*

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その2‐新庄、鳴子温泉、小牛田(陸羽東線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年11月4日・・・新庄駅、鳴子温泉駅、小牛田駅(陸羽東線)
11:19 新庄(しんじょう)駅(山形新幹線/奥羽本線/陸羽東線/陸羽西線 山形県)
10:46着。
3年振りの新庄には晩秋の気配が漂い、通りを行く老人が「寒い」とこぼす。

3年前にここで乗り継いで秋田に向かった記憶は、目の前に座った二人の眼鏡美人の姿と合わせて濃厚だ。

東西南北に鉄路が延びる新庄駅は魅力的だが、山形新幹線の終着駅にして自動改札化は遅れている。
「駅そば」があれば寄っていたが、残念ながらない。

それにしても腹が暴れて難儀している。
酒はやめられないけれど。

街には出ずに、乗換時間を食事に費やした。

かつてはつながっていた奥羽本線の線路は、ここ新庄で分断されている。
その様が見えるベンチに座っていた。

福島~新庄間の奥羽本線は通称山形線。
山形新幹線を通すため、線路幅を在来線仕様の狭軌から標準軌へと改める工事が行われたが、新庄から先の奥羽本線は狭軌のまま残され、新庄駅はこのような構造になった。

当初は仙山線の上を走ることを想定していたという山形新幹線。
地域活性化のためという山形県の強い要望により、現在のルートになったとのこと。

11:21鳴子温泉行に乗る。
さらにその先の小牛田に出て、北上でいったん離れた東北本線に乗る。

アジア系の旅行者が鳴子の地図を広げている。
彼等の旅の目的にもなるほど紅葉は有名なのか。

12:30 鳴子温泉(なるこおんせん)駅(陸羽東線 宮城県)
乗り継ぎ時間6分。
かつては馴染みだった鳴子の風景も今じゃ懐かしい。
そして当時よりもこの風景を愛している。

瀬見温泉を過ぎると眠りに落ち、目覚めたのは中山平温泉。
鳴子峡の手前だった。

トンネルが続く一帯で、車窓から紅葉の鳴子峡を拝めるのはほんの数秒。
鮮やかに色づいた紅葉の中、トンネルから頭を出した陸羽東線の図柄はポスターに印刷され、毎年のように都内の駅を飾る。

その刹那に列車は速度を落とし、見上げた大深沢橋の上では人々が鈴なりになっていた。

47号国道に架かる大深沢橋は、鳴子峡の景色を引き締める重要な役割を担っていて、かつて何度も車で走っている。

駅は賑わい、中国人の会話が聞こえてくる。
鳴子に向かう道は上下ともに混雑していた。

13:32 小牛田(こごた)駅(東北本線/石巻線/陸羽東線 宮城県)
新庄から小牛田までをつなぐ陸羽東線。
「奥の細道湯けむりライン」と謳い、途中に温泉の名を持つ駅を5駅持つ。

瀬見温泉、赤倉温泉、中山平温泉、鳴子温泉、川渡温泉。
鉄道路線図の中で際立ち、壮観の思いで眺める。

鳴子を過ぎると景色は平板になる。
そう言えば、初めて訪ねた時の鳴子温泉駅の駅名は鳴子だった。

鳴子御殿湯、有備館。
降りてみたい駅がいくつかあって、以前のように車でひと駅ごとに回ろうかなどと思ううちに眠りに落ちて、西大崎、東大崎でその眠りは完璧なまでに深まった。

小牛田駅前には酒屋がある。
一昨日得た知識だ。
酒飲みのオレには最重要ともいえる情報だ。

でも今日はいい。

関連記事

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日・・・室蘭駅、苫小牧駅、鵡川駅、静内駅、様似駅、追分駅、夕張駅、新夕張駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日・・・梓橋駅、姨捨駅、北長野駅、三才駅、直江津駅(大糸線/篠ノ井線/しな

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】2日目(下北-石巻)その2-金田一温泉、斗米、二戸、好摩、いわて沼宮内、厨川、矢幅、日詰、小牛田、涌谷、石巻(IGRいわて銀河鉄道、東北本線、石巻線)

鉄旅日記2016年3月20日その2・・・金田一温泉駅、斗米駅、二戸駅、好摩駅、いわて沼宮内駅、厨川駅

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

車旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそれ以外の

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その2-結城、下館、川島、岩瀬、笠間、十王、小木津、磯原、湯本、内原、羽鳥、土浦、ひたち野うしく(水戸線、常磐線)

鉄旅日記2013年3月31日その2・・・結城駅、下館駅、川島駅、岩瀬駅、笠間駅、十王駅、小木津駅、磯

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】最終日(郡山‐茂木‐下館‐東京)郡山スターホテル、新白河駅、黒羽くらしの館、茂木駅、下館駅、みつかいどうロードパーク、葛飾金町

車旅日記2000年5月7日 2000・5・7 8:35 郡山スターホテル510号室 最後の朝がやって

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】3日目(琴平-高知)-琴平、讃岐財田、阿波池田、大歩危、土佐山田、後免、後免町、安芸、奈半利、高知、桟橋通五丁目(土讃本線、土佐くろしお鉄道阿佐線、土佐電気鉄道桟橋線)

鉄旅日記2009年5月3日・・・琴平駅、讃岐財田駅、阿波池田駅、大歩危駅、土佐山田駅、後免駅、後免町

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】3日目(能登島-氷見-小千谷)能登島、道の駅いおり、氷見港、道の駅ウェーブパークなめりかわ、朝日町栄食堂、親不知ピア・パーク、道の駅能生、長岡市宮本、道の駅おぢや

車旅日記2000年7月22日 2000・7・22 9:00 能登島某リゾートクラブ 昨夜は風の音

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その1-郡山、杉田、五百川、高城町、矢本、野蒜、陸前赤井、石巻、女川(東北本線/仙石線/石巻線)

鉄旅日記2016年3月5日その1・・・郡山駅、杉田駅、五百川駅、高城町駅、矢本駅、野蒜駅、陸前赤井駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑