*

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その1-長岡駅、小出駅、田子倉駅、只見駅、会津水沼駅、会津坂下駅、猪苗代駅

公開日: : 旅話 2005年

車旅日記2005年7月16日
2005・7・16 9:38 長岡駅
MAXトキ307号で北越の街へ。

東京で散々やっていた「人体の不思議展」がこの街にも回ってくるらしい。
駅にポスターが貼られていたよ。

朝には視界を危うくするほどの大雨が降ったという。

寂しい駅頭に古い道。

長岡人は優しかったよ。
タクシー運転手もトヨタレンタカーの店員も。

2009年7月20日撮影

11:08 小出駅(7月16日の長岡駅より40㎞)
最初の目的地、小出郷へ。
この町で、不沈艦スタン・ハンセンと喧嘩番長ディック・スレーターが強力タッグ・チームを結成して、天龍源一郎、阿修羅原の龍原砲に挑んだのは随分前のことになる。

雪国を実感させる古いアーケード街に時代が映り、古ぼけた廃屋の前で老人がバスを待っている。

駅舎は雪国でよく見かける横に長い平屋造り。
崖と川に挟まれた狭い地点に立つ。
きっと雪下ろしに適した構造なのだろう。

駅前には川喜旅館という素敵な旅館と、HOTEL OKABE。
旅館では腹の出たオッサンが裸のまま外を眺めていた。
一風呂浴びてきたところだろう。

町の中心は川向うにある。

長岡でも日は差したが、今差している日差しは夏を予感させる。
オレの神様は北越の地でも健在だ。

今年初めて夏の虫の声を聞いた。
東京でも鳴き始めているのだろうか。
オレが暮らすあたりじゃ、ほとんど聞こえてこない。

この町から会津へと線路が延びる。

2018年3月3日撮影

12:22 田子倉駅(7月16日の長岡駅より87㎞)
日が差してきた。
風が心地いい。
川のせせらぎが聞こえている。

ここは鉄道ファンの間では有名な駅らしい。
国道沿いに壊れかけたようなプレハブが建ち、そこに駅名が記されている。

「工事関係者以外立ち入り禁止」とでも書かれていそうな入口をくぐり、心細い階段を下りたところにホームがある。
駅員の姿はなく、雑記帳が置かれている。
スノーシェッドに覆われ、まるでトンネルの中のようだ。

田子倉湖では一年中溶けない雪を見た。
道は険しく、何度もスノーシェッドを潜る。

幕末の長岡。
武装中立の方針をたてた長岡藩家老、河井継之助。
彼の願いは容れられず、新政府軍は長岡へと乱入。

長岡城を奪われたが、奪い返す。
奪回へと押し寄せる新政府軍を大手門で迎え撃った長岡武士。
新兵器ガトリング砲が火を噴く。
河井継之助は自らこの兵器を操作したという。

やがて落城。
傷ついた彼はこの道を会津に向かい、途中で果てる。

12:47 只見駅(7月16日の長岡駅より99㎞)
機械音のような蝉の声がまとわりつく駅。

人々が集まっている。
広い駐車場があり、古くて大きな旅館がある。

山間の寂しい駅だが、集った人々は次の汽車の到着を待っている。
SLを走らせる駅であり、周囲には登山者を喜ばせる山がある。
ただ、ここじゃメシにも煙草にもありつけない。

険しい山路はひとまず終わったようだが、会津まではまだ遠く、人の姿は稀だ。

2018年3月3日撮影

13:35 会津水沼駅(7月16日の長岡駅より135㎞)
梅雨明けはまだだが、夏はすでに来ている。
蜩はささやかに奏で、油蝉はどこでも元気だ。

草が香る。
只見線は会津に入ってもなお好みの風景を保ち、名所になりそうな鉄橋や石橋を架けて線路を渡している。

蝶が舞い、気づくと日が差している。
太陽が気にかけてくれているみたいで、気分がいい。

あたりに集落はなく、会津の中心若松は遠いけど、古くから敷かれている線路にオレは未来を感じている。
不思議な気持ちだし、この感覚は感動に近い。

とても利用者が多いとは思えないこの小さな駅も禁煙とある。

14:30 会津坂下駅(7月16日の長岡駅より170㎞)
七夕飾りがいくつか下がり、風鈴が揺れている。

品揃えの少ない食料品店で昼食を調達したらライターをくれたよ。
新潟も福島も人情がいい。

広い駅前と駅前通りだが、閑散としていて、けだるい午後の空気が流れている。
只見線に沿って走ってきたが、それもここで終わり。

春日八郎の銅像が立っている。
彼の故郷だという。

会津には思い入れがあるが、また今度だ。
次に来る頃には会津ナンバーの車が行き交っていることだろう。
かつて辛酸を舐めた会津人の誇りは、それである程度埋められるかもしれない。
賊軍としての歴史はとうに終わっている。

それにしても会津盆地が懐かしい。
今日もあの風景に海を感じた。
そこに海なんかないのに。

あれから。
初めてひとりで旅に出てから、ちょうど10年になる。

15:20 猪苗代駅(7月16日の長岡駅より202㎞)
猪苗代湖の姿は僅かに覗き見ることができた。
金の橋、銀の橋は寂れていた。

10年前の黄金週間の賑わいはなく、49号国道は郡山へとスムースに流れている。
懐かしいという感覚が訪れることはなく、初めてオレは磐梯山を確認した。

観光街の玄関口も閑散としている。
駅前の明かりは乏しく、通りに面した壁の剥がれた旅館は、もしかしたら営業を諦めていたのかもしれない。

郵便のバイクがまるで夕刊配りの新聞配達のような音を残して去った。
夕方を感じさせる音だった。

ジーという蝉の声はここでも空を覆うように聞こえ、鳥は囀る。

豪雪に耐えられる構造の古い駅舎。
開業は明治の頃で、かつて野口英世を世界に送り出した。

2018年4月1日撮影

関連記事

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】2日目(都城-鹿児島-川内-人吉)走行距離284㎞ その1-都城駅、西都城駅、財部駅、霧島神宮駅、国分駅、錦江駅、鹿児島駅

車旅日記2005年2月12日 2005・2・12 8:30 都城駅(2月11日の熊本空港よ

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その2-青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年7月18日 15:24 青海川駅(7月16日の長岡駅より893㎞) 日

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その2-外川、犬吠、本銚子、観音、仲ノ町、銚子、千葉(銚子電鉄/総武本線)

鉄旅日記2005年12月10日 終点の外川は、小さな港を持つ村だった。 振り返ると数多の

記事を読む

「車旅日記」2005年冬【どこへ行こうか。まっさきに浮かんだのが、昨夏に旅した南九州でございました。】最終日(人吉-天草-熊本空港)走行距離240㎞ その2-上天草、三角駅、肥後長浜駅、宇土駅、上熊本駅、肥後大津駅、熊本空港駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年2月13日 14:31 107号県道 上天草市大矢野島旅館大国横空地(2

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その1-アパホテル山形駅前大通、羽前山辺駅、寒河江駅、左沢駅、柴橋駅、天童駅、村山駅、新庄駅、羽前前波駅

車旅日記2005年7月17日 2005・7・17 8:51 アパホテル山形駅前大通802

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】2日目(山形-左沢-新庄-鶴岡-新潟)走行距離313㎞ その2-高屋駅、鶴岡駅、鼠ヶ関駅、村上駅、坂町駅、新潟駅、新潟東急イン

車旅日記2005年7月17日 14:40 高屋駅(7月16日の長岡駅より513㎞) 駅を

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その2-福島駅、峠駅、今泉駅、荒砥駅、アパホテル山形駅前大通

車旅日記2005年7月16日 17:00 福島駅(7月16日の長岡駅より255㎞) あれ

記事を読む

「鉄旅日記」2005年初冬【鉄旅に目覚め、銚子へと向かったのでございます。】その1-松戸、我孫子、成田、銚子(常磐線/成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2005年12月10日 小さな旅に出た。 旅心はすぐにやってきた。 初めて気づ

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日 2005・4・30 9:10 アパホテル富山駅前1107号室

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その1-新津駅、五泉駅、巻駅、弥彦駅、柏崎駅、笠島駅

車旅日記2005年7月18日 2005・7・18 時刻の記載なし 新津駅(7月16日の長岡

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑