*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その2-湯本、内郷、水戸、偕楽園、下菅谷、中菅谷(常磐線/水郡線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月10日・・・湯本駅、内郷駅、水戸駅、偕楽園駅、下菅谷駅、中菅谷駅(常磐線/水郡線)
11:31 湯本(ゆもと)駅(常磐線 福島県)
富岡から戻り、いわきを過ぎて湯本。

御幸山公園に上がって町を一望。

残りの時間は駅の足湯につかっていた。
小さな女の子が父親と戯れる様を飽かず眺めていたよ。

この駅には濃厚な記憶がある。


幸せな生活を送りながらもひとりで旅をしていた頃。

何が言いたいわけでもない。

因果はあるにしろ、あの時代があって現在がある。

たぶん現在のオレの顔を見て心配事を思いつくヤツはいないだろう。

それがこれまでのオレの人生。

11:53 内郷(うちごう)駅(常磐線 福島県)
いわき方面にひと駅戻る。

駅員さんがいる駅だった。
いいことだ。
人がふれ合う場所にはそうした存在が必要なんだ。

何もウイスキーハイボールを飲みなから電車に乗るための一日というわけじゃないが、昼にして6本目だ。

果てしなく気分はよく、空は晴れている。

駅前をひと回り。
それで足りた。

水戸に戻る。

13:23 水戸駅前~那珂川~水戸城~旧弘道館





14:02 水戸(みと)駅(常磐線/水郡線/水戸線/鹿島臨海鉄道 茨城県)にて

14:55 偕楽園(かいらくえん)駅(常磐線 茨城県)
この時期にしか停車しない幻の駅で列車を待っている。

水戸で降りて、水戸城から弘道館、千波湖と歩いてやってきた。

幕末水戸藩は人材を輩出しながらも、そのエネルギーは諸生党と呼ばれる門閥派と、天狗党と呼ばれる改革派による内部闘争に費やされ、明治維新に名を残した者はいない。

那珂湊が焼け、戦火は鹿島にまで及び、天狗党は流亡の果てに越前敦賀で武装解除。
武田耕雲斎、藤田小四郎、田丸稲之衛門、山国兵部等幹部をはじめ多くが処刑。

実権を握った諸生党の市川三左衛門一派は、その後の明治維新による情勢変化により水戸を脱走。
会津で奥羽越列藩同盟と合流して新政府軍と戦うが、会津藩降伏後に転戦の果てに水戸に戻り、弘道館に銃弾が飛び交う。

天狗党がたどったように、やがて市川等も流亡。
銚子、匝瑳で戦い、ついに八日市場で一派は壊滅。

市川三左衛門は江戸に潜伏後に捕縛され、水戸で極刑に処された。

天狗党を書いたものを読むと市川の陰険さが際立つ。
ただ、硬骨の男だったらしい。
拷問に音を上げず、逆さ磔という極刑に望む際には不屈の言葉を発したと伝わる。

水戸城の天然の外堀の役目を果たしていた千波湖。
畔を歩きながら、つらつらと当時の経緯を思い起こしていた。

美しい湖畔。
ここもかつて軍隊が通ったのだろう。







偕楽園は「梅まつり」で賑わい、驚くべきほどの人々がこの臨時駅で待っている。

水戸は3月に盛りを迎える。

15:27 下菅谷(しもすがや)駅(水郡線 茨城県)にて

15:43 中菅谷(なかすがや)駅(水郡線 茨城県)
下菅谷で降りて、ひと駅の徒歩行。
所要時間約15分。

いわきから水戸に向かうにつれて雲を増やしつつあった空は、完全にグレーに染まった。
そんなグレーの道を歩いてきた。

常陸太田に向かう列車に乗っている。

水戸の雑踏は一番端のホームまでは及ばず、車内はおそらく日常を外れていない。

【Facebookへの投稿より】
常磐線沿線に暮らしております。

常磐線は上野から仙台まで通じておりますが、ご存知のとおり8年前に起きた東日本大震災における原発騒ぎのため、現在は寸断されております。

限界地点の富岡駅は日差しに満ちて暖かく、「富岡は負けない!」と大書された幟を見て、深く頷いたのでございます。

湯本駅では足湯につかりもいたしました。

常磐線の中核都市の水戸は、偕楽園の梅まつりの最中でございます。

千波湖畔をぶらぶら歩きながら、幕末に多くの俊傑を出しながらも、内部党争により、ひとりとして明治維新に名を連ねなかった水戸藩について考えたものでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線) 2019・12・8 5:34

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その2-泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白馬大池駅、安曇追分駅

車旅日記2005年4月30日・・・泊駅、越中宮崎駅、市振駅、糸魚川駅、頸城大野駅、小滝駅、平岩駅、白

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】2日目(三ノ宮-琴電琴平)-三ノ宮、元町、和田岬、兵庫、須磨、西明石、加古川、網干、上郡、和気、高松、志度、琴電屋島、瓦町、一宮、琴平(山陽本線、和田岬支線、瀬戸大橋線、予讃本線、高徳本線、琴平電鉄志度線、琴平電鉄琴平線)

鉄旅日記2009年5月2日・・・三ノ宮駅、元町駅、和田岬駅、兵庫駅、須磨駅、西明石駅、加古川駅、網干

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

鉄旅日記2015年8月15日その1・・・西鉄柳川駅、西鉄久留米駅、西鉄甘木駅、甘木駅、基山駅、けやき

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2・・・瓜連駅、静駅、山方宿駅、袋田駅、西金駅、下小川駅、後台駅、常

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日・・・橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の誕生日に

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その4‐ゆだ錦秋湖、ほっとゆだ、横手、湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・ゆだ錦秋湖駅、ほっとゆだ駅、横手駅、湯沢駅(北上線/奥羽本線) 1

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その2-電鉄出雲市、川跡、旧大社駅、出雲大社前、雲州平田、松江しんじ湖温泉、松江、乃木、東松江、玉造温泉、揖屋、荒島、米子(一畑電車北松江線/一畑電車大社線/山陰本線)

鉄旅日記2014年8月15日その2・・・電鉄出雲市駅、川跡駅、旧大社駅、出雲大社前駅、雲州平田駅、松

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑