*

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】2日目(高岡-金沢)-高岡駅前、越ノ潟、高岡、氷見、高岡、城端、金沢(万葉線/氷見線/城端線/北陸本線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/26 旅話, 旅話 2007年

鉄旅日記2007年1月7日・・・高岡駅前駅、越ノ潟駅、高岡駅、氷見駅、高岡駅、城端駅、金沢駅(万葉線/氷見線/城端線/北陸本線)
2007・1・7 スーパーホテル高岡駅前711号
新年が開けて1週間。
高岡に正月ムードはすでになく、昨夜は雷とともに雨から雪に変わったようだ。

そうだった。
オレは雪景色を見にきたんだ。

北陸の冬には必ずそれがあるから。

19:04 金沢セントラルホテル802号
越ノ潟、高岡、氷見、高岡、城端、高岡、金沢。

大荒れの一日だった。
さすがのオレも寒さにやられて、この時間帯からホテルで酔っている。

金沢についてはまだ何も記せることはない。
ただ、駅前に限った話では大きく変貌していた。

あれは9年前だった。

高岡で味も素っ気もない朝食をとって街に出る。
昨夜の雪が街路を薄く白に染めている。

地下通路を抜けて、万葉線が走る高岡繁華街口へ。
威厳のある駅舎に、そこに連なる錆びた駅前ビル。

万葉線高岡駅前駅の頭上に聳えるホテル。
北陸の雄都としての風格を持つ駅前風景だった。

天がその頃に降らしていたのは霙だった。

万葉線に乗り込むと車掌が天気の話を振ってくる。
同じように寒い東北じゃ人々は無口だが、北陸じゃ人情が違うようだ。
北海道の開拓民は、その多くが北陸人だったと親父から聞いたことがある。

車内は暖かかった。
向かう先は新湊だということを知った。

坂を下って、高岡の街が遠ざかる。
利用者は極端に少ない。

約40分。
終点の越ノ潟で降りたのはオレひとりだった。

そこは閑散とした波止場で、船が待っている。
「乗るか?」と聞かれ、この先には何があるのかと聞くと、「何もない」とはにかむように男は答えた。

乗っていた客はいたのだろうか。
やるせないといった風情で男は船に戻り、やがて出港した。

ほんの少しの後悔があった。
盛大に雹が降ってきたのはその時だった。
ケータイに収まった波止場の風景はそのせいで滲んでいる。

高岡までオレを運び返す2両編成がやってきた。
新型車で素晴らしい乗り心地だった。

途中には見所もある。
義経伝説が残る渡し場では、伏木に渡す船が待っていた。

外は冷たい雨。
そんな天気じゃなかったら飛び乗っていたかもしれない。

この天気のせいで歩き回ることはできない高岡を、路面電車からもう一度見ておきたいという欲求とぶつかって、車内に残ることを選んだ。
その甲斐もあって高岡を知った気にはなれた。

荒天に北陸本線は倒れ、特急列車は止まり、待合所には情報を求める人々がすべてのベンチを埋めている。
我関せず氷見線に乗り込む。

約20分の小旅行。
氷見線は観光線のように、なかなかの賑わいだった。

雨晴海岸では岸壁に沿う。
よく晴れていれば、遠く立山連山がまるで海上に浮かぶように見えるという。

その海岸の名も義経伝説による。
海岸にある大岩の下で雨が上がるのを待った義経一行。

あの英雄の逃避行には多くの苦難があったのだろう。
吉野から北陸に出て奥州平泉まで。
各地に残る伝説を訪ねてみたい気持ちがある。

氷見駅前には何もなかった。

ブリが揚がる港まではそこそこ歩かなければならない。
そうさせなかったのは雨。
旅に天候は関係ないとはいえ、今回は多くの邪魔を受けた。

氷見駅では弁当も売っているし、「駅そば」もある。
廃線が検討されている数多のローカル線があるが、氷見線はそのグループにはいないようで、帰りの高岡行は満席で、終点まで立ちっ放しだった。

高岡駅に戻る。
ここは今日のベースキャンプ。
煙草を吸ったり、駅ビルの2階を覗いたりして時間を潰し、城端線へ。
かつての岐阜駅前ビルや大津駅のように、高岡駅の上層階はほぼ機能を失っていた。

砺波、福光。
知名度を持つ町を過ぎていくが、閑散とした一帯だった。
砺波も福光にも駅に人の姿はなく、約1時間で終点の城端へ。

越中の小京都と謳われる町は遠かった。
駅前には商店も食堂もなく途方に暮れた。

高岡に戻る列車が出るのは1時間後。
決心して歩き出した。

小雪が舞う中、坂を上がっていく。
やがてある地点に出た。
交差点周辺に心許ない商店街があり、名刹に突き当たる。

あたりは寺町で、多くの寺社があり、店がいくつかある。
鰻の看板を掲げている店を覗いたが人の姿はなく、隣のイタリアン・レストランへ。

ビールとパスタ。
2階では地元の婦人連が会合を開いていた。

帰り際にお店の女将さんに、このあたりは高岡より雪が深いのかと聞くと、無口に見えた彼女は滑らかに話し出した。
雪の質が違う。
金沢あたりとも違う。
五箇山は雪深い。

駅に戻り、うっすらと見える五箇山に思いを馳せ、大昔に読んだ新田次郎作の悲恋を思い出していた。

戦国時代に五箇山には鉄砲工場があった。
そこに忍び込んで門外不出の情報を盗みとろうとした甲斐武田家の間者と村の女の話で、秘密を手にした男を女は逃がし、逃げた男が数年を経て五箇山を訪ねると、女は処刑されていたことを知る。

五箇山の手前には白川郷もある。

三度、高岡へ。
特急列車を止めた荒天は在来線をも狂わせている。
迷ったが、土産を購入することにした。
彼女へ黒部峡谷ビールを。

いよいよ金沢へ。

石動、倶利伽羅、津幡。
未練はあった。
津幡では七尾へ向かう列車が待っていたのに。

金沢に到着したのは16:00頃。
9年前に思いを寄せていた女性と待ち合わせた改札前広場は、変わったとも変わっていないとも言えなかった。

駅前は北も南も変貌していた。
あの頃は田舎駅の風情が残っていたが、今はもうない。

オレの歴史も塗り替えられる。
彼女にはもう何年も会っていない。
この先も会うことはないだろう。

風が強くて帽子を飛ばされた。

北陸鉄道は地下から出る。
それに乗るつもりでいたが、寒さに随分やられて、もう違う場所に行く気力はなく、駅の食品街を物色して、流行っているおでん屋に入って酒を飲んだ。

今夜、金沢を表現することは残念ながらできない。

関連記事

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その2-土合、越後湯沢、大沢、上越国際スキー場前、越後堀之内、小出(上越線)

鉄旅日記2018年3月3日・・・土合駅、越後湯沢駅、大沢駅、上越国際スキー場前駅、越後堀之内駅、小出

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・羽咋駅、七尾駅、穴水駅、和倉温泉駅、北鉄金沢駅、内灘駅、粟ヶ崎駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

車旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を通過して塩尻峠を下りていく。 塩

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日・・・日出塩駅、贄川駅、村井駅、上諏訪駅、日野春駅、西国分寺駅、新松戸駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その3‐多賀城、高城町、石巻、鹿又(仙石線/石巻線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・多賀城駅、高城町駅、石巻駅、鹿又駅(仙石線/石巻線) 12:44

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その4‐多治見、坂祝、美濃太田(太多線/高山本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・多治見駅、坂祝駅、美濃太田駅(太多線/高山本線) 14:19 多治

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線) 2019・3・

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ博多フレックス21 507号 とうと

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その1-越前大野、南今庄、敦賀、武並(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2018年10月7日・・・越前大野駅、南今庄駅、敦賀駅、武並駅(越美北線/北陸本線/東海道本

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その2-青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年7月18日 15:24 青海川駅(7月16日の長岡駅より893㎞) 日本一、海

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑