*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その3-笠寺、熱田、熱田神宮、神宮前、大江、名古屋東港、金山(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線/名鉄名古屋本線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/25 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月23日・・・ 笠寺駅、熱田駅、神宮前駅、大江駅、名古屋東港駅、金山駅(東海道本線/名鉄常滑線/名鉄築港線)
15:50 笠寺(かさでら)駅(東海道本線 愛知県)
日本ガイシスポーツプラザの他に特に目につくものはなく、脇を新幹線が音速で通りすぎる町。


日本ガイシホールは、オレには旧称レインボーホールの方が通りがいい。
音楽コンサートのこけら落としはオフコース。
プロレス興行でも何度かその名を目にしている。

こんなところにあったのか。

夕暮れの町はどこか気だるく、まだ冷たさを失っていない風を避けるように、人々は跨線橋で次の列車の到着を待つ。

オレもそこに混じる。
そして彼女へ送る返事を考えていた。

16:03 熱田(あつた)駅(東海道本線 愛知県)にて

16:13 熱田神宮にて

16:22 神宮前(じんぐうまえ)駅(名鉄名古屋本線/名鉄常滑線 愛知県)
笠寺から1駅。
熱田で降りる。

神宮商店街を歩きながら、桶狭間に向かう際に熱田神宮に立ち寄った織田信長や、源氏のことを漠然と考えていた。
源義朝の正妻は熱田神宮大宮司の娘由良姫で、源頼朝を産んでいる。


熱田の杜は広い。
恋人に桜色の「なでしこ守り」を購入してすぐに引き返す。

大人の女性に渡すお守りとしては相応しいものではなかったのかもしれない。
でも熱田の神様は、そんな些細なことに拘泥しないだろう。

オレの波動をこめて恋人に渡す。
きっと彼女を守る。

16:32 大江(おおえ)駅(名鉄常滑線/名鉄築港線 愛知県)
中部国際空港に向かう急行列車で1駅。
名古屋東港へ向かう線が分岐する駅に降りた。

駅前は特に何があるわけでもない。
用を済ませて駅を写せば乗換時間の8分は過ぎる。

名鉄旅をしたのは4年前。
2日間を乗り鉄に徹して、8つの終着駅へ行き着いたが、瀬戸線の尾張瀬戸駅と名古屋東港だけは計画に組み込むことはできなかった。

尾張瀬戸には去年の9月に降りている。
名古屋東港へはここからひと駅。

名鉄築港線は日中9:00~15:00台の運行はない。

17:07 名古屋東港(なごやひがしこう)駅(名鉄築港線 愛知県)
大江に戻る列車がやってきた。
一人の客も運んでこなかった。

発車時刻が近づくとどこからともなく人々が現れる。
三菱重工へと向かう引き込み線が延び、空地には裁断された車両が放置されている。

関係者以外立入禁止と書かれた埠頭に出る。

名古屋港は都会の海で、左手には港を横断する大橋が架かっている。
去年の9月に降りた金城ふ頭のあたり。

あれから最愛の存在とは会えなくなり、心の支えにしていた女性も年の暮れに静かに去り、そして彼女が劇的なまでに現れた。

一週間後にオレたちは深く愛し合う。
誰もいない港で、そんな恋人のことを考えていた。


17:17 大江(おおえ)駅(名鉄常滑線/名鉄築港線 愛知県)にて

17:37 金山(かなやま)駅(東海道本線/中央本線/名鉄名古屋本線/名古屋市営地下鉄名城線/名古屋市営地下鉄名港線 愛知県)
大江に戻り、急行列車で2駅。
神宮前の次が金山総合駅になる。

改札を出ると人波の中。
これほどの往来を持つこの街は、愛知県では名古屋に次ぐ地位を持つのではないだろうか。

商業施設は音楽ライブの最中で、あまり上手いとは思えない演奏が聞こえてくる方を向けば、人々が跳び跳ねている。
まるでそこだけが別世界のような景観だった。

再び駅へ。
人波へ。

かき分けるように進むうちに、オレと彼女が出会った奇跡を思った。

関連記事

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の誕生日に

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】最終日(安達-大洗-潮来-東京葛飾)-あだち、二本松駅、磐城石川駅、はなわ、常陸太田駅、大洗駅、潮来駅、十二橋駅、佐原駅、東京葛飾

鉄旅日記2006年5月7日 2006・5・7 6:13 4号国道‐道の駅あだち 最後の朝は本格的

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

車旅日記2006年5月3日 13:26 末続駅(403㎞) 国道から見えたんだ。 こんな素

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日 2003・11・22 14:07 24号国道橿原市かっぱ寿司(JR

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その3-周参見、椿、白浜、紀伊田辺(紀勢本線)

鉄旅日記2019年3月2日・・・周参見駅、椿駅、白浜駅、紀伊田辺駅(紀勢本線) 19:12 周参見

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】2日目(木曽-野麦峠-信州新町-志賀高原湯田中)-道の駅日義 木曾駒高原、木曽福島駅、木曽福島タイムリー、開田村、野麦峠扇屋、奈川渡ダム、道の駅信州新町

車旅日記1998年7月19日 1998・7・19 6:28 19号国道‐日義 木曽駒高原(道の駅)

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】最終日(花巻-東京)-花巻、平泉、一ノ関、仙台、白石、福島、郡山、矢吹、黒磯、宝積寺、古河、蓮田、西川口(東北本線)

鉄旅日記2011年8月17日・・・花巻駅、平泉駅、一ノ関駅、仙台駅、白石駅、福島駅、郡山駅、矢吹駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】最終日(金沢-東京)-金沢城址、金沢、倶利伽羅、黒部、直江津、長野、東京(北陸本線/信越本線/長野新幹線)

鉄旅日記2007年1月8日・・・金沢駅、倶利伽羅駅、黒部駅、直江津駅、長野駅、東京駅(北陸本線/信越

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その2‐小山田、土沢、花巻、石鳥谷(釜石線/東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・小山田駅、土沢駅、花巻駅、石鳥谷駅(

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その1‐釜石、遠野、宮守(釜石線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・釜石駅、遠野駅、宮守駅(釜石線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その4‐宮古、陸中山田、釜石(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、陸中山田駅、釜石駅(三陸鉄道

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その3‐宮古、蟇目、茂市(山田線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・宮古駅、蟇目駅、茂市駅(山田線)

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】2日目(大船渡-釜石)その2‐平田、釜石、陸中山田(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2020年2月23日・・・平田駅、釜石駅、陸中山田駅(三陸鉄道

→もっと見る

    PAGE TOP ↑