*

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その2-宮崎、清武、田野、山之口、西都城、餅原、都城、京町温泉、えびの、吉松(日豊本線、吉都線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 * 結婚後2013年

鉄旅日記2013年8月12日その2
13:30 宮崎(みやざき)駅(日豊本線/日南線/宮崎空港線 宮崎県)
さすがに宮崎。
ビールが冷えている。

9年前の夜は閑散としていた駅へ車の列は続き、人は流れ、ホームには次々と電車がやってくる。
南国宮崎らしい暑い一日が訪れている。

大淀川を越えると南宮崎。
これだけの大河を間に置いていれば、宮崎と南宮崎で文化も違うことだろう。

13:45 清武(きよたけ)駅(日豊本線 宮崎県)
数分の停車。

海国ではなく、山国宮崎の入口みたいな駅と町だ。
清潔感がある。
意外だが駅員がいる。

発車して5分。
列車は山林と畑地の中を走っている。

14:00 田野(たの)駅(日豊本線 宮崎県)
数分の停車。
太陽益々盛んだ。

「わにつか堂」という菓子屋が駅に入っていて、ひとりの若者が表のベンチでかき氷と格闘していた。

駅前の大きな案内板には古墳その他歴史的なものは何もなく、ただ田野町の機能がどこにあるのかが示されていた。

14:25 山之口(やまのくち)駅(日豊本線 宮崎県)
数分の停車。
駅員はいないが、あまり見かけたことのない外観が立派な駅を降りると郵便局があって、一杯飲み屋がある。

日豊本線と並行する道に出たら何を見ただろう。
ここには町があった。

14:57 西都城(にしみやこのじょう)駅(日豊本線 宮崎県)
ここも再訪。
前回は8年前の2月だった。
正確にはもう思い出せないレベルの過去だ。

何か変わったという印象は受けない。
国道に面したシュールな構造物を見て記憶も蘇った。

ビールを買った酒屋で四万十市がとうとう気温41度を記録したと聞いた。

一つ手前の都城から吉都線に乗るが、乗り換えまで時間があるので都城を越して、宮崎方面に戻る。

15:31 餅原(もちばる)駅(日豊本線 宮崎県)
西都城から3駅宮崎方面に戻る。
約1時間前の山之口駅はさらに宮崎方面へ1駅目。

真夏の南国。
ド田舎の駅にひとりという状況を描いたけど、先客が二人いる。
知ったことではないが、彼等の今日一日に興味はある。
1時間前に乗っていた西都城行の列車でこの駅に降りたのは見ていた。
それからまだそこに座っていたのかと。

行きの車窓から眺めていて駅舎もなければ周辺にも何もないことは分かっていた。
でも駅から数段の階段を上がった先に見える原野のような風景に用があった。
トウモロコシ畑と肥溜めの匂いが漂い、老農夫はのんびりと車を動かし、普段のオレの生活に見られるものは何もなく、普段想像もしていないものだけがあった。

文明に見放されているという者もいるだろうけど、オレはそれを文化と呼ぶ。

再び都城方面へと戻る。


16:07 都城(みやこのじょう)駅(日豊本線/吉都線 宮崎県)
街に戻って、覚えているものもあれば、忘れているものもある。
たぶん後者の方が多いだろう。
だから離れ難かった。

駅も記憶より立派で、なぜかその事実に接して、あらゆる意味であの頃は自身の完成には程遠かったのだと知った。
もちろん今も完成を目指しているところだけれど。

列車は都城を出てからもう30分になろうとしている。
突然の夕立が都城を出てから早々に降りていった若者たちを濡らし、最近の暑さで熱を溜め込んだ九州の大地を冷ますかと思ったが、高崎新田に至ると雨が落ちた形跡すらなかった。

18:00 京町温泉(きょうまちおんせん)駅(吉都線 宮崎県)
ひと雨降って涼しくなり、また蒸してきた。

8年前に見た、いくつものぼんぼりに照らされた冬の温泉街は幻だったのか。
それに類する光景は駅周辺には見られない。

駅周辺に点在する温泉街は京町銀天街から成っている。
閉鎖され打ち捨てられたままの旅館、いくつものスナック、フィリピンダンサーズを雇うクラブ、猫が居座る足湯場。

この温泉街は営業しているのだろうか。
一向に灯を入れそうにない温泉街のたたずまいはこの駅の無用なまでに長いホームに通じるものがある。
都城でも感じたよ。
栄光が去ったあとに残るものには哀しさがつきまとう。
まるで人生のように。

吉都線開業100周年だという。
当り前のように動いている鉄道だが、よくもまあと思う。

煙草がやけに美味くてこれから2本目に火をつける。
ビールはもう空だ。
思いがけず、だけどごく自然に、望んでいた時間が訪れた。

あとはこうして蝉の声を聞きながら列車が来るのを待てばいい。
じきにくる。
踏切の警笛が聞こえてきた。


18:40 えびの駅(吉都線 宮崎県)
ひと駅戻る。

開業当初は「霧野」という駅名だったらしい。
その頃からのものと思われる歴史的建造物に腰掛けている。
オレにはこれを懐かしいと喜ぶ心がある。

駅を出て、街には見るべきものは何もなかったが、改装が終了してたくさんの人を集める東京駅より、オレはここにいたい。

七夕飾りはそのままに、夏はまだ続く。
たまらない風情と愛すべき本物の日本の夏がここにある。

そして夕暮れを迎える。
秋の訪れの前に駅はビヤガーデンになるという。




19:34 吉松(よしまつ)駅(肥薩線/吉都線 鹿児島県)
南国の人懐っこさに、酒屋のご主人に「いい夕暮れですね。」と声をかけた。

吉松では時間がありすぎると思っていたが、愛すべきこの国の夕暮れをまたしても堪能できた。
暮れゆく本願寺派のお寺。川内川は霧島が源流か。ここで再会できてうれしい。商店の灯は僅かで夜の早い町、湧水町。

吉都線に入ってから、この旅はやけにロマンティックなものになった。

これから肥薩線で隼人に向かう。


関連記事

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、関東途中下車旅】その2-結城、下館、川島、岩瀬、笠間、十王、小木津、磯原、湯本、内原、羽鳥、土浦、ひたち野うしく(水戸線、常磐線)

鉄旅日記2013年3月31日その2 12:03 結城(ゆうき)駅(水戸線 茨城県) 関東

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】2日目(徳山-南宮崎)その1-徳山、長府、西小倉、城野、行橋、新田原、中津、中山香、高城、佐志生、熊崎、上臼杵、臼杵(山陽本線、日豊本線)

鉄旅日記2013年8月11日その1 2013・8・11 5:30 徳山(とくやま)駅(山陽

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その1-隼人、鹿児島、鹿児島中央、上伊集院、薩摩松元、川内、出水、新水俣、新八代(日豊本線、鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2013年8月13日その1 2013・8・13 5:04 隼人(はやと)駅(日豊本

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 2013・4・6 13:46 米原(まいばら)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】4日目(隼人-岩国)その2-熊本、久留米、鳥栖、吉塚、長者原、古賀、東郷、赤間、幡生(鹿児島本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月13日その2 13:00 熊本(くまもと)駅(九州新幹線/鹿児島本線

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その2-源道寺、入山瀬、下部温泉、塩之沢、甲斐常葉、市川大門、甲府、新府、穴山、東山梨、東所沢(身延線、中央本線)

鉄旅日記2013年3月3日その2 12:23 源道寺(げんどうじ)駅(身延線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】3日目(南宮崎-隼人)その1-南宮崎、伊比井、北郷、飫肥、日向大束、志布志、油津、日南、木花、田吉、宮崎空港(日南線、宮崎空港線)

鉄旅日記2013年8月12日その1 2013・8・12 5:30 南宮崎(みなみみやざき)駅(日豊

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日 2013・8・14 4:50 岩国(いわくに)駅(山陽本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

鉄旅日記2013年2月17日その2 17:32 久留里(くるり)駅(久留里線 千葉県)

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その1-打田、妙寺、高野口、橋本、五条、吉野口、法隆寺、平城山、木津、京田辺、四條畷、住道(和歌山線、関西本線、学研都市線)

鉄旅日記2013年4月7日その1 早朝、和歌山(わかやま)駅(紀勢本線/阪和線/和歌山線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    PAGE TOP ↑