*

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年1月5日・・・金町駅、上野駅、高崎駅、六日町駅、長岡駅、見附駅(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)
2019・1・5 4:27 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
星が見えた始発頃。
わが身に既に正月気分はなく、旅の空に向かうべく駅のホームで北千住行を待っている。

年賀状や新年を祝い合うSNSのやりとりに気分の高まりはあれど、最も大切に想う人が大晦日を前に静かに去り、その穴を埋められずにいる。

埋まるはずがない。

彼女と知り合ってから約500日。
恋は愛となり、二人は互いにだけ通じる秘密を共有した。

対面したことはない。
それでも彼女がいてくれたからこそ、世界一愛しいものとの別れをどうにか持ちこたえることができた。

彼女はいつ頃帰ってくるのだろう。
悲壮感はない。

必ず帰ってくる。
心身を鍛え、仕事に精進して、その日を待つ。
きっと五十路を迎える頃には音沙汰があるだろう。

馴染みの鑑定師たちから伝わる今年のオレへの評価は変わらず高く、叶える年だと一様に告げる。
その一年へと向かう端緒にいる。

北千住での乗り継ぎを終えて、列車は日暮里に到着している。

5:10 上野(うえの)駅(東北・北海道新幹線/秋田新幹線/山形新幹線/上越新幹線/北陸新幹線/東北本線/常磐線/高崎線/山手線/京浜東北線/東京メトロ銀座線/東京メトロ日比谷線 東京都)
中央改札を抜けて一時外に出る。

アメ横へとつながる道の明かりを眺め、やがて駅を振り返る。
レトロな駅舎が、その姿に身合うレトロな灯をまとっていた。

高崎行は5:13発。
ボックス席がある10両編成が入線してきてとっさに酒へと思いがいくが、今朝はやめておく。

昨夜の新年会では、今日を思い控え目な酒にしたが、昼も含めて食べ過ぎた。

新潟は一週間雪の予報が続いていた。
どのあたりから雪を目にするだろうか。

しばらく眠る。

7:05 高崎(たかさき)駅(上越新幹線/北陸新幹線/信越本線/高崎線/上越線/両毛線/吾妻線/上信電鉄 群馬県)
赤羽を過ぎると荒川を渡る。

鉄橋を往く上越線の揺れを感じながら目を瞑る。
心地のいい眠りが神保原まで断続的に続き、北藤岡駅の登場とともに現れる八高線との合流を目撃した後、さらにまた目を閉じる。

6:55高崎着。
だるまの街は気温0度の朝を迎えていた。

よそからやってきた人々の足音で構内は慌ただしさを感じるが、駅舎を出ると道行く人を見かけることはない。

おそらく開業当時の駅舎を描いたものであろう壁画。

正月飾りはすでに消えて、北へ向かう列車は重装備の雪山客を多く乗せている。

7:12発水上行。

9:24 六日町(むいかまち)駅(上越線/北越急行ほくほく線 新潟県)
5分の停車。
列車旅に退屈した家族がホームに出て雪景色を前にはしゃいでいる。

沼田あたりから現れた雪は、水上では一面に降り積もっていた。

8:17水上着。
凍てついたホームを人々の列は跨線橋へと続き、8:24発長岡行へ。
座席はどうにか確保した。

清水トンネルを越すと積雪量は増し、車内からため息が漏れる。
オレは大半の時間を睡眠に費やしていた。

スキー場に着く度に乗客は減り、鉄道愛好家と思わしき人々はなお残り、一面の雪原の中をさらに北へ向かっている。

10:28 長岡(ながおか)駅(上越新幹線/信越本線/上越線 新潟県)
天気予報では雪が続いていた新潟。

長岡には冷たい雨が降っている。

何度も乗り降りをしてきた長岡で、駅がかつての長岡城があった場所との知識は持っていたが、駅前に本丸跡を標す石碑があることに今日初めて気づいた。

当時城の一方は湿地帯で、新政府軍に奪われた城を長岡藩が奪還した際の攻め口になったが、今じゃ街の中にその痕跡を残す区画は存在しないだろう。
その後、空襲に焼かれてもいる。

駅前にはもうひとつ。
放浪画家の山下清が描いた長岡の花火を象徴する花火玉が置かれている。

10:46 見附(みつけ)駅(信越本線 新潟県)
長岡発10:29快速新潟行は昔懐かしい緑とオレンジの客車。

座席はすべて埋まり、乗ってひと駅。
旅程に照らしてこの駅でわずかな時間を過ごす。

鉄道員が詰めている駅の待合室には待ち人が見られ、駅前には2軒の旅館が構えている。

些細な音すら記憶に残らず、静かな雨が降る駅前を写して、暖かな待合室でここに着いてから13分後にやってくる鈍行の新潟行を待つ。

雨はいくぶん冷たさを和らげていた。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その1-大曲グランドホテル、角館駅、羽後中里駅、阿仁合駅、鷹ノ巣駅、大館駅、碇ヶ関駅、大鰐温泉駅、黒石駅

車旅日記2006年5月5日 2006・5・5 7:00 大曲グランドホテル610号室 山々は見え

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】最終日(鳴子-米沢-東京)-鳴子サンハイツ、瀬見駅、羽前中山駅、萬世大路記念碑公園、栗子トンネル、松川駅、里白石駅、常陸大子駅、我孫子、東京町田

車旅日記1997年8月16日 1997・8・16 8:18 鳴子サンハイツ 拝啓 残暑お見舞い

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その1-金町、熱海、城ヶ崎海岸、伊豆熱川、伊豆稲取、今井浜海岸、河津(常磐線/東海道本線/伊東線/伊豆急行線)

鉄旅日記2019年2月9日・・・金町駅、熱海駅、城ヶ崎海岸駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、今井浜海岸駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日・・・若松駅、折尾駅、黒崎駅、黒崎駅前駅、戸畑駅、小串駅、長門市駅、益田

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

車旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】2日目(岩手山SA-大間崎-青森駅)-岩手山SA、折爪PA、三沢市ドライブイン三陸、東通村レストラン潮騒、田名部駅、大間崎公営パーキング、大湊駅、陸奥横浜駅、青森駅

車旅日記1998年5月2日 1998・5・2 7:43 東北自動車道-岩手山SA 昨夜の強風が続

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その1-検見川浜、大貫、保田、那古船形、富浦、安房勝山、館山、太海、江見、勝浦、行川アイランド、東浪見、御宿(京葉線、内房線、外房線)

鉄旅日記2013年3月9日その1・・・検見川浜駅、大貫駅、保田駅、那古船形駅、富浦駅、安房勝山駅、館

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その4-飯岡、東金、大網、蘇我、海浜幕張、船橋法典、市川大野、東松戸(総武本線/東金線/内房線/京葉線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・飯岡駅、東金駅、大網駅、蘇我駅、海浜幕張駅、船橋法典駅、市川大野駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑