*

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

公開日: : 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年12月3日
15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 栃木県)
野岩国境の車窓風景に惹かれている。

鬼怒川温泉駅に降り立つ。
かつての夢の跡。
ホテル廃墟。

そうしたものに目がいく。

でもわずかなものだ。
目をつぶればいい。

そうしたら駅前風景は華やいで見える。
人々の表情は柔らかく、外国人観光客の姿もある。

草野球の忘年会をここの温泉場でやったのが3年前。
以来、忘年会すら行わなくなってしまった。

世は無常。
しかし、これでいい。

野球は続いている。
今年最後のゲームは台東区3部リーグ決勝戦。

5回終了時に0×0で、1アウト満塁からのタイブレーク制延長戦に突入。
惜しくも破れた。

15:41 東武ワールドスクウェア(とうぶわーるどすくえぇあ)駅(東武鬼怒川線 栃木県)
今年この施設前に新駅が誕生したことを知った。

降りてみよう。
次のが来るまで40分。
ビールでも買って、買い置きのパンを食べようかと思っていた。

降りたら、コンビニなどない。
コンビニが撤退した後、建物をそのままに陶芸教室として流用したものならあった。

遊園地前の立地でその様じゃ普段の客入りが知れる。

ここには、社員旅行で湯西川温泉に泊まった帰りに寄った。
世界の有名建造物のミニチュアが見られるテーマパーク。

感嘆はするが、個人的には1時間もいれば十分だった。
案の定、広場は閑散としている。

でもオレには都合がよかった。
ホットココアを買ってベンチに陣どる。

まるで春の陽気。
少しも寒くない。

今朝の会津が数日前のことのように思える。
ただでさえ、一日の内にいくつもの町を後にしていくことは、数日を生きるのに等しく思える。

寒い鬼怒川とはいえ、もう関東に帰ってきたんだな。

ゆっくりとパンをかじる。
家族連れや恋人同士が楽しそうにしている中、そんなふうにひとりでいる中年男など他にいない。

我ながら笑える。
さすがにオレとて、ひとり身のままだったらこんなところに入り込んだりしない。

16:27 上今市(かみいまいち)駅(東武日光線 栃木県)
この旅の最後は今市で。

水車が置かれた駅前。
日光の山々に雪は確認できない。

脇の杉並木公園は、江戸時代に日光東照宮に立ち寄った朝鮮通信使をもてなした客館の跡だという。

日光には様々な歴史がある。
そして手前の今市にも風情が生きている。

街中へ歩いていく。

16:51 今市(いまいち)駅(日光線 栃木県)
日光への最後の宿場町今市。

通ってきた道筋には由緒を持つ旅館などがあり、どことなく気品に満ちた静けさをまとっている。

今市のような地方都市で、元気な若者の姿を見るのが好きだ。
きっと彼等がこれからうまいことやっていくだろう。

今夜こそ満月か。
下今市上空に大きな姿を見せていた。

日光の山々はじきに夜に溶ける。

17:27 下今市(しもいまいち)駅(東武日光線/東武鬼怒川線 栃木県)
SLが到着した1時間前。
ターミナル駅としての雰囲気を濃厚に持つ。

昨日は駅弁売りのオジサンに気づかなかったけど、ご健在だろうか。

これから4番線に会津田島行が入る。
もう一度乗って会津に戻りたいよ。

夕暮れから夜へと変わった今市。
暖かかった一日の余韻も消え、冷気が下りてきて、入線を待つ人々が体を震わせている。

たいていが東京に向かうのだろう。
浅草行き特急の指定席は売り切れている。

それぞれの旅の終わり。

会津も日光も天気もよく、素晴らしい週末だった。

19:04 南栗橋(みなみくりはし)駅(東武日光線 埼玉県)
下今市を出ると夜の世界。
目を向けたくなるような外からの明かりはない。

行きに旅情を愛でた新鹿沼を見たかったけど、夜の姿は確認できなかった。

栃木には明かりがある。
一度徒歩で訪ねた新大平下には、規模の大きなクリスマス・イルミネーションが光っていた。

板倉東洋大前は群馬県になる。
この路線中に群馬県が存在することは驚きだった。

栗橋の手前で大河利根川を渡る。
スピードを落として大きく迂回するように堤を上がる風景には、行きに圧倒された。
また来たいと思った。

利根川の橋上、闇から近づいてくる反対列車はまさしく銀河鉄道のようだった。

かつて金町に暮らし、夜にジョギングに出かけて、江戸川堤に向けて走る常磐線も闇に浮かんでいるように見えたものだ。
常磐線は10両とか15両編成で、くねるような様は巨大な竜のようにも見えた。

とりわけオレがロマンチックなわけじゃない。

みんな行きの話になるが、南栗橋には広大な車両基地がある。
日光方面に向かう列車に乗ると、たいていここで乗り換えを強いられる。

ホームから眺めた駅前は、一軒の飲み屋を除いて何もなかった。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その1-町田、御殿場、道の駅富士川、静岡駅、掛川

鉄旅日記1996年5月3日 1996・5・3 0:36 東京町田 旅が始まる。 今はそ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅(吾妻線 群馬県) 渋川を過

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日 9:44 野洲(やす)駅(東海道本線 滋賀) 車窓から好き

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その3-腰越、龍ノ口寺、江ノ島、湘南江の島、片瀬江ノ島、新宿(江ノ島電鉄/小田急電鉄江ノ島線)

鉄旅日記2017年11月12日 16:18 腰越(こしごえ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅(中央本線 長野県) 木曽の

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑