*

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その3-駅前、赤岩口、井原、運動公園前、駅前大通、豊橋、岡崎、三河豊田、尾張瀬戸(豊橋鉄道市内線/東海道本線/愛知環状鉄道/名鉄瀬戸線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月15日
15:13 駅前(えきまえ)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
小さな男の子が路面電車を前にはしゃいでいる。
電停前には人間世界らしい微笑ましい光景がある。

ゆっくりと動き出した市内線は駅前大通到着まで時間をかける。
一律150円で乗れるようだ。

駅前大通りを左折すると賑やかな街並みから市内通りに出て、さらに右折すると市役所前に出る。

進行方向に真っ直ぐに続く軌道が美しい。

15:39 赤岩口(あかいわぐち)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
ずいぶん郊外まで来たものだ。
だけど豊橋は、ここに至るまでずっと街だった。

市役所前通りを途中折れることなく真っ直ぐに走り、ここが終点。
車庫がある。

6分で折り返す。
雨は激しくなり、すぐに客車に戻る。

15:48 井原(いはら)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
赤岩口からひとつ目。
運動公園前への乗り換え駅になる。

高知じゃ「はりまや橋」が同じ役目を負っているが、ここじゃ何の変哲もない交差点が大役を担っている。






ここから豊橋駅前まで途中に10の停車場がある。

16:00 運動公園前(うんどうこうえんまえ)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)
岩田運動公園、豊橋市民球場があるもう一方の終点へ。
井原からはひと駅になる。

到着が2分遅れてすぐに引き返す。
学生が多く乗ってきた。

井原の次の停車場「競輪場前」には豊橋鉄道の営業所があり、さらに短い引き込み線があり、2両の客車が止まっていた。

競輪場があるのかと車内から見渡したが、それらしい構造物は車窓からは見当たらなかった。

16:23 駅前大通(えきまえおおどおり)停留所(豊橋鉄道市内線 愛知県)にて

16:31 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
軌道が美しく延びる鉄道風景が撮りたくて「駅前大通」で降りる。

さらに激しくなった雨は傘を持たない青年をずぶ濡れにして、安倍首相に反対する市民者集団に毒づく男を生み出した。

9月の雨に冷たさはなく、豊橋は遠い日の夕立を思い起こさせてくれた。

車内広告で見たが、豊橋鉄道が運行する高速バスは三河田原から渋谷、バスタ、そしてなぜか練馬駅前まで片道4,600円。

安いな。
疲れるだろうけれど。

17:09 岡崎(おかざき)駅(東海道本線/愛知環状鉄道 愛知県)
スマホから目を上げる。
蒲郡の路面に濡れた形跡はなかった。
三河の空は気紛れ。

岡崎に初めて降りたのも、豊橋に初めて降りた日だったはず。
岡崎城が見えるかと思い期待していたら何もない駅前に面食らった。

まだ鉄道事情に疎い頃だった。

あの頃から見れば、年は食ったがレベルは上がっている。
ムリなくそう思う。
きっとそうなのだろう。

3年前の名鉄旅で寄った中岡崎駅は、岡崎から2駅目だった。
高架を往く愛知環状鉄道からは岡崎城がよく見えた。

八丁味噌で知られる岡崎には「味噌カツおにぎり」が売られていた。
ビールとともに思わず手を伸ばす。

矢作川を渡った。
この先の豊田は三河だ。

三河と尾張の国境は矢作川かと思っていたが、別にあるらしい。

17:50 三河豊田(みかわとよた)駅(愛知環状鉄道 愛知県)
線路に沿った鋸屋根の巨大工場が世界のTOYOTAなのだろうか。
きっとそうなのだろう。



駅前にはそんな世界企業のお膝元と伝えるものはなく、広いコンビニではたったひとりの店員が客を捌いている。

この線区は元々は国鉄だが、第三セクターとして運営されている。
そういった線区を利用すると閑散とした車内に導かれることが多いが、愛知環状鉄道は少々事情が違うようだ。
ただ二つ先の新豊田で大半が降りてしまった。

次の街、瀬戸の灯に期待している。

18:46 尾張瀬戸(おわりせと)駅(名鉄瀬戸線 愛知県)
名鉄線は「乗り鉄きっぷ」で乗れる私鉄に含まれていないが、瀬戸という終着駅に降りたくて瀬戸市駅で降りて、接続駅の新瀬戸駅からふた駅。

街道に放り出されるような終着駅だった。
瀬戸物の街をイメージできるようなものはなく、商業施設に突っ込むような終点の在り方だった。

線路は延びるだろう。
その気にさえなれば。


ビールとポテチを購入して、すぐに駅に戻る。
予定通りここに20分滞在しようかと思っていたが、衝動的に10分前に発車する列車に飛びのった。

関連記事

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その1-松本、辰野、北殿、伊那市、伊那福岡、伊那本郷、上片桐、飯田、天竜峡(篠ノ井線/中央本線辰野支線/飯田線)

鉄旅日記2018年10月8日 2018・10・8  5:45  松本(まつもと)駅(篠ノ井

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

鉄旅日記2018年9月22日 8:55 湖北(こほく)駅(成田線我孫子支線 千葉県) 成

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日 2018・4・25 6:25 取手(とりで)駅(常磐線/関東

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その2-掛川、磐田駅、浜松、音羽町、岡崎、知立、名古屋渋滞、佐屋町、弥冨町

鉄旅日記1996年5月3日 6:25 1号国道‐掛川 あれから1時間か。 始まるよ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 9:09 土合(どあい)駅(上越線 群馬県) 「日本一のモグ

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

鉄旅日記2018年9月16日 2018・9・16 6:10 桑名(くわな)駅(関西本線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑