*

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その1-神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧鳥羽小学校(鳥羽市営定期船)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年12月24日・・・神島山海荘あじさい、神島漁港、菅島漁港、鳥羽城址(城山公園)、旧鳥羽小学校(鳥羽市営定期船)
2018・12・24 6:42 神島山海荘あじさい
横になりながら夢を見ながら、外を吹く風の音は聞こえていた。

昨夜から波が荒れることは予測され、島と伊良湖を結ぶ船は欠航が決まっていた。

伊良湖を見物した後に豊橋に出て、飯田線で長篠古戦場に行く計画でいたがご破算となり、ひとまず鳥羽へ戻る。

部屋からは荒れる水平線の上空と、青空の中に所を移した昨夜の満月が今もなお輝いて見える。





8:26 神島漁港
山海荘を出て寺への階段を上り左へ。
八代神社の鳥居は見えている。

庭だか路地だか分からない道を上り下りして石段下へ。

石段に向けて祈りというより御礼を言っていた。

何に?
昨夜の奇跡に。

そしてこれから訪れる輝かしい未来に。

狭い階段を下っていく。
昨日石段に座っていた猫が老婆と共に歩いていた。



この島にはやはり何かがある。

かつてこの島で時を知らせる唯一の場所だった時計台跡には、今も時計が置かれている。

振り返ってはスマホを向け、一旦乗り込んだ船からまた這い出てはスマホを向けた。





近い将来、彼女を連れて再訪するだろう。
そんな未来が見えている。

8:35に船は港を離れる。

8:57 菅島漁港
鳥羽の港が見える。

水道を跨ぐ巨大な橋が印象的な島で、やはり全島が山地で、神島のように集落も港付近に見えたものがすべてかもしれない。

海女の島、菅島。
神島の何倍も大きく、船内はにわかに賑やかになり、子供の姿も多く見える。



海から眺める鳥羽は白いリゾートマンションが筍のように山の中に立つ、まさにマリンリゾート。
稀有な街だ。

10分で鳥羽に到着。

9:36 鳥羽城址(城山公園)
鳥羽から多気、亀山を経て名古屋に出る鉄旅で帰ることも考えていたが、船旅の魅力に気づき、船で伊良湖に戻ろうと決めて波止場に下りたら、伊勢湾フェリーの船着き場は別にあるとのこと。

山海荘でご一緒したご夫婦と会話を交わして、やがて導かれたこの場所。

戦国時代の大海賊九鬼嘉隆の海軍城にいる。

彼は伊勢湾を牛耳り、関ヶ原では西軍に着いて徳川家康を悩まし、激怒させ、男を見せて、やがて自害。

ここから見える答志島に彼の首塚、胴塚が遺されている。

快晴下の鳥羽湾を見下ろす場所が彼が最後にいた場所。
かつて紀勢本線の九鬼駅でも彼を偲んだが、大海賊の人生を語るにはここの方が相応しい。

風は優しく日差しに満ちてあたたかい。

この場所に導かれた幸運を感謝する。









9:58 旧鳥羽小学校
9年前まで現役だった小学校が城跡の片隅に有形文化財として残されている。

昭和4年建造のモダン建築。

ただ、今は暗く薄汚れてすでに遺跡になっている。

子供たちの歓声が消えた場所は寂しく切ない。

【Facebookへの投稿より】
神島でクリスマスイブの朝を迎えました。

本日天気晴朗にして浪高く、わずか15分の距離にある伊良湖への小型定期船は動かず、菅島を経由して一旦鳥羽に戻り、あらためて伊勢湾フェリーで伊良湖岬に向かっております。

真珠で有名な鳥羽は美しい街で、戦国時代の大海賊、九鬼嘉隆が築いた鳥羽城址に上り鳥羽湾を一望いたしました。

九鬼嘉隆は関ヶ原の折りには西軍につき、東軍の進行を海上から脅かし、徳川家康を悩まし激怒させ、ついには自害する硬骨の人生を送った海賊大名でございます。

朝に出港した神島を右手に過ぎました。
思わぬ再会でございました。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その4‐青森、新青森、津軽新城、鶴ヶ坂、浪岡(奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・青森駅、新青森駅、津軽新城駅、鶴ヶ坂駅、浪岡駅(奥羽本線) 19:

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1・・・熱田駅、尾頭橋駅、八田駅、四日市駅、亀山駅、一身田駅、津駅、高

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その2-阿字ヶ浦、那珂湊、勝田、大津港、日立、常陸多賀(ひたちなか海浜鉄道湊線/常磐線)

鉄旅日記2018年4月25日・・・阿字ヶ浦駅、那珂湊駅、勝田駅、大津港駅、日立駅、常陸多賀駅(ひたち

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その2-湯本、内郷、水戸、偕楽園、下菅谷、中菅谷(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・湯本駅、内郷駅、水戸駅、偕楽園駅、下菅谷駅、中菅谷駅(常磐線/水郡

記事を読む

2018年神無月【SNSへの投稿より】三度、秩父へとまいりました。-三峰口、親鼻、上長瀞、長瀞、波久礼、樋口、熊谷、行田市、羽生、加須(秩父鉄道/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2018年10月21日・・・三峰口駅、親鼻駅、上長瀞駅、長瀞駅、波久礼駅、樋口駅、熊谷駅、行

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏 【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】4日目(岩見沢-羽後本荘)-岩見沢、札幌、銭函、小樽、倶知安、蘭越、長万部、中ノ沢、五稜郭、上磯、釜谷(函館本線、江差線)

鉄旅日記2012年8月14日・・・岩見沢駅、札幌駅、銭函駅、小樽駅、倶知安駅、蘭越駅、長万部駅、中ノ

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その1(宇治-東京)-宇治、山城多賀、玉水、上狛、木津、加茂、貴生川(奈良線/関西本線/草津線)

鉄旅日記2015年3月22日その1・・・宇治駅、山城多賀駅、玉水駅、上狛駅、木津駅、加茂駅、貴生川駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その1-佐賀、肥前竜王、里信号場、喜々津、浦上、浦上駅前、長崎駅前、長崎、長与、諫早(長崎本線/長崎電気軌道/長崎本線長与支線)

鉄旅日記2009年9月21日・・・佐賀駅、肥前竜王駅、里信号場、喜々津駅、浦上駅、浦上駅前駅、長崎駅

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その1-東横イン名鉄岐阜、大垣駅、養老駅、阿下喜駅、西藤原駅、湯の山温泉駅、四日市駅、鈴鹿サーキット稲生駅

鉄旅日記2006年7月16日 2006・7・16 7:11 東横イン名鉄岐阜813号 予想通りの

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】最終日(鷹ノ巣-東京)その1‐鷹ノ巣、二ツ井、鷹巣、阿仁合(奥羽本線/秋田内陸縦貫鉄道)

鉄旅日記2023年1月13日・・・鷹ノ巣駅、二ツ井駅、鷹巣駅、阿仁合駅(奥羽本線/秋田内陸縦貫鉄道)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑