*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】最終日(多治見-東京)その1-多治見、瑞浪、明智、岩村、極楽、恵那(中央本線/明知鉄道)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月24日・・・多治見駅、瑞浪駅、明智駅、岩村駅、極楽駅、恵那駅(中央本線/明知鉄道)
2019・4・24 7:13 多治見(たじみ)駅(中央本線/太多線 岐阜県)
陶都の空は青く晴れ上がり、陶都大橋の先の風景は澄んでいる。

夏になればまた記録的な暑さに見舞われるであろう多治見。
でも今はそんな夏のことなどを思う者はなく、春の澄んだ朝を駅へと向かう。

北口には市役所があり、感じのいい公園があり、脇にTULLY’Sがある。

シートに一列に並ぶ土岐商業羽球部の少女たちが賑やかで愛らしい。

7:34 瑞浪(みずなみ)駅(中央本線 岐阜県)
特急通過待ちで7分停車。
降りてみる。

古い街並に左手角の古いビル。
あの古いビルがオレにとっての瑞浪駅前の象徴だった。

あの日も3月。
確か7年ほど前の話だ。

あれから何度もこの木曽路を通っている。
そういう人生。

恋人から便りが届いた。
彼女と往く2019年。

未来は常に楽しみだ。

9:18 明智(あけち)駅(明知鉄道 岐阜県)
明智光秀生誕の地、明知城はここから山間に進むこと約1.8km地点にある。

斎藤道三、義龍親子の確執から美濃を2つに割る争いが勃発。
道三についた明智家は滅ぼされ、逃れた光秀は流浪する。
小栗栖で果てるまでの彼の人生には哀愁が目立つ。

今その地は日本大正村を謳い、橋にはガス灯が置かれ、大正ロマン的洋館に所々で出くわす。
そんな坂の町を歩いてみた。








江戸時代は旗本遠山氏の陣屋が置かれていたという。
遠山氏とは岩村に縁の深い一族で、戦国時代には織田軍と武田軍の狭間で翻弄され、多くの悲劇も経験している。

明知鉄道の終着駅、明智。
1985年までの国鉄時代は明知駅だったとのこと。

恵那から急勾配を上がり、いくつもの山を越えた果てに現れる、今にして思えば幻のような町だった。

10:36 岩村(いわむら)駅(明知鉄道 岐阜県)
城下町を上がる中腹にちょっとした広場があり、舞台にはバンドセットが置かれ、周囲には屋台が並んでいる。
今日は岩村ひな祭り。


まるで江戸の町並そのままが延々と続く岩村城下町。
お城はさらに上へと上がる。







女城主の町を謳う岩村。
確かにその通りで、件の女城主は織田信長のおばにあたり、彼女はその信長の手により刑死する運命をたどった。

織田軍による凄惨な殺戮現場でもある日本三大山城。
その歴史は町並には見受けられず、江戸時代は平和なままに暮れた。

朝のドラマ「半分青い」の舞台になった町で、五幣餅が随分評判になったらしい。
立ち寄った酒屋には女将と中村雅俊さんが並んで写った写真が飾られていて、店先でビールとともに五平餅を味わっていたら一台の車が乗り付けて、べらべらと喋る一団が降りてきた。

どうやらドラマに映ったお店らしい。
女将が電話に出ている間に、オレは彼女の愛犬を撫でていた。

そうした穏やかな時間も去り、立ち上がる。
駅へ。

明智に岩村。
ここを訪ねたことにより、日本への興味はより深まった。

10:50 極楽(ごくらく)駅(明知鉄道 岐阜県)にて

11:33 恵那(えな)駅(中央本線/明知鉄道 岐阜県)
ホームからぼんやりと景色を眺めたら真っ白な山が見えた。
日本百名山に数えられる恵那山か。

日差しは暖かく空気は冷たい。
凛とした春の空気に映える恵那の山々は気高い。

彼女に愛の言葉を送り、駅では小さな子供に笑顔を送り、街を写して、あとは冷たい風に吹かれていた。


二人の少女が寒さを避けるように、おんぶするような格好で体を密着させている姿が愛らしかった。

【Facebookへの投稿より】
明智から岩村へ。

この国は美しゅうございます。

来年のNHK大河ドラマの主人公、明智光秀の里は大正ロマンな町でございました。

女城主がいた岩村もまた、朝の連ドラの舞台にもなり、その独特な江戸的町並みは山城の麓まで延々と続いてまいります。

岩村の現在の輝かしい町並みを汚すつもりは毛頭ございませんが、この地は織田信長と武田勝頼による争いの中で凄惨な殺戮現場になった過去を持っております。

武田家臣団の末裔として、若干の悼みとシンパシーを感じて訪ねた岩村は、最前申したとおり、美しい町並みでございました。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2・・・水口駅、水口石橋駅、水口城南駅、八日市駅、近江八幡駅、高宮駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】初日(東京-湯沢)その4‐ゆだ錦秋湖、ほっとゆだ、横手、湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2020年1月11日・・・ゆだ錦秋湖駅、ほっとゆだ駅、横手駅、湯沢駅(北上線/奥羽本線) 1

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】初日(熊本空港-高森-湯前-都城)走行距離270㎞-羽田空港、熊本空港、立野駅、高森駅、湯前駅、小林駅、都城グリーンホテル

車旅日記2005年2月11日 2005・2・11 8:11 羽田空港58番ゲート 眠っているうち

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日 14:22 止別駅 (5月1日の旭川空港より518km) 思いがけず

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】最終日(郡山‐茂木‐下館‐東京)郡山スターホテル、新白河駅、黒羽くらしの館、茂木駅、下館駅、みつかいどうロードパーク、葛飾金町

車旅日記2000年5月7日 2000・5・7 8:35 郡山スターホテル510号室 最後の朝がやって

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その1-鳥取、由良、下市、御来屋、名和、伯耆大山、東山公園、博労町、境港、木次、亀嵩、宍道(山陰本線/境線/木次線)

鉄旅日記2014年8月15日その1・・・鳥取駅、由良駅、下市駅、御来屋駅、名和駅、伯耆大山駅、東山公

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3・・・津島駅、須ヶ口駅、神宮前駅、豊明駅、岡崎公園前駅、中岡崎駅、東

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日・・・保土ヶ谷駅、大船駅、香川駅、北茅ヶ崎駅、厚木駅、社家駅、相武台下

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その1-新宿、塩崎、韮崎、日野春、富士見、青柳、奈良井、木曽福島、須原、中津川(中央本線)

鉄旅日記2012年3月25日その1・・・新宿駅、塩崎駅、韮崎駅、日野春駅、富士見駅、青柳駅、奈良井駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑