*

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2012年

鉄旅日記2012年3月20日その2
12:59 富士宮(ふじのみや)駅(身延線 静岡県)
富士駅で乗り換え。

肝心の富士山は雲に隠れている。
仕方がない。

ジャック・ブリスコ×ザ・デストロイヤーのNWA世界戦が行われた町は今、どこからか焼きそばの匂いが漂う街として名を馳せている。

本町のアーケードを歩いてきたよ。

じきに列車が来るんで行くが、ここじゃ、麓じゃ、いつも富士山とは縁がない。

14:14 身延(みのぶ)駅(身延線 山梨県)
去年の台風被害で止まっていた身延線が開通したのは3日前のことだという。
知らなかったな。

前回が何年前だったか覚えていないが、2両の座席は埋まっている。

釜無川に沿い、身延山久遠寺の麓で静かな時をしばし過ごした。

行き交う車の量もすくない静謐な場所だ。

14:55 鰍沢口(かじかざわ)駅(身延線 山梨県)
沿線風景に変化は見られない。

無人駅で甲州の山並みに目をやる。

あれは南アルプスになるのか。

煙った山々を望む。

15:02 市川大門(いちかわだいもん)駅(身延線 山梨県)
武田信玄の弟、一条信龍が甲斐に侵攻した織田軍に捕らわれ斬られた町。
それからしばらくして甲斐の国は滅びた。

山梨県が最強軍団を擁する地域として一番輝いた時代が430年ほど前にあった。
駅名を聞いて、そんなことを思っていたよ。

南アルプスがいよいよ近い。

竜宮城のようなこの駅舎は何に由来するものだろう。

15:33 南甲府(みなみこうふ)駅(身延線 山梨県)
数多くの駅を辿ってきた身延線の旅もそろそろお開き。

甲府が近づき乗客が増え、気づけば風景が家並みに埋め尽くされている。

大きくカーブを切ると座席正面に富士山が頭を出した。

富士宮じゃ悪かったなってところか。
おかしみのある姿だったよ。

南甲府駅は威容だった。

16:27 石和温泉(いさわおんせん)駅(中央本線 山梨県)
甲府駅で乗り換え。

海から山へ。
日本は美しい。
今日が春初日。

南アルプスに囲まれた駅前の温泉街をぶらぶらと歩く。
「週末は山梨で」という色褪せたポスターに惹かれ、ああそれもワルくないなと思う。

まるでかくれんぼのように時折富士山が頭を出す。

中央本線を辿る経験はそう多くない。
ひとりじゃ初めてだ。

16:44 山梨市(やまなしし)駅(中央本線 山梨県)
盆地の街が高原のような爽やかさに満ちた春初日。

甲斐の山々から雪の覆いがとれるまであとどれくらいの日数が必要だろう。

夕日に赤く染まる峰々が生命力に満ちている。

17:13 塩山(えんざん)駅(中央本線 山梨県)
予定に齟齬が生じ、ここで30分の停車。

前回ここに下りたのとは反対側、つまり富士山側の生活に分け入った。

空気からだろうが、山間の国々を歩くと清潔という言葉を思い出す。

東京が近いことは知っているが、しばし忘れたい。

早く家に帰りたいとも思うが、それ以外のことはしばし忘れたい。

17:51 甲斐大和(かいやまと)駅(中央本線 山梨県)
こうしてまたこんな時間が訪れる。

人が集まる駅という空間にいるが、ここにはオレ以外誰もいない。

そして穏やかに日が暮れていこうとしている。
この武田家終焉の地で。

ナントかの日が暮れて。。
大好きなメロディーが流れる中を駅に下りて、ヤマザキのお店で酒をあっためてもらい、さっきからこうしてる。
たまらなく好きだ。

そして帰る場所を想う。
ようやく人生が素晴らしくなってきた。

18:44 四方津(しおつ)駅(中央本線 山梨県)
甲州街道沿いの小さな駅で特急の通過待ちによる途中下車。

ほんのりとした灯に包まれたいい駅だった。

思い返す。
かつてのオレが車で甲州街道を上下していた。

18:59 上野原(うえのはら)駅(中央本線 山梨県)
かつて富士見パノラマスキー場に行って大雪に降られ、中央道は通行止めとなり、遅々として進まない甲州街道を夜を継いで帰ってきたことがある。

最悪これくらいにはどこそこに着くだろうという最悪の予想をことごとく塗り替えていく悪夢のような帰り道だった。

翌日の昼頃に渋滞も解消し、食事を摂れる店を探してこの穴倉のような駅に寄ったんだ。

穴倉、、そう思わせる面白い構造の駅だ。
山梨は景色に変化があって素晴らしい。

故あって甲府行に乗る。
まだ旅を終わらせる時間じゃない。

19:13 梁川(やながわ)駅(中央本線 山梨県)
2駅戻る。

甲州街道を走る車の音だけが聞こえる駅。

駅員の姿はなく、単独での入山に注意を呼び掛ける表示の他に目を引くものはない。

20:19 国分寺(こぶんじ)駅(中央本線 東京都)
昔香る街は丸井の街。

そして今じゃオレの馴染みとなった地域に向けて、西武線がここ国分寺から線路を伸ばしている。

駅を出ると様々な客引きがコンサート会場でのダフ屋のように陣取りをしている。

正真正銘初めて訪れた東京の街。
オレにはやることがまだまだたくさんある。

20:37 武蔵境(むさしさかい)駅(中央本線 東京都)
高架化完成まであと一息。
そんな状態の駅。

当然暗いが、武蔵野の風情というものがあの美術館らしきあたりにはあった。

街の奥行きはたいしてなく、平日祝日ということもあって人波はおとなしいものだった。

ここからも是政に向けて西武線が走っている。

街がきれいになるのはいいが、中央本線が地べたを走ってる頃にこの駅に降りてみたかった。

ここ武蔵境から西武線が分岐していく様を見るのがオレは好きだった。

関連記事

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日 2012・8・15 6:31 羽後本荘(うごほんじょう)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2 14:07 川原湯温泉(かわらゆおんせん)駅(吾妻線 群

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

鉄旅日記2012年3月12日その1 2012・3・12 4:21 保谷(ほうや)駅(西武池

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1 2012・12・9 6:10 長野(ながの)駅(長野新

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、新潟・みちのくひとり旅】初日(東京-横手)-郡山、津川、亀田、さつき野、水原、坂町、村上、あつみ温泉、鶴岡、余目、刈和野(東北本線、磐越西線、信越本線、羽越本線、陸羽西線、奥羽本線)

鉄旅日記2012年8月11日 2012・8・11 9:35 郡山(こおりやま)駅(東北新幹

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2 13:18 美濃太田(みのおおた)駅(高山本線/太多線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのく・北海道途中下車旅】2日目(横手-室蘭)-横手、土崎、八郎潟、大館、弘前、青森、泉沢、久根別、七飯、仁山、渡島沼尻、森、八雲、長万部、伊達紋別(奥羽本線、江差線、函館本線、渡島砂原支線、室蘭本線、室蘭支線)

鉄旅日記2012年8月12日 2012・8・12 6:02 横手(よこて)駅(奥羽本線/北

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、上越途中下車旅&高田で友人の結婚式に参加】初日(東京-長野)-吹上、北鴻巣、長野、豊野、新井、高田、春日山(高崎線、長野新幹線、信越本線)

鉄旅日記2012年12月8日 2012・12・8 6:15 吹上(ふきあげ)駅(高崎線 埼

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その2-新清水、静岡、草薙、興津、裾野、御殿場、駿河小山、国府津、逗子、横須賀、田浦、新川崎(東海道本線、静岡鉄道、御殿場線、横須賀線)

鉄旅日記2012年4月8日その2 清水(しみず)駅(東海道本線 静岡県)にて 1

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日 2012・8・13 6:12 室蘭(むろらん)駅(室蘭本線室

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑