*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

公開日: : 最終更新日:2023/06/24 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年8月13日その1・・・隼人駅、鹿児島駅、鹿児島中央駅、上伊集院駅、薩摩松元駅、川内駅、出水駅、新水俣駅、新八代駅(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)
2013・8・13 5:04 隼人(はやと)駅(日豊本線/肥薩線 鹿児島県)
昨夜、楽しみにしていた「まんさくラーメン」は閉まっていた。
過去2度、車で駅前を通った際に胃袋を満たしてくれたとても美味しいラーメン屋さんだった。
地方の町だから、あるいは閉店時間は早いかもしれないと思い、竹で覆われた涼し気な隼人駅を愛でる前に見に行ったのだけれど。

その結果、駅前の「Aco-op」で九州の魚で埋め尽くされた刺身盛りを購入した。
とても美味しかったけど、ひとりには多すぎた。

今朝こうして暗いうちに隼人を離れていく。
線路と並行した駅前通りが一本あるだけの賑やかさには欠ける町で、隼人塚、鹿児島神宮が近くの名所として挙げられる。

隼人塚は列車から見える。
鹿児島神宮は、西郷さん所縁の地を謳っている。

鹿児島(かごしま)駅(鹿児島本線/日豊本線 鹿児島県)にて

鹿児島市内


6:35 鹿児島中央(かごしまちゅうおう)駅(九州新幹線/鹿児島本線/日豊本線/指宿枕崎線 鹿児島県)
車内から見える錦江湾と桜島。
平行する10号国道でも変わらずはっきりと見える。
特に竜ケ水あたりからの眺めはとても見事で、タメ息が出るほどだ。

でも今日は残念だ。
錦江湾は靄リ、桜島の姿はおぼろ気だった。
今日もよく晴れてとても暑いのだけれど。

鹿児島駅から広い街中を歩く。
要した時間は53分。
山形屋百貨店の偉容と路面電車がシンクロする様に惚れ惚れとする。

鹿児島に実家を持つ友人の話だと、週末に家族で山形屋に買い物に買い物に出かけて食事をするのが何よりの楽しみだったという。
オレにもそんな過去がある。
オレの場合は東京都町田市の小田急百貨店だが。

マイアミ通りからドルフィンパークへ。
そして大汗をかきながら、まだ完成を見ない工事中の鹿児島中央駅へ。
市内の至るところに幕末維新の偉人たちが銅像となって蘇っていた。

明治維新と世界王座交代劇の街、鹿児島。
ジャイアント馬場は昭和49年師走にこの街でジャック・ブリスコを破り、当時「世界最強の男」として称されたNWA世界王者になっている。

6:53 上伊集院(かみいじゅういん)駅(鹿児島本線 鹿児島県)
洋館風のイカした駅だ。

市内を出るとすぐに山間に入る。
住宅地ができつつあるが、まだ鬱蒼とした木立に囲まれている。

鹿児島中央から2駅。
本格的で美味しそうなパンを駅横のコンビニで購入する。

7:15 薩摩松元(さつままつもと)駅(鹿児島本線 鹿児島県)
傾斜地に建設された駅。
ホームは駅の入口から薄暗い階段を上ったところにある。

地元民の請願によって全額地元負担で駅の建設が実現したという経緯が入口に記されている。

高台にあるホームから素朴な九州の里山風景が見渡せる。

9:19 川内(せんだい)駅(九州新幹線/鹿児島本線/肥薩おれんじ鉄道 鹿児島県)
川内から先、八代までの県境をまたぐ区間は、九州新幹線開通により鹿児島本線から切り離されて、第三セクター「肥薩おれんじ鉄道」となり、乗り換えが必要になる。

乗り換え時間は5分。
青春18きっぷを見せると乗り降り自由のお得なフリー切符が購入できるが、窓口に列ができている。
駅員の段取りが悪く、乗り遅れてしまった。
オレに向かって発車した列車を止めてくれなどと言う。
さらに受け取った釣り銭が1,000円足りなかった。
結局取り戻したが、著しく気分を害する。

計画は立て直され、清潔な便所にはいけたし、思いがけず街も歩けた。
土産も買えた。
ビールも飲んだ。
もう大丈夫。

鹿児島から九州の玄関口の門司へと至る3号国道。
川内市内は、川内川の手前までがアーケード街になっている。

昨日吉松で再会した川内川はここで東シナ海に出る。
大河だ。

3号国道に並行して歓楽街がある。
日本一の大綱引きがあるそうだが、そうなると去年の夏に降りた秋田の刈和野の立場はどうなるのか。
かの地でも日本一の大綱引きを謳っている。

8年前に川内に寄った時は九州新幹線開業当初だったこともあって駅は大賑わいだった。
中には新幹線の姿を直に見るのは初めてだという素朴な薩摩人もいたことだろう。

その騒ぎはもはや落ち着き、一地方都市の姿に戻っていた。


10:30 出水(いずみ)駅(九州新幹線/肥薩おれんじ鉄道 鹿児島県)
10数分の停車。
白鳥の飛来地として知られた街だという。

以前に立ち寄った際にも見た古めかしい旧国鉄駅舎は健在だった。
使われている様子は見られない。

反対側の新幹線口を覗くことをためらい、そのままホームへと戻る階段を下った。
駅前には何もなく、街の全貌を掴むことはできない。

出水は知人の奥さんの出身地でもある。
街の明かりが見える高台で、ホタルが乱飛する様を見て仰天したと、いつか彼から聞かされた。

11:02 新水俣(しんみなまた)駅(九州新幹線/肥薩おれんじ鉄道 熊本県)
2分の停車。

3号国道沿いの新駅だ。
9年前に通ったよ。

ここには街も何もない。
肥薩おれんじ鉄道の駅舎もない。

ひとつ手前が水俣。
水俣病の話は今も続いていて、街のイメージを落としてはいるが、機会があれば降りてみたい街ではある。

12:13 新八代(しんやつしろ)駅(九州新幹線/鹿児島本線 熊本県)
八代の工場の煙突からもうもうと白煙が上がっている。

途中の上田浦あたりを日本の地中海と呼ぶらしい。
八代海の先に天草諸島が見える絶景地だ。

必死になって線路を追い、駅を探した8年前。
車窓から食い入るように眺め、あの日に車を止めた場所を特定できた。
海に面したお寺の石段下。
横溝正史の小説に出てきそうな風情漂う場所だが、2月の太陽に照らされてあの日はとても暖かく、お年寄りの話す熊本弁が新鮮だった。

今回はあっという間に通り過ぎた。
再訪の思いがもたげてくる。

ここ新八代駅は最近まで空地だったところだろう。
周囲はとても静かで何もなかったよ。
ここで鹿児島本線に乗り換える。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】3日目(鹿児島中央-西鉄柳川)その2-隼人、日当山、鶴丸、吉松、真幸、矢岳、大畑、人吉、坂本、玉名、西鉄柳川(肥薩線、鹿児島本線、西鉄本線)

鉄旅日記2015年8月14日その2・・・隼人駅、日当山駅、鶴丸駅、吉松駅、真幸駅、矢岳駅、大畑駅、人

記事を読む

2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その3-安房鴨川、江見、君津、千葉、西船橋(外房線/内房線/総武本線)

鉄旅日記2018年9月23日・・・安房鴨川駅、江見駅、君津駅、千葉駅、西船橋駅(外房線/内房線/総武

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その2(東京-宇治)-香里園、寝屋川市、門真市、守口市、淀屋橋、天満橋、中之島、樟葉(京阪本線/京阪中之島線)

鉄旅日記2015年3月21日その2・・・香里園駅、寝屋川市駅、門真市駅、守口市駅、淀屋橋駅、天満橋駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅、新白河駅(常磐線/東北

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

鉄旅日記2012年3月12日その1・・・保谷駅、稲毛駅、都賀駅、四街道駅、久住駅、下総神崎駅、松岸駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その2‐陸前赤崎、大船渡、気仙沼、一ノ関(三陸鉄道リアス線/大船渡線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・陸前赤崎駅、大船渡駅、気仙沼駅、一ノ関駅(三陸鉄道リアス線/大船渡

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】最終日(若松-東京)若松、折尾、黒崎、黒崎駅前、戸畑、小串、長門市、益田、津和野、山口、新山口(筑豊本線/鹿児島本線/山陰本線/山口線)

鉄旅日記2009年9月23日・・・若松駅、折尾駅、黒崎駅、黒崎駅前駅、戸畑駅、小串駅、長門市駅、益田

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1・・・新南陽駅、新山口駅、阿知須駅、宇部新川駅、小野田港駅、下関駅

記事を読む

「鉄旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】初日-平塚、国府津、沼津、掛川、三河大塚、尾張一宮、岐阜(東海道本線/御殿場線)

鉄旅日記2006年7月15日 2006・7・15 20:30 東横イン名鉄岐阜813号 暑い朝だ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その1-金町、大垣、米原、近江塩津、王子保、湯尾(常磐線/東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2018年10月6日・・・金町駅、大垣駅、米原駅、近江塩津駅、王子保駅、湯尾駅(常磐線/東海

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑