*

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本線)

17:50 小国(おぐに)駅(米坂線 山形県)
今泉で赤湯から延びてきた鉄路が接近してきて、やがて長井へと離れていく山形鉄道の行く手に釘付けになった。
奥に覗く雪をいただいた山並が、そこへと連なる風景を太刀持ちのように従えている。

里山を往く米坂線。
今泉を過ぎると蛇行する清流が寄り添い始めた。

手ノ子を過ぎて人家は途切れ、秘境を往くが如く峠道に入る。
豪壮な旧家が集落の端にある。

長い峠道を過ぎて羽前沼沢に着く。
少年がひとり降りていった。
犬を散歩させる半袖姿の太った男が村を歩いていた。

そしてまた人煙まれな峠道。
この国の陰陽を分ける山並の険しさを想う。

そしてこの谷間は奇跡とも言えるように太古に生まれ、交通路となった。

伊佐領集落はおよそ100軒ほどか。
深遠かつ崇高な思いで紡がれてきた歴史を想う。

17:33小国駅着。
行き違い19分の停車。


町を歩く。
山間に生まれたオアシスのような町には夜の明かりが灯り、スーパーには一番搾りの黒生が置いてある。
駅ではツキノワグマの剥製が出迎え、ビジネスホテルもある。


この町に泊まりたい。
そう思う町だった。

クアーズテック小国事業所。
進行方向右手に見える大きな工場が小国を守るように入口を固めていた。

20:02 坂町(さかまち)駅(羽越本線/米坂線)
小国を過ぎると羽越国境に至る。

国境線。
過ぎてきた峠道など比較にならない険しさだ。

横川から荒川へ。
細流が大河となる成長物語を見る。

約10分後に到着した越後金丸駅には立派な駅舎があるが、集落は見られない。

大河は滝の恵みも受け、途中にいくつかのダムが設けられ、海を目指す。

越後片貝駅もログハウス風の立派な駅舎が立つ。
集落と呼ぶには心許ない。

やがて谷は開けてくる。
陰陽の界を越えたのだ。

小国はこの道を往った者たちにとって、峠前の歓楽町だったのだろう。

越後下関を過ぎると米沢の風景を見るような里山。
終点の坂町も近い。

何か雄大な物語を見てきたような米坂線沿線。
坂町の駅前通りを写したのは18:32。

列車の到着を待つための時間つぶしに駅前通りを歩き、一杯のつもりが3杯になった坂町の夜。
それだけ気持ちよく飲めたんだ。

当然だが、乗るつもりでいた列車はとうに町を出ている。

ご縁と、町の明かりを保つ努力を欠かさない「居酒屋とーく」のご主人に最大の敬意を捧げます。
串揚げ盛りも刺身盛りもたいへん美味しゅうございました。

そして再び坂町駅。

20:57 新津(にいつ)駅(羽越本線/信越本線/磐越西線 新潟県)にて

21:30 ビジネスホテル新光
店を出ると、気にはならない程度の雨が降っていた。

2週間前の高山でも、坂町でも美味しい酒を飲んだ。
そうなれば、計画に支障が出ようがすべては丸く収まる。

本当は白新線経由でいくつかの駅に途中下車するつもりでいたが、坂町で暖簾を守る若者にほだされて、夜は坂町にあてた。

恋人が自身の素敵な写真を送ってきた。
道々献身的な彼女を想っていた。

今夜オレがどうしていたか。
町の名前を挙げてもきっと分からないだろう。

とりあえず久々にコロナとは無縁の夜を過ごしている。
それに今日はよく飲んだ。

新津は雨だった。
ここのおかみさんが「キャンセル続きで・・・」とこぼす。

大変だろう。
オレも会社も大変さ。

4月4日、この素晴らしき新潟の夜。
こんな状況下で旅に出たなどとはとても発信できないが、いつかどういう形にしろ恩は返す。

関連記事

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】最終日(近江八幡-長浜-揖斐-岐阜)-ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤坂駅、揖斐駅、木知原駅

車旅日記2006年7月17日・・・ホテルはちまん、近江八幡駅、安土駅、彦根駅、長浜駅、垂井駅、美濃赤

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その1(岩倉-東京)-岩倉、御嵩、犬山、新鵜沼、鵜沼、名電各務原、各務ヶ原、新那加、那珂、名鉄岐阜(名鉄犬山線/名鉄広見線/名鉄各務原線)

鉄旅日記2015年3月8日その1・・・岩倉駅、御嵩駅、犬山駅、新鵜沼駅、鵜沼駅、名電各務原駅、各務ヶ

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

車旅日記2004年8月11日 2004・8・11 4:42 東京葛飾金町 2度の安らかな眠りを越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】初日(東京-岳南江尾-豊橋-三河田原-岡崎-尾張瀬戸-勝川-枇杷島-桑名)その1-金町、新宿、新松田、松田、沼津(常磐線/山手線/小田急小田原線/御殿場線/東海道本線)

鉄旅日記2018年9月15日・・・金町駅、新宿駅、新松田駅、松田駅、沼津駅(常磐線/山手線/小田急小

記事を読む

「鉄旅日記」2000年晩秋【京都の女性に恋をしていた頃がございました。その京都時代のはじまりでございます。】-京都タワーホテル

鉄旅日記2000年11月23日~24日 2000・11・23 0:03 京都タワーホテル924号室

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

鉄旅日記2014年11月3日その1・・・日進駅、宮原駅、加茂宮駅、北大宮駅、大宮公園駅、土呂駅、東鷲

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】最終日(水沢-東京)その2-気仙沼、一ノ関、小牛田、大河原、福島、安積永盛、久喜(大船渡線、東北本線)

鉄旅日記2016年3月6日その2・・・気仙沼駅、一ノ関駅、小牛田駅、大河原駅、福島駅、安積永盛駅、久

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その1‐金町、東京、高尾、藤野(常磐線/中央本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・金町駅、東京駅、高尾駅、藤野駅(常磐線/中央本線) 2020・3・

記事を読む

「鉄旅日記」2011年秋【再びみちのくひとり旅】最終日(長井-東京)-長井、荒砥、赤湯、羽前千歳、作並、東照宮、槻木、角田、福島、飯坂温泉、本宮、宇都宮、雀宮(山形鉄道/仙山線/阿武隈急行/福島交通飯坂線/東北本線)

鉄旅日記2011年11月6日・・・長井駅、荒砥駅、赤湯駅、羽前千歳駅、作並駅、東照宮駅、槻木駅、角田

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その1‐高山、打保、猪谷、富山、電鉄富山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・高山駅、打保駅、猪谷駅、富山駅、電鉄富山駅(高山本線) 2020

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑