*

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】2日目(新潟-象潟-田沢湖付近)-道の駅豊栄、道の駅加治川、道の駅朝日、道の駅鳥海、蚶満寺、道の駅西目、八津駅

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年8月14日
1997・8・14 4:35 7号国道‐豊栄(道の駅)
出発。
友との再会に向けて。

夜は完全に明けていない。
でも紛れもなく朝がやってきている。

これから空は一番美しい時を迎えるだろう。

5:23 7号国道‐加治川(道の駅) 408㎞
北に来ると朝が涼しい。
涼しいというよりもむしろ寒い。

道のコンビニに寄り、おにぎりを頬張り、ここでリラックスの時。
体は正常に機能している。
そして気温はだんだんと上がっていく。

まだ完全に眠りから覚めていないけど、走るにはいい時間帯だ。
緑がまぶしく空が広い。
田園地帯には薄い靄が立ち込めて、幽玄さをまとう。

さらにこれからどんな朝の景色が見られるだろう。

ここではオレと同じように歯ブラシをくわえて、眠たげに便所にやってくる男たちと出会った。

うん、おはよう。
いい朝だ。

6:10 7号国道‐朝日(道の駅) 445㎞
いい朝がきている。
いい天気だ。

路上を太陽が照らし、一瞬オレは隠れようとした。
何より太陽が一番偉大で、一番美しい時があった。

山々には重層な靄がかかっている。
この世で動き出している人間はまだまばらだろう。

人の動きとともに自然はその本来の姿を隠してしまう。
だが今オレはそれを目にしている。

車を止めないわけにはいかなかった。

7:12 7号国道‐温海(道の駅) 486㎞
ここで日本海を眺めるのは2度目になる。
海ほど見ていて飽きないものはない。

同じように2人の中年男性が石に座ってじっと眺めていた。
何か思うところがあるのだろう。
今からあの場所に戻っても、まだそうしているかもしれない。

11月にはここで彼女への土産を購入した。
この記憶を共有できる者を持たないが、いい思い出になっている。

今回はもっと先へ行く。
ずっと先に行く。
きっと気に入った場所も見つかるだろう。

さっきはライダー姿の素敵な女性を見つけた。
しばらく見惚れたよ。

8:53 7号国道‐鳥海(道の駅) 560㎞
みんなそれぞれの夏を楽しんでいる。

上半身裸で自転車にまたがった2人の外人。
さらに2人の青年。
行きつけの海岸にでも向かったのだろう。

こういう場所に来て感心するのは、みんな遠出の楽しみ方を知っていることだ。
それぞれのスタイルで、ソフトクリームをぱくついたりしている。

オレもオレだ。
なかなか見かけないスタイルでいる。

約束の場所に行けば、もう一人似たような男が待っている。
彼は今頃どこらあたりを走っているのだろう。
オレの方は約束の時間を守ることができるだろう。

日本海が素晴らしい。
田園風景も申し分ない。

太平洋側よりこっちを気に入っている。

この喜びを分かち合える者もまた持たないけれど。

9:54 蚶満寺 578㎞
ここに立ち寄れる時間ができてよかった。

旅には早起きが必要だ。
この場所をとても気に入っている。

雨の九十九島もよかったけど、やはり風景の基本は晴天のようだ。
石に座ってしばらく九十九島を眺め、心置きなくのんびりしたよ。

風景に動きはなく、時折鳥や人が参加する。
オレの後ろからこの風景を眺めていた者は、微動だにしないひとりの男の背中と一緒に九十九島を覚えているだろう。
もっともそんなヤツがいた気配はないけれど。

この寺も賑わってきた。
もう行くとしよう。

約束の時間まであと3時間。
旅に一番相応しくないのは焦燥だから。

トイレのチップボックスには前回よりも多くのコインを入れられたはずだ。
それだけでも満足。

10:35 7号国道‐西目(道の駅) 602㎞
もうじき友に会うためのルート変更地点。
そしてそこからオレの道はさらに北へ延びる。

前回はここを最北の地として東京へ帰った。

旅はいよいよこれから。

さあ体を伸ばしておこう。

13:00 八津駅 690㎞
約束の場所に、約束の時間に着いている。

ここは再会の場所に相応しいとも言えるし、またその逆もありうる。

だいいち駅への案内表示が見当たらない。
さっきの勘が働かなければ、ここを探し出すことは不可能だっただろう。

そういうわけで彼がここを探し出せる保証はない。
それにしてもローカル線らしい駅だな。

周囲には誰もいない。
列車がやってくる気配もない。
便所はあったが使わなかったよ。

彼はやってくるだろうか。

まだ25分の猶予はあるが。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】2日目-友人夫婦と過ごした一日

鉄旅日記1996年5月4日 1996年5月4日の記憶 一夜明けた。 友人夫婦はそこ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

鉄旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固か

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その2-大塚山古墳群、会津若松、芦ノ牧温泉、大川ダム公園、芦ノ牧温泉南(会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月3日 11:12 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越西線/只見線/

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その2-猪苗代、磐梯町、安子ヶ島、磐梯熱海、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2018年4月1日 12:28 猪苗代(いなわしろ)駅(磐越西線 福島県) 黒磯

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日 2018・3・24 12:17 練馬区役所 役場の薄暗い転

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その1-会津若松、広田、野沢、徳沢、津川、五十島(磐越西線)

鉄旅日記2018年3月4日 2018・3・4 7:31 会津若松(あいづわかまつ)駅(磐越

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45 東京 ルートは決まった。

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日 2018・3・3 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑