*

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その1-金町、大垣、米原、近江塩津、王子保、湯尾(常磐線/東海道本線/北陸本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年10月6日
2018・10・6 4:28 金町駅(常磐線 東京都)
台風24号の影響が残った今週。

京成電車は塩害で止まり、雨が静かに降り続けた昨日。
眠る時まで雨の音は聞こえていた。

スピリチュアルな要素が加わった人生で、神々が出雲に集う神無月に願いをかけている。
だけど叶わなかったところで気にしない。
いつかきっと叶うさ。

SMAPを聴いていた今朝。
言霊を唱え、祈りを捧げ、大切な人の無事を確信して家を出る。

東京の外れに位置する町の朝食堂には常に人の姿があり、コンビニ前には若者の姿がある。

遠くまで友達に会いにいく。
台風25号が向かいつつある北陸まで友達に会いにいく。

12:04 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/養老鉄道 岐阜県)
4:44北千住、4:55日暮里、5:20東京、7:29三島、8:31静岡、9:44浜松。
大垣着は定刻から3分遅れて11:50。

三島からはスマホで仕事。
名古屋市内は雨上がりだった。

3週間前にもここにいた。
東京から300kmも離れた街とオレはそんな付き合いをしている。

待ち時間でビールと味噌カツサンド。
それも変わらない。

台風25号が寄越した雨がたまに吹きつける構内。
空は不穏な色をしている。

13:01 米原(まいばら)駅(東海道新幹線/東海道本線/北陸本線/近江鉄道本線 滋賀県)
通りすぎることばかりが多い大鉄道駅に3年振りに降りる。

レンタサイクル屋が併設された近江鉄道改札口。
この線で旅した3年前の春。


親兄弟を除けば、大切に想う人々はまだ生まれていないか、出会っていないかのどちらかで、当時とはまったく違う心持ちで今を生きている。

台風の影響はなく、湖北に向かう列車の席は埋まっている。
これも長浜までか。

やたら声の大きいおじさんの話し声が聞こえてくる。

そうだった。
関西とはそんな土地柄だった。

13:51 近江塩津(おうみしおつ)駅(北陸本線/湖西線 滋賀県)
長浜駅からお城が見える。
あの街を歩いたのは何年前だったのか。
思い出すのも厄介なほど過去の記憶になった。

やがて眠りこけ、気づけば余呉。
賤ヶ岳に目をやり、また眠りが訪れる。

北のターミナル駅で人々は下ろされ、駅前には時間を潰せる場所もなく、濡れた通路を上り下りして行き先を変えていく。

台風の影響は風となって列車の運行を遅らせ、高台に位置するやたらと長いホームで強い風に吹かれている。



15:25 王子保(おうしお)駅(北陸本線 福井県)
永原近江塩津間の徐行運転で17分遅れで敦賀に到着。

ハイボールとポテチを購入してすぐに福井行に乗り継ぎ。
やれやれと缶を開けて喉を鳴らせば、すぐに木ノ芽峠を貫く長いトンネルに入る。

上杉謙信の上洛を容易ならざるものにした北陸の険。
通るたびに感じるものがある。

365号国道まで歩く。
柿の実はまだ色づく前で、小学校前で「王子保っ子」の健やかな成長を祈り交差点に出ると、最近営業を取り止めたのであろう立派な割烹に目を留める。
地方で夢の城を作った店主のご苦労に思いを馳せる。

地図には源頼政の墓と伝わる遺跡が載っている。
宇治で死んだ彼を慕う勢力が北陸の地にあったのだろうか。

やがて木曽義仲がこの道を通り平家政権を覆し、松尾芭蕉もまた静かにこの道を往った。

そんな街道の歴史を駅では伝えていた。


15:48 湯尾(ゆのお)駅(北陸本線 福井県)
2駅戻る。
人の声がしない代わりに、北陸自動車道と365号国道に挟まれたこの場所では、タイヤが路面を転がる音が耳につく。

北陸本線の旧道がトンネルとして残る一帯を鉄道遺産として、駅ではポスターを並べている。

台風25号が連れてきた温かい空気は気紛れに雨を降らせ、間近に鮮やかな虹の橋を架けてくれた。
まるで奇跡。
空は晴れ、半円を描いた夢の橋の両端がはっきりと見えた。

こんなに間近で、人生初めての奇跡はやってきた。
思わず胸の前で手を合わせ、オレの人生が好転していくことを確信し、いつの間にかベンチに座っていた女性に「虹がきれいですよ」と伝えた。

列車がやってきて発車の頃、鮮やかな半円はすでに右半分が消えていた。

「お前分かっただろ?」
天神様が教えてくれた気がした。

この春に松戸上空に龍が現れた時にも実は感じたんだ。
だけど忘れていた。

もうこの身に訪れる幸せを疑わない。




関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日 10:06 三つ峠(みつとうげ)駅(富士急行 山梨県) 次

記事を読む

「鉄旅日記」2018年水無月【地元からひと駅先の松戸からは、新京成線が出ております。】-松戸、八柱、新八柱、くぬぎ山、新鎌ヶ谷、北習志野、京成津田沼、ユーカリが丘、勝田台、東葉勝田台(新京成線/京成本線/山万ユーカリが丘線)

鉄旅日記2018年6月3日 2018・6・3 9:09 松戸(まつど)駅(常磐線/新京成線

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その2-平田、松本、食蔵BASARA(篠ノ井線)

鉄旅日記2018年10月7日 16:43 平田(ひらた)駅(篠ノ井線 長野線) 俳優の小

記事を読む

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-長岡-坂町-米沢-福島-一ノ関)その1-金町、上野、高崎、六日町、長岡、見附(常磐線/高崎線/上越線/信越本線)

鉄旅日記2019年1月5日 2019・1・5 4:27 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵琶湖ともお別れ。 8号国道を

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その1-松戸、北松戸、馬橋、萬満寺、流山、近藤勇陣屋跡、小金城趾、幸谷、新松戸、北小金、南柏、北柏、我孫子(常磐線/流鉄流山線)

鉄旅日記2018年9月22日 2018・9・22 5:15 松戸(まつど)駅(常磐線/新京

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日 14:24 燕三条(つばめさんじょう)駅(上越新幹線/弥彦線 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年睦月【SNSへの投稿より】年明けの心象風景を載せた4篇でございます。

【2019・1・13 Facebookへの投稿より】 昨日、

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その3-名取、岩沼、福島、郡山、新白河、上野(東北本線)

鉄旅日記2019年1月6日 15:07 名取(なとり)駅(東

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その2-本吉、柳津、前谷地、石巻、宮城野原、仙台空港(気仙沼線/石巻線/仙石線/仙台空港鉄道仙台空港線)

鉄旅日記2019年1月6日 10:00 本吉(もとよし)駅(

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】最終日(一ノ関-気仙沼-前谷地-石巻-仙台空港-東京)その1-一ノ関、陸中門崎、千厩、猊鼻渓、気仙沼(大船渡線)

鉄旅日記2019年1月6日 2019・1・6 5:47 一ノ

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-長岡-坂町-米沢-福島-一ノ関)その3-米沢、福島、仙台、一ノ関(奥羽本線/東北本線)

鉄旅日記2019年1月5日 17:34 米沢(よねざわ)駅(

→もっと見る

    PAGE TOP ↑