*

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その2-北条町、姫路、播州赤穂、日生、備前片上、西片上、倉敷(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)

公開日: : 最終更新日:2024/05/09 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年11月21日・・・北条町駅、姫路駅、播州赤穂駅、日生駅、備前片上駅、西片上駅、倉敷駅(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)
13:38 北条町(ほうじょうまち)駅(北条鉄道 兵庫県)
加西市の中心地。

寂れた終着駅を想像していたが現代的な駅舎を持ち、町のコミュニティと密着して多くの役割を受け持っている。

しばらく歩けば五百羅漢があり、角の大きな街案内には北条鉄道とともに大きく紹介されていた。
連絡橋を渡った先の大型店「アスティアかさい」はひっそりとしていて、町を心配したくなる。

鍛冶屋線の他にも、かつて加古川線から分岐する線は3線あったが、生き残ったのは北条線のみ。
今後の健闘を祈る。

粟生までの道中にめぼしいものはなく、開業時からの古い駅舎を売り物にしている。

15:33 姫路(ひめじ)駅(山陽新幹線/山陽本線/播但線/姫新線 兵庫県)
播州の首都は、国宝姫路城までの道のりに外人をはじめ大勢を集めて賑わっている。

みゆき通りをお城まで歩く。
西二階町にぼんぼりが灯り、街の外れに歓楽街があった。

京都時代の最後、一般道だけを走って東京から九州、四国へと渡ったあの壮大な旅でも姫路に寄った。
あれから何度も通っている。

街を貫くモノレールの廃線跡。
その存在を街に入る頃には思い出していた。
播州娘もまた美しく、多くの感慨を持って街を離れた。

30分などじゃとても足りない大きな街。

16:35 播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅(赤穂線 兵庫県)
赤穂に寄ったのは何年前のことになるのか。

関西での記憶が雪のように積もっていく。

それはとてもうれしいことだ。

お城通りを往復する。
赤穂城址が中心の街で、品のいい店が駅に向かってぽつぽつと並んでいる。

明らかに観光地だが、風格のある静けさをまとっている。

赤穂浪士の討ち入りは師走の頃。
地元赤穂より、浪士たちが葬られた泉岳寺の方が賑わうのだろう。
事件の関係者は誰も赤穂には戻らなかった。

1983年に赤穂で王者ジャンボ鶴田は、挑戦者に「北海の白熊」二コリ・ボルコフを迎え防衛戦を行い、その日の興行はテレビ放送されている。

17:15 日生(ひなせ)駅(赤穂線 岡山県)
赤穂に寄った旅でのことだった。

宇野、城崎と泊まって京都に戻り、祇園に寄って彼女に会ったのか。
おそらくそうだろう。
ただ、もうよくは覚えていない。

その旅で250号国道を走ってここを通り過ぎて、後悔と未練が残った。
そこに何か忘れがたい景色を見たんだ。

あれから、ここを通るのは3度目になる。

港を出る船は小豆島へ向かうか、あるいは日生諸島を遊覧するもの。
案内板にはキリシタンの流刑地だった島や、潮干狩りが楽しめる島が見られる。

船の運航はもう終わって港は静まりかえり、夕暮れの寂しくも美しい風景を見せている。

今夜は三日月が出ている。

17:39 備前片上(びぜんかたかみ)駅(赤穂線 岡山県)にて

18:15 西片上(にしかたかみ)駅(赤穂線 岡山県)
ひとつ手前の備前片上駅から歩く。

備前市役所前を過ぎると町が明るくなった。

このホームから眺めると、余計に聳えて見える角の百貨店らしきものは撤退したのか。
あのあたりで畳表の懐かしい匂いが香った。

素敵なケーキ屋さんに、片上商店街があった。
菓子屋に肉、魚、旅館。
どれも一代やそこらの代物じゃない。

少し離れたところにあった居酒屋は閉まって真っ暗で、国道の時計屋は派手に電飾で彩っていた。

片上の中心は西片上で、ここから山陽本線の和気駅を通って山間に至る片上鉄道が平成に入っても営業していたが、現在は廃線となっている。

町を見下ろす高台1面ホームの駅に、先に赤穂行が入ってきた。
市役所には「赤穂線と共に」というような垂れ幕がかかっていた。

加古川線でも「加古川線をもっと利用しよう」と謳っていた。

廃線の危機が囁かれているのか。
どうかその事態は避けてほしい。

いつか2号国道から眺めた備前市の家並はどこらあたりだったのだろう。

もう暗くなってしまって吉井川にも会えない。

22:00 ヤングイン倉敷415号室
眠りから覚めたら西大寺。
乗客は増えていた。

備前国は穏やかに暮れて、岡山駅に降りる感覚はごく普通だった。

ここではもはやオレは異邦人ではない。
今となれば、かつてあれほどの縁を得た京都駅の方が緊張する。

時代は流れたのだ。
そしてオレは京都よりも先にある遠くの街を友として、こうして旅を続けている。

倉敷。
赤穂で思い出した旅で一度寄っている。
駅前風景に懐かしさは感じなかった。

あの日オレは美観地区には行っていない。
それよりももっと先へ行きたかったから、あの日はそれでよかった。

でも後悔は生じた。
それで今オレはこの街にいる。

美観地区はとても素敵だった。
似たような町並を持つ柳井、豊後竹田。
大好きな街だが、倉敷は規模において優る。

美観地区へとつながるアーケード街の風情もあわせて第一級の街だった。

倉敷で2大王座戦が組まれたのは1987年。
ジャンボ鶴田×ニック・ボックウィンクルのインター選手権。
天龍源一郎、阿修羅・原×スタン・ハンセン、ジョー・ディートンの世界タッグ選手権。

偉大なるニック・ボックウィンクルの最後の勇姿だった。

倉敷は天領か。
この街の価値が見失われることは考えられず、永遠の文化都市であり続けるだろう。
岡山は大空襲を受けたが、倉敷は無事だったのだろう。

彼女は夏にこの街に下りている。
万感の思いがあった9月は過ぎて、どうにも成長できないオレを連れて今ここにいいる。
情けない日々を過ごし、それをあらためる風もなく生きて、この街にきた。

酔客が騒ぐ声が聞こえる。
この街はいつまでも平和であってほしい。

世界に向けて誇れる街だった。

関連記事

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その2-羽前豊里駅、真室川駅、及位駅、院内駅、湯沢駅、横手駅、後三年駅、大曲グランドホテル

車旅日記2006年5月4日・・・羽前豊里駅、真室川駅、及位駅、院内駅、湯沢駅、横手駅、後三年駅、大曲

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その1‐北上、横手、醍醐、十文字、下湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・北上駅、横手駅、醍醐駅、十文字駅、下湯沢駅(北上線/奥羽本線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日・・・鬼怒川温泉駅、東武ワールドスクウェア駅、上今市駅、今市駅、下今市駅

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

鉄旅日記2018年9月16日・・・桑名駅、養老駅、大垣駅、揖斐駅、垂井駅、美江寺駅、本巣駅、樽見駅(

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】初日(東京‐諏訪)葛飾金町、調布駅、高尾駅、桂川ドライブイン、甲府芸術の森公園、道の駅信州蔦木宿、上諏訪

車旅日記2000年7月20日 2000・7・20 8:10 東京葛飾金町 天気は良好。 やけに

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】最終日(鳴子温泉-高畠ー郡山-東京)-鳴子サンハイツ、潟沼、瀬見駅、道の駅むらやま、羽前中山駅、高畠、道の駅七ヶ宿、道の駅安達、郡山文化センター前、須賀川駅、西那須野三島セブンイレブン、与板ラーメンとん太、築地電通前、東京町田

車旅日記1998年8月14日 1998・8・16 8:26 鳴子サンハイツ 5日目。 一番遅い

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線) 2019・12・8 5:34

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々しい朝が訪

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】2日目(十日町-長岡)-十日町、戸狩野沢温泉、長野、松本、信濃大町、南小谷、直江津、柿崎、長岡(飯山線/篠ノ井線/大糸線/北陸本線/信越本線)

鉄旅日記2009年7月19日・・・十日町駅、戸狩野沢温泉駅、長野駅、松本駅、信濃大町駅、南小谷駅、直

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑