*

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

公開日: : 旅話, 旅話 1997年

車旅日記1997年8月13日
1997・8・13 10:30 東京町田
出発が遅れている。
急ぐべきだが、ひどく楽観的でいる。

部屋には60年代のザ・ローリング・ストーンズが流れている。
とても陽気な音楽だ。

これからのルートには渋滞をはじめ、様々なものが待っているだろう。
友も待っている。

長い夏の日々がこれから始まる。

13:52 東福生駅 35㎞
東京脱出はスムースにいっている。
今までなら、このあたりじゃ表情に苛立ちを浮かべていたはずだけど、今回にはそれがない。
3曲目が流れた時に忘れ物に気づき、少し気持ちを曇らせたけど、それも解消している。

地図を見たら今夜どこまで行くべきなのかも明確になった。
それは決して無理な要求じゃない。
かなり調子も上がっている。

ここに来るといつも思い出す女性がいる。
彼女が今どこでどうしているのか知らないけど、彼女を想っていた頃はこの先に住んでいた。

毎年暑中見舞いを送ったよ。
去年も確かそうしたはずだ。

今年はどうすべきか迷っている。
オレたちはだいぶ離れてしまった。
元気でいるだろうか。

車を止めるとラジオから高校野球の実況が聞こえてくる。

そう、今は夏。
思い出深い夏を生きている。

14:45 407号国道‐山田うどん 79㎞
どこらあたりだったか覚えていないが、急に涼しくなった。
きっと東京圏の暑さは異常なのだろう。

蝉の声が夏の盛りであることを告げている。
空は時折雷の音を聞かせてくれる。

ここから見える風景に人間は参加していない。
バラック小屋のようなうどん屋にも人の姿はあまり見られなかった。
まだ15:00前だが、ここには黄昏時のような倦怠感が漂っている。

ここに立ち寄るまで、車を走らせているオレが、自分とは違う何か別の生き物のように感じながら、ひどく客観的な気分で永ちゃんを聞いていた。

一体この男はどこへ行くつもりなのかと思いながら。

これで旅は何度目になるのか。
すべて忘れてしまった。

甲子園では熱戦が続いている。

17:08 17号国道‐前橋市田口町 145㎞
確か去年もこのあたりで渋滞に遭った。
雨が夏らしい姿で降りてきている。
一年振りの今井美樹の声はとても澄みきっていて妖精的だ。

ソープランドに車を入れる男。
カーネル人形に水を浴びせる魅力的な少女。
70㎞をぶっ通しで走ってきた。

見事な川の流れを眼下に見る。

18:10 17号国道‐月夜野道路情報ターミナル 175㎞
上州路は前橋を過ぎて旅情を身につけた。

川の流れ。
夕日を背にして立つ男。
雲は男らしい姿の断層を見せながら空に浮かんでいる。

さっき夕暮れの日差しを浴びた時、心の中で歓声を上げた。
来てよかったよ。

甲子園の熱戦は続き、これから三国越えに入る。
記憶では、猿ヶ京の湖城閣はまだオレのようなヤツを受け入れているはずだ。

いつも思うが、旅の喜びはほんの一瞬のうちにやってくる。
残りの時間は、日常とは違う視線でただ車を走らせているに過ぎない。

そしてこうしてまたオレはその一瞬の喜びを求めて旅に出ている。
その喜びをさっき得た。
これからもあるだろう。

人に言って理解を得られるものじゃないようだ。
だからこうしていつもひとり。

この旅の理由を気に入っている。

19:10 奥平温泉遊神館 189㎞
赤焼けの農村を走り、甘い香りのする温泉宿に立ち寄った。

多くの男が裸で集まる浴場というのは平和的でいい。
気に入った集合場所といえる。
温泉以外ではこんなに人の多い場所には行かないよ。

夏の農村はいつでも祭みたいで気分が和む。
お囃子の音も日本の夏らしくていい。

空がようやく暗くなり、これから長い夜が始まる。

赤焼けに照らされた農村風景。
あれからわずかなうちに喜びがひとつ増えたよ。

20:43 越後湯沢駅 241㎞
三国越えは霧のためにかつてない難航を極めた。

さすがに交通の難所。
何が待ち受けているか分かったものじゃない。

ここで家族に電話を入れるのは3度目になる。
いつもこの駅に立ち寄っていて、記憶も層を重ねた。

今回は夕食をここで。
適当に腹も減るから調子もいいのだろう。

ひとつ心配なのは、北国が思った以上に涼しいこと。
でもどうにかなるだろう。
暑苦しいよりはいい。

3人の娘が大きな声で喋りながら町に消えていった。
東京からの避暑客なのかもしれない。

21:58 17号国道‐堀之内パーキング 288㎞
友と連絡がついた。

彼の事情からすると、16日はオレに寝床を用意できないかもしれないけど、それならそれでいい。

友との再会に多くを望む必要はない。
顔を合わせて互いの息災を確認できさえすれば、右と左に別れればいい。

地図を見た。
今夜の目標地点がかなり遠いことを確認した。

ちょうど一年前の夜はこの場所で終わったけど、今日のオレはあの日より明らかにタフだ。

11月のオレよりもタフであることを願っている。

24:20 7号国道‐豊栄(道の駅) 390㎞
ビールを2本飲んだから、今日はここまで。

去年事故に遭った場所の見分けは今夜もついた。

車をぶつけてきた青森のあの善良なおじさんは元気だろうか?
今年も同じようなシチュエーションで故郷へ帰るのだろうか。

彼のためにも願うよ。
早く日本海に沿ってハイウェイが開通しないものかと。

明日の再会場所はここからも果てしなく遠い。
どれくらい走ればいいのかよく分かっていない。
少なくとも5:00には出発しないと危険だろう。

数メートル離れたネイバーズは簡易テーブルを組み立てて一杯やりだしている。
彼らの今日もオレと同じようにここで終わり。
もう日付が変わっている。

今年のオレにはストーンズが味方についた。
彼らの音楽がオレにとって果てしない意味を持ち、こんなにもリラックスさせる。

明日も楽しみだ。
おやすみ。

関連記事

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その1(R1→湖岸道路)伏見、山科西野、大津駅、瀬田駅、守山、彦根

鉄旅日記1996年5月5日 1996・5・5 11:36 1号国道‐伏見 黄金週間の混雑

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】2日目(新潟-象潟-田沢湖付近)-道の駅豊栄、道の駅加治川、道の駅朝日、道の駅鳥海、蚶満寺、道の駅西目、八津駅

車旅日記1997年8月14日 1997・8・14 4:35 7号国道‐豊栄(道の駅) 出

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上越線 新潟県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯田(いいだ)駅(飯田線 長野県

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その1-保谷、代々木、都留市、富士山、河口湖(西武池袋線/山手線/中央本線/富士急行)

鉄旅日記2018年2月10日 2018・2・10 4:28 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その3-只見、会津川口、会津本郷、南若松、会津若松(只見線/会津鉄道)

鉄旅日記2018年3月3日 14:32 只見(ただみ)駅(只見線 福島県) 集団就職で東

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

鉄旅日記2018年3月4日 11:59 新潟(にいがた)駅(上越新幹線/信越本線/越後線/

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑