*

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2012年

鉄旅日記2012年3月12日その1
2012・3・12 4:21 保谷(ほうや)駅(西武池袋線 東京都)
雨上がりの濡れた路上に立つ。

街灯がどこか懐かしい気持ちにさせる。

保谷駅前でも普段じゃ気付かない灯をひとつ見つけたよ。

スナックからは歌声が漏れていた。

6:33 稲毛(いなげ)駅(総武本線 千葉県)
たくさんの荷物を車内に放り込み、蹴り込み、男が乗ってきた。
関西弁で独り言を捲くし立てるように呟く。
何者が乗ってきたのか?とジョン・レノン似の男が目を向ける。

千葉とはそういう地域か。
東京では見かけようのない胡散臭さだ。

今朝もまだたっぷりの冬。
風は冷たく、カラスにつつかれた角のゴミ袋が街を場末に変え、終夜営業の駅前ボーリングは閑散とし、発展が一段落した街という印象だけが残された。

駅から徒歩10分。
海岸は遠い。

7:10 都賀(つが)駅(総武本線/千葉都市モノレール 千葉県)
千葉を過ぎ、寒木の一帯を過ぎるとあたりは鄙びる。
電車が行ってしまうと静かなものだ。

千葉都市モノレールが通る町は一見都会風だが、駅前の風景を突っ切るとすぐに民家が現れ、タイ人の居留地かと思わせる一角に目を奪われる。

いつか房総で見た、乾いていてどことなく貧しく、純正日本とは違った民度が空気にも感じられた風景を思い出す。

朝日を浴びて真っ直ぐに延びていくモノレールの高架には美を感じた。

7:30 四街道(よつかいどう)駅(総武本線 千葉県)
Yさんはまだこの町に住んでいるのだろうか。

風がなくなると日差しに温かみを感じる町。
だけどやはり風が冷たい。

角に廃墟になったいくつもの料理屋が入っていたビルが見える。
去年の震災の影響によるものか、あるいはこの町が抱えた必然だったのか。

かつてのありふれた週末。
オレが子どもの頃にそうだったように、いくつもの幸せな家族が顔をほころばせながらこのビルを目指した様に思いを馳せた。

一見都会風の駅前は四街道でも同じだが、反対側には何もなかったよ。

8:27 久住(くずみ)駅(成田線 千葉県)
佐倉で乗り換え。

関東平野の小さな駅。
成田の次だが、あの参道の賑わいは遠く、商店のない駅前に簡易駅舎が寒風に吹かれていた。

線路に沿ってゴルフコースがあり、平らな大地に人の姿を見かけることはない。

8:47 下総神崎(しもうさこうざき)駅(成田線 千葉県)
駅前に大きな地図があった。
それとヤマザキのお店が一軒。
町のホールを兼ねた近代的な駅舎には鉄道員も詰めている。

神崎はこのあたりじゃ代表的な町なんだろう。

利根川の堤防が見えてきた。
そしてまた日本一の関東平野。

かつて恋人とも辿った道。
あの日にこの寒々とした景色を眺める彼女の表情を思い出したような気がしたよ。

10:04 松岸(まつぎし)駅(総武本線/成田線 千葉県)
千葉には雨の予報が出ていたな。
時折降り注ぐ日差しに一息つくがすぐに冷たい風が温もりを消してしまう。

上空にあるのは雨雲だ。
このままじゃどこかで粒となって落ちてくるだろう。

ヤマザキのお店で缶コーヒーとピザまん。
ここらじゃまだ駅のホームに灰皿が置かれている。

ワンコップ食堂に中華料理屋。
他に何もなく駅に引き返す。

平野に吹く風が電車内を冬に戻し終着の銚子へ。

利根川の対岸には、かつて友人が結婚式を挙げた鹿島のホテルと工場群が見えている。
郷愁を誘われたよ。

10:48 銚子(ちょうし)駅(総武本線/成田線/銚子電鉄 千葉県)
4度目の銚子。

寂れた様子はなく、むしろ前回よりも賑やかな印象を受ける。

大きな額がかかっていた駅舎内の広場はすでになく、改札口も含めて一新されたようだ。

銚子にはこんなにもホテルがあったんだな。
今まで気付いてなかったよ。

銚子大橋が見える場所まで歩く。
銚子に降りればいつもそうしていたはずだ。

風に当たる。
記憶も蘇る。
また銚子電鉄にも乗りたいな。

今はひとりで暮らす身ではないが、こうしてまたひとり。


関連記事

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2 12:59 富士宮(ふじのみや)駅(身延線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、新潟・みちのくひとり旅】初日(東京-横手)-郡山、津川、亀田、さつき野、水原、坂町、村上、あつみ温泉、鶴岡、余目、刈和野(東北本線、磐越西線、信越本線、羽越本線、陸羽西線、奥羽本線)

鉄旅日記2012年8月11日 2012・8・11 9:35 郡山(こおりやま)駅(東北新幹

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その1-新宿、塩崎、韮崎、日野春、富士見、青柳、奈良井、木曽福島、須原、中津川(中央本線)

鉄旅日記2012年3月25日その1 2012・3・25 5:14 新宿(しんじゅく)駅(山

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、上越途中下車旅&高田で友人の結婚式に参加】初日(東京-長野)-吹上、北鴻巣、長野、豊野、新井、高田、春日山(高崎線、長野新幹線、信越本線)

鉄旅日記2012年12月8日 2012・12・8 6:15 吹上(ふきあげ)駅(高崎線 埼

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その2-新清水、静岡、草薙、興津、裾野、御殿場、駿河小山、国府津、逗子、横須賀、田浦、新川崎(東海道本線、静岡鉄道、御殿場線、横須賀線)

鉄旅日記2012年4月8日その2 清水(しみず)駅(東海道本線 静岡県)にて 1

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日 2012・8・13 6:12 室蘭(むろらん)駅(室蘭本線室

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日 2012・8・15 6:31 羽後本荘(うごほんじょう)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その2-恵那、瑞浪、土岐市、多治見、千種、鶴舞、金山、天竜川、袋井(中央本線、東海道本線)

鉄旅日記2012年3月25日その2 13:40 恵那(えな)駅(中央本線/明知鉄道 岐阜県

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、鶴見線・伊豆・駿河途中下車旅】その1-扇町、浅野、海芝浦、国道、大川、保土ヶ谷、東戸塚、網代、伊豆多賀、宇佐美、熱海(鶴見線、海芝浦支線、大川支線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年4月8日その1 2012・4・8 6:16 扇町(おうぎまち)駅(鶴見線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その1-上尾、桶川、鴻巣、行田、岡部、神保原、新町、群馬総社、中之条、郷原、長野原草津口、万座・鹿沢口(高崎線、吾妻線)

鉄旅日記2012年4月1日その1 2012・4・1 6:10 上尾(あげお)駅(高崎線 埼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑