*

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/04 旅話 2014年

鉄旅日記2014年11月3日その1
日進~土呂間(徒歩)
日進駅(にっしん)駅(川越線 埼玉県)にて

宮原(みやはら)駅(高崎線 埼玉県)にて

加茂宮(かものみや)駅(埼玉新都市交通 埼玉県)にて

北大宮(きたおおみや)駅(東武野田線 埼玉県)にて

大宮公園(おおみやこうえん)駅(東武野田線 埼玉県)にて

2014・11・3 7:21 土呂(とろ)駅(東北本線 埼玉県)
朝一番の西武線で出かける。
随分と星が出ていたっけな。

歩き始める駅は川越線日進駅。
旧街道の面影を感じる駅前で、昭和的な懐かしさを感じる。

約15分の北上。
生暖かい風から冷たい風に変わる。
高層マンションとイトーヨーカ堂。
そんな風景がやけに増えた。
何の変哲もない道を往くと宮原駅の入口はすぐに分かった。

大宮へと続く中山道の脇に広がる東口に僅かな繁華を見て今度は南へ。
街の風景に変わりはないが、時に鄙も混じる。

新幹線の高架に沿う加茂宮駅で小休止。
これといった感慨はない。

やがて通りに大宮アルディージャのフラッグがはためく頃になると街も華やいでくる。
北大宮駅はそんな華やぎに隠れるように存在する小さな駅だった。
駅前通りも狭い。
駅は東武ストアを併設し、頭には集合住宅を乗っけている。
そこから大宮公園は遠くない。

氷川神社、NACK5スタジアム、県営球場には寄らず、池を左に見ながら公園を抜けて大宮公園駅へ。
黒い造作の木造駅舎に感動した。
駅前風景で覚えているのは日本海庄屋があったことくらいだが。

「かえで」、「しで」の盆栽通りを1キロ歩けば土呂駅に着く。
80分の徒歩行だった。
それでこうして朝からビールを飲んでいる。

鷲宮(わしのみや)駅(東武伊勢崎線 埼玉県)にて

8:53 東鷲宮(ひがしわしのみや)駅(東北本線 埼玉県)
鷲宮で60分を過ごしている。
空の広い何もない道を東武伊勢崎線鷲宮駅まで往復する。

東武ストアが撤退したスペースが活用されることもないまま放っておかれている鷲宮駅。
まるで巨大な倉庫跡のようだった。
寂しいくらいにガランとしている。

JR駅周辺には百観音温泉と上品な女性が経営する喫茶店だけがある。
中学生の自転車通学者がヘルメットを着用している地域だ。

東鷲宮駅は上りホームが高架になっている。
階段を上がっていくと最初に見えたのはきれいな秋空だった。
そう言えば道々に柿が生っていたっけ。

9:14 栗橋(くりはし)駅(東北本線 埼玉県)
埼玉の東の外れの町に静御前の墓が伝わっている。
どうやら真偽は定かじゃないらしい。
源義経を愛し、鎌倉で悲しい目にも遭い、喜怒哀楽の果てに病んだ彼女。
きっと年も若かったのだろう。
哀れに思う。

駅前商店街を外れると田舎町だ。
さっきから鄙を感じている。

江戸時代には宿場とともに関所があったという。

新古河(しんこが)駅(東武日光線 埼玉県)にて

渡良瀬川にて

10:34 古河(こが)駅(東北本線 茨城県)
この街は元から常陸国だろうか。
東北本線中、唯一の茨城県の駅は文化都市の玄関口だった。

文学館、歴史博物館やらが案内表示に現れ、駅は賑わい、常磐線の街とは色合いを異にしている。
渡良瀬川を渡った先にある新古河駅までを往復する。

渡良瀬川一帯は埼玉、茨城、栃木、群馬4県の境で、新古河駅は埼玉県に属しているようだ。
駅前には大きな鰻屋があるだけで、一日を通して閑散としていそうな一帯だった。

堤防を歩くと昭和の台風で決壊した地点を伝える碑があった。
渡良瀬遊水地へ足を伸ばすのはあまりに遠くて諦めた。
それでもここ古河にも60分の滞在。

11:03 野木(のぎ)駅(東北本線 栃木県)
町制施行記念館に教えられる。
曰く、「夢なき人生に成長なし」。

歩くアテの見えない駅前にセブン-イレブンがある。
すっかりコンビニ飯に慣らされてしまったが、唐揚棒もアメリカンドックも本当に美味くて、しかも安い。
駅前の噴水広場でビールと煙草を楽しむ。

予報通りよく晴れているが風が強い。
関東平野は果てることなく続き、人々の暮らしもこの広大な平野で、果ては見えない。

11:21 間々田(ままだ)駅(東北本線 栃木県)
「決断の街」小山のひとつ手前。
駅前の歴史案内には関ヶ原と平将門の文字が目立つ。

天下分け目の合戦へと大返しをした覇王徳川家康の決断と分岐点となった地、小山。
そして日光へと続く道。

案内板に記されている過去と現在とで、おそらく間々田に課せられた地理的な役割は変わっていないだろう。
ただ、戦乱は今じゃ歴史書にだけ存在し、日光へと向かう道は他に便利なものが整備されたことにより、400年前のようにこの町が再び表舞台に登場する機会を想像できない。

退屈した気持ちで下り列車を待っている。

12:40 岩舟(いわふね)駅(両毛線 栃木県)
小山で両毛線に乗り換える。

今日はあたたかいな。
風が収まる気配はないが、弱まる時はとても心地よく、日差しはさんさんと降り注いでいる。

特に目につくものがない場所に駅があり、列車は止まり、降りて途方に暮れている。
岩舟観音というのが進行方向右手の岩山に祀られているようだ。
車内から稜線の端に突兀とした奇岩が見えた。

上州へ向かうこの路線には東武伊勢崎線同様にブラジル人をはじめ様々な人種が乗り込んでいる。
4月には太田で道を聞かれ、さっきの小山では年若い二人の女性に、今ここに停車している列車がどこまで行くのかを聞かれた。
彼女たちは伊勢崎に行きたいらしいが、残念だが次のは桐生までしか行かない。

関連記事

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月22日その2 13:31 南条(なんじょう)駅(北陸本線 福井県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その2-浜原、粕淵、明塚、石見簗瀬、口羽、宇都井、伊賀和志、三次、矢賀、水尻、かるが浜、呉(三江線/芸備線/呉線)

鉄旅日記2014年8月16日その2 浜原~石見簗瀬間(徒歩) 浜原(はまはら)駅(三江線

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】初日(東京-鬼怒川温泉)-下今市、新藤原、川治湯元、川治温泉、湯西川温泉、龍王峡、鬼怒川公園、新高徳、鬼怒川温泉(東武鬼怒川線/野岩鉄道)

鉄旅日記2014年12月6日 2014・12・6 11:09 下今市(しもいまいち)駅(東

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日 2014・4・6 11:01 館林(たてばやし)駅(東武伊勢

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2 瓜連(うりづら)駅(水郡線 茨城県)にて 1

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日 鬼怒川温泉駅から徒歩10分の鬼怒川の眺め 小佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その2-山田上口、宮川、川添、伊勢柏崎、尾鷲、新鹿、熊野市、紀伊勝浦(参宮線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その2 14:56 山田上口(やまだかみぐち)駅(参宮線 三重県

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】4日目(米子-呉)その1-米子、安来、来待、西出雲、弘南、温泉津、波子、浜田、石見川本(山陰本線/三江線)

鉄旅日記2014年8月16日その1 米子(よなご)駅(山陰本線/伯備線/境線 鳥取県)にて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑