*

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その1-山陽姫路、山陽網干、飾磨、大塩、高砂、山陽垂水、垂水、滝の茶屋、山陽塩屋、塩屋、山陽須磨(山陽電車本線/山陽電車網干線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2017年

鉄旅日記2017年8月13日
5:03 山陽姫路(さんようひめじ)駅(山陽電車本線 兵庫県)
ライトアップされた姫路城は随分大きく見えた。

工事中だった駅前広場も完成して、市民が夏の夜を憩い、平和な風景が展開されていた。

路上歌手が竹原ピストルさんの「よー、そこの若いの」を歌っていた。

姫路プラザホテルは新幹線口にあり、駅からも近く、周辺に集まっている他のホテルに見劣りすることはない。

そして今朝、駅が親切に設けた長椅子で寝てるオッサンがいる。

姫路城はやっぱり大きい。

山陽姫路に到着した朝イチ列車には驚くほどの人々が乗っていた。
その列車で折り返す。

発車と共に目の前の坊主頭のオッサンがロングシートに横になった。

5:41 山陽網干(さんようあぼし)駅(山陽電車網干線 兵庫県)
有志の皆さんが駅前を掃除している。
コンビニ前の丸椅子に座ったオッサンがその光景を眺めている。

終着駅を降りて左にいくと50メートルほどで250号国道に出て、そこで駅と共に生きていく町の風景は終わる。

車窓からの播州の風情に惹かれている。

暖かい国が作った、穏やかな風情。

いくつか渡った川と家並にそれを感じた。

6:07 飾磨(しかま)駅(山陽電車本線/山陽電車網干線 兵庫県)
姫路と網干に分かれるターミナル駅。

構内の商店街の営業にはまだ早く、喫茶店と時計店の他の顔ぶれは不明だ。

駅前通りは狭く、その分歴史を感じる。
名鉄の富貴駅なんか、よく似てる。

駅横の古い大衆酒場との組み合わせは、昭和で通じる。

6:24 大塩(おおしお)駅(山陽電車本線 兵庫県)
特急停車駅。
その特急待ちで5分の停車。

海辺に出れば的形海水浴場があり、そこは兵庫県花「のじぎく」自生地だという。

「のじぎく」と聞いてもぴんとこないが、その郡生地が見つかったことは大発見だったらしい。

大塩天満宮が近い。

駅を横切る通りが広く、開放的な気分になる。

6:42 高砂(たかさご)駅(山陽電車本線 兵庫県)
ブライダル都市を謳う街。

めでたいな。
ド派手な結婚式場でもあれば格好もつくが。

大きな駅前ロータリーには何があるわけじゃないが、駅旅を重ねるオレを、ここにいることで何事かをなした気分にさせる。

かつて加古川駅から高砂線が延びていた。
そんな街ではそんな痕跡を探そうと駅前地図を見る。

たいてい何も残っていない。
ここ高砂も同じ。

発車して大河を渡る。

加古川だった。

7:16 山陽垂水(さんようたるみ)駅(山陽電車本線 兵庫県)
JR垂水駅と接している。
JRを横切ると2号国道でまた駅前風景は途切れる。

山陽電車を降りた先に町がある。

朝まだ涼しいアーケード街を歩く。

そこかしこで8月13日が始まりだした音を聞き、人の列が規則正しく駅へ向かう。

垂水(たるみ)駅(山陽本線 兵庫県)にて

垂水駅前風景

7:29 滝の茶屋(たきのちゃや)駅(山陽電車本線 兵庫県)
ここも特急停車駅。
高架改札に上がって播磨灘が見えることに驚いた。

高台の住宅街にある駅。

明石と淡路島に架かる明石海峡大橋は地域の誇りで、商店街にもその名が入っている。

商店街に参加しているのは床屋とあと1軒。
何を売る店だか分からなかったが、きれいな店だった。


7:44 山陽塩屋(さんようしおや)駅(山陽電車本線 兵庫県)
ここもJR駅と2号国道に接している。

海辺に続く曲がりくねった細い道。

仲間たちと伊豆に海水浴に行っていた20年前を思い出す。
あれから、オレの中で海辺の概念が確立された。

塩屋の道もまた味わい深い。

毘沙門天を示す石塔が立っていた。

塩屋(しおや)駅(山陽本線 兵庫県)にて

塩屋駅前風景

7:53 山陽須磨(さんようすま)駅(山陽電車本線 兵庫県)
この町を、暮らすのに理想的な町だと思い、あれから生きてきた。

海辺から住宅地へと上がる涼しげな道。
蝉が鳴いてる。
蜩が鳴いてる。

2号国道を全国からの車が走ってる。

JR駅は浜辺にある。

この駅から見えるいくつかの坂道に、生きてきた48年を想った。
ホントにいろんな場所にオレはいた。

隣のオバチャンが大きな声で立て続けにくしゃみをする。

関連記事

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その1-大垣、能登川、栗東、草津、石部、三雲、甲南、油日、甲賀、柘植(東海道本線/草津線)

鉄旅日記2017年8月12日 6:50 大垣(おおがき)駅(東海道本線//美濃赤坂支線/養

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日 9:44 野洲(やす)駅(東海道本線 滋賀) 車窓から好き

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その1-JR難波、八尾、奈良、笠置、伊賀上野、上野市、伊賀神戸、伊勢中川、近鉄長島、長島(関西本線/伊賀鉄道/近鉄大阪線/近鉄名古屋線)

鉄旅日記2017年3月20日 4:50 JR難波(じぇいあーるなんば)駅(関西本線 大阪府

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その2-大曽根、勝川、春日井、中津川、上松、原野、広丘、みどり湖、相模湖、豊田(中央本線/篠ノ井線)

鉄旅日記2017年3月20日 12:42 大曽根(おおぞね)駅(中央本線/名鉄瀬戸線/名古

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その1-保谷、品川、三島、静岡、浜松、鷲津、豊橋、岐阜、蘇原、美濃太田(東海道本線/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日 4:29 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都) 冷房のい

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】3日目(姫路-十三)その3-高速神戸、湊川神社、神戸三宮、甲陽園、夙川、西宮北口、宝塚、箕面、石橋、北千里、十三(阪急電鉄神戸高速線/阪急電鉄神戸本線/阪急電鉄甲陽線/阪急電鉄今津線/阪急電鉄宝塚本線/阪急電鉄箕面線/阪急電鉄千里線)

鉄旅日記2017年8月12日 15:54 高速神戸(こうそくこうべ)駅(阪神電鉄神戸高速線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日 2017・3・19 5:45 近鉄奈良(きんてつなら)駅(近

記事を読む

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その1-東長崎、本鵠沼、鵠沼海岸、藤沢、石上、柳小路、鵠沼、湘南海岸公園、鎌倉(西武池袋線/小田急電鉄江ノ島線/江ノ島電鉄)

鉄旅日記2017年11月12日 2017・11・12 8:52 東長崎(ひがしながさき)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その2-生駒、鳥居前、宝山寺、生駒山上、布施、俊徳道、JR俊徳道、河内山本、信貴山口、高安山(生駒ケーブル/奈良線/大阪線/信貴線/西信貴ケーブル)

鉄旅日記2017年3月18日 8:36 鳥居前(とりいまえ)駅(生駒ケーブル 奈良県)

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑