富岡(とみおか)駅(常磐線 福島県)
護岸工事の槌音が響く駅前。

降りていった人々はどこへ向かったのだろう。

東日本大震災による東京電力福島第一原発事故の影響から、ここから浪江までの区間は現在も不通になっている。

みちのくの景色も冬枯れから緑を取り戻しつつある。
先週の紀伊半島よりも花粉を感じる。

富岡道中の行き帰りの風景に目をやると、変わらずうららかな春の陽気。

ただ、岸辺の風景は何もかもがすっかり変わってしまった。

もう戻らないものがあることを知る。
十分に知っているつもりでいたけれど、思い知らされる。

「富岡は負けない」の文字に触発されて、ウイスキーハイボールをもう一本。
酒の他に金を落とすものを思いつけないが、せめてね。

富岡から4駅前。
行きに通った広野駅は拓けていた。
再生の道を見つけたのだろう。

関連記事

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日・・・橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】2日目(新潟-象潟-田沢湖付近)-道の駅豊栄、道の駅加治川、道の駅朝日、道の駅鳥海、蚶満寺、道の駅西目、八津駅

車旅日記1997年8月14日 1997・8・14 4:35 7号国道‐豊栄(道の駅) 出発。

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日・・・腰越駅、江ノ島駅、湘南江の島駅、片瀬江ノ島駅、新宿駅(江ノ島電鉄

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 (東京‐三国峠‐新潟)- 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。 今まで

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線) 2019・

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日・・・海部駅、桑野駅、阿南駅、穴吹駅、佃駅、琴平駅、善通寺駅(牟岐線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・新西金沢駅、野町駅、加賀一の宮駅、西金沢駅、羽咋駅(北陸本線/北陸

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その2‐鯉川、東能代、岩館、深浦(奥羽本線/五能線)

鉄旅日記2020年1月12日・・・鯉川駅、東能代駅、岩館駅、深浦駅(奥羽本線/五能線) 10:19

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線) 2020・2・24 5:39

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑