*

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その3-駅前、赤岩口、井原、運動公園前、駅前大通、豊橋、岡崎、三河豊田、尾張瀬戸(豊橋鉄道市内線/東海道本線/愛知環状鉄道/名鉄瀬戸線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/24 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月15日・・・駅前停留所、赤岩口停留所、井原停留所、運動公園前停留所、駅前大通停留所、豊橋駅、岡崎駅、三河豊田駅、尾張瀬戸駅(豊橋鉄道市内線/東海道本線/愛知環状鉄道/名鉄瀬戸線)
15:13 駅前(えきまえ)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
小さな男の子が路面電車を前にはしゃいでいる。
電停前には人間世界らしい微笑ましい光景がある。

ゆっくりと動き出した市内線は駅前大通到着まで時間をかける。
一律150円で乗れるようだ。

駅前大通りを左折すると賑やかな街並みから市内通りに出て、さらに右折すると市役所前に出る。

進行方向に真っ直ぐに続く軌道が美しい。

15:39 赤岩口(あかいわぐち)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
ずいぶん郊外まで来たものだ。
だけど豊橋は、ここに至るまでずっと街だった。

市役所前通りを途中折れることなく真っ直ぐに走り、ここが終点。
車庫がある。

6分で折り返す。
雨は激しくなり、すぐに客車に戻る。

15:48 井原(いはら)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
赤岩口からひとつ目。
運動公園前への乗り換え駅になる。

高知じゃ「はりまや橋」が同じ役目を負っているが、ここじゃ何の変哲もない交差点が大役を担っている。






ここから豊橋駅前まで途中に10の停車場がある。

16:00 運動公園前(うんどうこうえんまえ)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
岩田運動公園、豊橋市民球場があるもう一方の終点へ。
井原からはひと駅になる。

到着が2分遅れてすぐに引き返す。
学生が多く乗ってきた。

井原の次の停車場「競輪場前」には豊橋鉄道の営業所があり、さらに短い引き込み線があり、2両の客車が止まっていた。

競輪場があるのかと車内から見渡したが、それらしい構造物は車窓からは見当たらなかった。

16:23 駅前大通(えきまえおおどおり)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)にて

16:31 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
軌道が美しく延びる鉄道風景が撮りたくて「駅前大通」で降りる。

さらに激しくなった雨は傘を持たない青年をずぶ濡れにして、安倍首相に反対する市民者集団に毒づく男を生み出した。

9月の雨に冷たさはなく、豊橋は遠い日の夕立を思い起こさせてくれた。

車内広告で見たが、豊橋鉄道が運行する高速バスは三河田原から渋谷、バスタ、そしてなぜか練馬駅前まで片道4,600円。

安いな。
疲れるだろうけれど。

17:09 岡崎(おかざき)駅(東海道本線/愛知環状鉄道 愛知県)
スマホから目を上げる。
蒲郡の路面に濡れた形跡はなかった。
三河の空は気紛れ。

岡崎に初めて降りたのも、豊橋に初めて降りた日だったはず。
岡崎城が見えるかと思い期待していたら何もない駅前に面食らった。

まだ鉄道事情に疎い頃だった。

あの頃から見れば、年は食ったがレベルは上がっている。
ムリなくそう思う。
きっとそうなのだろう。

3年前の名鉄旅で寄った中岡崎駅は、岡崎から2駅目だった。
高架を往く愛知環状鉄道からは岡崎城がよく見えた。

八丁味噌で知られる岡崎には「味噌カツおにぎり」が売られていた。
ビールとともに思わず手を伸ばす。

矢作川を渡った。
この先の豊田は三河だ。

三河と尾張の国境は矢作川かと思っていたが、別にあるらしい。

17:50 三河豊田(みかわとよた)駅(愛知環状鉄道 愛知県)
線路に沿った鋸屋根の巨大工場が世界のTOYOTAなのだろうか。
きっとそうなのだろう。



駅前にはそんな世界企業のお膝元と伝えるものはなく、広いコンビニではたったひとりの店員が客を捌いている。

この線区は元々は国鉄だが、第三セクターとして運営されている。
そういった線区を利用すると閑散とした車内に導かれることが多いが、愛知環状鉄道は少々事情が違うようだ。
ただ二つ先の新豊田で大半が降りてしまった。

次の街、瀬戸の灯に期待している。

18:46 尾張瀬戸(おわりせと)駅(名鉄瀬戸線 愛知県)
名鉄線は「乗り鉄きっぷ」で乗れる私鉄に含まれていないが、瀬戸という終着駅に降りたくて瀬戸市駅で降りて、接続駅の新瀬戸駅からふた駅。

街道に放り出されるような終着駅だった。
瀬戸物の街をイメージできるようなものはなく、商業施設に突っ込むような終点の在り方だった。

線路は延びるだろう。
その気にさえなれば。


ビールとポテチを購入して、すぐに駅に戻る。
予定通りここに20分滞在しようかと思っていたが、衝動的に10分前に発車する列車に飛びのった。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】2日目(五所川原-北上)その3‐黒石、弘前、津軽新城、青森(弘南鉄道弘南線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月3日・・・黒石駅、弘前駅、津軽新城駅、青森駅(弘南鉄道弘南線/奥羽本線) 1

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線) 2019・3・

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その3‐白石、郡山、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・白石駅、郡山駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線) 15:49 白石(し

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日・・・知内駅、道の駅上ノ国もんじゅ、瀬棚町、道の駅いわない、小樽駅、札幌

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】最終日(和田山-東京)その2-大阪、桜島、西九条、阪神西九条、久宝寺、放出、京橋、京阪京橋、近江舞子、近江今津、近江塩津、東京葛飾(大阪環状線/桜島線/関西本線/おおさか東線/学研都市線/湖西線)

鉄旅日記2009年11月23日・・・大阪駅、桜島駅、西九条駅、阪神西九条駅、久宝寺駅、放出駅、京橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・野洲駅、米原駅、神領駅、定光寺駅、中津川駅、塩尻駅、岡谷駅、日野駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その3-陸中野田、久慈、陸中八木、八戸(三陸鉄道リアス線/八戸線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・陸中野田駅、久慈駅、陸中八木駅、八戸駅(三陸鉄道リアス線/八戸線)

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】最終日(鳴子温泉-高畠ー郡山-東京)-鳴子サンハイツ、潟沼、瀬見駅、道の駅むらやま、羽前中山駅、高畠、道の駅七ヶ宿、道の駅安達、郡山文化センター前、須賀川駅、西那須野三島セブンイレブン、与板ラーメンとん太、築地電通前、東京町田

車旅日記1998年8月14日 1998・8・16 8:26 鳴子サンハイツ 5日目。 一番遅い

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太多線/中央本線/東海道本線)

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】初日(東京-秋田)-保谷、高崎、長岡、新津、新発田、村上、鼠ヶ関、酒田、上浜、秋田(西武池袋線/高崎線/上越線/信越本線/羽越本線)

鉄旅日記2011年8月13日・・・保谷駅、高崎駅、長岡駅、新津駅、新発田駅、村上駅、鼠ヶ関駅、酒田駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑