*

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その2-湖北、下総松崎、成田、香取、延方、北浦、佐原、大戸(我孫子支線/成田線/鹿島線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/24 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年9月22日・・・湖北駅、下総松崎駅、成田駅、香取駅、延方駅、佐原駅、大戸駅(我孫子支線/成田線/鹿島線)
8:55 湖北(こほく)駅(成田線我孫子支線 千葉県)
成田で長い時間を待つ計画に手を加えて、沿線中唯一の町といっていい湖北に6年振りに降りる。

手賀沼はここからじゃ見えない。

「サンバパレード」が近く催されるようで、駅前ロータリーに華やかなポスターが並ぶ。

商店街のドンツキにあるセブンイレブンの店先に置かれたラジカセから大音量でサンバが流れ、対面のムエタイジムではエプロンに大あぐらをかいたオーナーが哲学的な眼差しでパソコンを操作していた。

こんなに小さな商店街だったかと記憶にケチをつけて駅に戻る途中、ロータリーを取り巻く店構えや駅前風景に惹かれていることを感じていた。

ビールと唐揚げ棒を楽しんでいると、列車の到着が近づくにつれて続々と人々が階段を上がってくる。

茨城に近い千葉県民がここからどこへ向かうのか。
年齢層が上がってきた車内。
初老の男たちの身なりは田舎じみてきて、都会のようにスマホに目を向ける姿がまばらになってきた。

お洒落にきめこんだ老人は競馬新聞に隈なく目を通している。

目をスマホから起こすと田園地帯が広がっていた。

9:21 下総松崎(しもうさまんざき)駅(成田線我孫子支線 千葉県)
行き違い3分の停車。
印旛沼が見えそうな気配がしだしたけど、そっちに目をやっても見えない。

印旛高校がセンバツで旋風を巻き起こしたのはもう40年近く昔の話。
今じゃ都市部の学校じゃなきゃ代表の座は奪えなくなってしまった。

駅長さんと二言三言。
かつてと変わらぬ駅前を写す。

9:40 成田(なりた)駅(成田線/成田線我孫子支線/成田線空港支線 千葉県)
国際都市となった成田。
我孫子支線から見えてきた街は常に増幅しているように見える。

実体はともかく世界の玄関口がいつまでも草の中じゃいけない。
かつての三里塚闘争を持ち出せるような世代ももう多くは生きていないのだろう。

よくは知らないが、一応の妥結を見たのだろう。
沖縄の基地問題は同列じゃない。

よく揺れる車内に身を置いて銚子方面に向かっている。
アルコールの匂いに寄ってきた蚊に食われた。

猛暑の今年はあの種族をはじめ、夏を生きる種族の跋扈に待ったをかけた。
地球環境はどうなっていく?

座席を得られない車内で、関東平野の端っこを眺めながら茫々としている。
見渡す限り平らで空と陸が同化したような世界では、いつもそんな自分に出会う。

10:22 香取(かとり)駅(成田線/鹿島線 千葉県)
武道の神がいる地。
関東の荒くれ者はこの地の神を信仰していた。

かつて恋人と訪ねた簡易駅舎は神色に縁取られ、当時は気づけなかった色を見て感動している。

水郷に向かう列車がすぐにやってくる。
延方で降りて、この線区を引き返す。

11:11 延方(のぶかた)駅(鹿島線 茨城県)
車窓からの水郷風景は見事だった。
十二橋手前の利根川、潮来に面したあやめ水道。












ここ延方で降りて10分も歩けば北浦の畔に出る。

鹿島線の橋脚が連なり、大河のような幅しか持たない細長い北浦も、水面に近い場所から見渡せばやはり大きな湖だ。



Facebookに投稿した心の恋人にメッセージを送る。
ついでにたった今眺めている曇り空と北浦を写して送る。

まるで「今日のことを覚えておけよ」と言わんばかりに、天からはぽつぽつ雨。

祈祷師だったと告げられた前世からは母親が。
母親になる来世からは双子の我が子が。
ほかに天神、龍神、守護神、守護龍、ご先祖様などが代わる代わるに訪ねてくれたという夏。

9月の終わりにはすべてが片付いていると思っていたけど、幸福を掴むのはもう少し先らしい。

待つさ。
そんな人生だ。

でも望む変化は年の暮れを待たないだろう。

11:53 佐原(さわら)駅(成田線/鹿島線 千葉県)
水郷の拠点は静かな賑わいを見せている。
伊能忠敬の銅像が立つ駅前から諏訪神社の鳥居が見える地点までを往復。


花嫁が船に揺られる名所までは遠く、季節が外れているのか宣伝ポスターは貼られていない。

おめかしした若者たちが成田行を待ち、ホームもまた賑わっている。
千葉へ行くのか。
通り越して東京を目指すのか。

9月3連休第2弾。
ひと駅成田方面に戻ることにした。

12:09 大戸(おおと)駅(成田線 千葉県)
下り列車の到着が遅れている。
土地の老婆の声は大きく、だいぶ訛っている。

駅舎のない駅で階段を上がると左右に下り口が分かれている。
どっちに下りてもたいして変わらない。
双方を踏切が隔てているだけだ。

踏切のたもとに酒と書かれた店がある。
他の土地の例にならえば営業していないケースが多いが、案に相違して店は開いていてビールもある。
今日4本目のビール。

再びの佐原から乗り込んできた若者たちもまた訛っている。
上総下総安房と3国に分かれていた広大な千葉という土地を思う。

オレが暮らす東京都葛飾区は、調べたことはないが、映画「男はつらいよ」によると下総国に属していたようだ。

気温が上がるにつれてつくつくぼうしの声が聞こえるようになってきた。

あれは夏の終わりの声。
江戸の民は、夏の終わりは「つくづく惜しい」と聞いていたと、仕事で車を走らせる最中にラジオから知った。

関連記事

「鉄旅日記」2009年秋【関東ぶらぶら旅その1-房総鄙の里へ】-東金、大網、大原、上総中野、上総牛久、五井(東金線/外房線/いすみ鐡道/小湊鉄道/内房線)

鉄旅日記2009年10月22日・・・東金駅、大網駅、大原駅、上総中野駅、上総牛久駅、五井駅(東金線/

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その1-長崎ニューポート、島原駅、沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地)、大村駅、千綿駅、高橋駅

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 7:38 長崎ニューポート413号室 精霊流し

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1・・・長野駅、信州中野駅、湯田中駅、安茂里駅、戸倉駅、上田駅、別所

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その1-大泉学園、北千住、東武動物公園、上三依塩原温泉口、中三依温泉、会津高原尾瀬口、七ヶ岳登山口、会津山村道場(西武池袋線/東武伊勢崎線/東武鬼怒川線/野岩鉄道/会津鉄道)

鉄旅日記2017年12月2日・・・大泉学園駅、北千住駅、東武動物公園駅、上三依塩原温泉口駅、中三依温

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日・・・保土ヶ谷駅、大船駅、香川駅、北茅ヶ崎駅、厚木駅、社家駅、相武台下

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1・・・東福寺駅、祇園四条駅、伏見稲荷駅、稲荷駅、男山山上駅、八幡市

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

車旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海SA 多少はスッキリしたんだ。 あれ

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その2-和泉府中、東岸和田、日根野、熊取、りんくうタウン、関西空港、紀三井寺、黒江、紀伊中ノ島、和歌山(阪和線、関西空港支線、紀勢本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・和泉府中駅、東岸和田駅、日根野駅、熊取駅、りんくうタウン駅、関

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その1‐北上、横手、醍醐、十文字、下湯沢(北上線/奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・北上駅、横手駅、醍醐駅、十文字駅、下湯沢駅(北上線/奥羽本線) 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑