*

「鉄旅日記」2019年年始【雪が見たくて北へ向かいました。そして初めて仙台空港線に乗ったのでございます。】初日(東京-一ノ関)その2-新津、新発田、坂町、小国、今泉、西米沢~上杉家御廟~上杉神社~南米沢(信越本線/羽越本線/米坂線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年1月5日・・・新津駅、新発田駅、坂町駅、小国駅、今泉駅、西米沢駅、南米沢駅(信越本線/羽越本線/米坂線)
12:01 新津(にいつ)駅(信越本線/羽越本線/磐越西線 新潟県)
古津の次が新津。
鉄道好きにしか通じない知識だが覚えておく。

長い跨線橋に人の気配は稀薄で、8年前に購入した「えんがわ押鮨弁当」をアテにしていたが、駅弁売場はなくなっていた。

この大鉄道駅をもってしても抗えない古き良き鉄道文化の劣勢を感じる。
似たように、オレも斜陽な職種に就いて長い。

とてもかわいらしい女性鉄道員を記憶して、ホームの外の椅子に座る。

寒いが、ビールを持ち込んでいる身で、暖かな待合室にいるわけにはいかない。
酒飲みにも矜持はある。

雨は気にならない程度にまで弱まり、駅周辺に雪は見られない。


豪雪地帯の印象が強い新潟だが、国内最強の米のブランドとも言えるコシヒカリを生産する越後平野を知った気になる。

12:55 新発田(しばた)駅(羽越本線/白新線 新潟県)
越後平野を眺めているうちに眠りに落ちて、新発田もまた8年振り。

「忠臣蔵」を大河ドラマにとの文字を見たが、この地で生まれた堀部安兵衛中心の物語を想像しているのか。

ちなみに「忠臣蔵」を題材にした大河ドラマは、過去に今は亡き緒形拳さんと中村勘九郎さんが大石内蔵助を演じた2作を見ている。

歴史の中の新発田は、戊辰戦争時の新発田藩の裏切りから始まった奥羽越列藩同盟軍における北越戦線の綻びを思い出す。
そして新潟港を抑えた新政府軍は北越方面からも会津へと迫った。

新発田駅はお城を模した外観にリニューアルされていた。

ここから坂町までは特急を使用する。

がら空きの指定席車両を通り抜けて後ろ2両の自由席車両に入って驚いた。
ほぼ残席は見られない。
鉄道旅行者にもいろいろある。

13:21 坂町(さかまち)駅(羽越本線/米坂線 新潟県)
ここには雪の跡がある。


営業している駅前食堂を横目に旅館や寿司屋が並ぶ通りをしばらく歩く。

タクシー会社の前を通りかかる際に事務の女性と目が合う。
あの通りで見かけた人は彼女だけだった。

駅へと戻る。

かつては裏日本と呼ばれた寒々しい地域の冬の顔を見た。
グレーの空の下では駅もまた鈍色で、手すりも壁もすべてが冷たく感じた。

陰陽連絡線の米坂線の一両の座席はほぼ塞がり、米沢に向けて動き出している。

不意に大河が現れた。

14:13 小国(おぐに)駅(米坂線 山形県)
列車行き違い3分の停車。

ウイスキーハイボールの微かな酔いがまた眠りを誘い、深く眠り込んで目を覚ませば、あたりは一面の雪景色。

ホームに降り立てば、さらに積雪を増さんばかりにしんしんと降っている。

木々は凍てつき、視界は吹雪いたように白く、米沢に向かう車内は静まり、人々は俯くか茫然と外の降りを眺めている。

15:05 今泉(いまいずみ)駅(米坂線/山形鉄道フラワー長井線 山形県)
7分の停車。

この駅前にいるのは3度目になる。
前回2度はいずれも夜だったため、駅の正確な姿を目にしたのは初めてと言える。

立派な駅前旅館が目を引き、あとは雪を乗せた家並を記憶するのみ。

雪原と化した鉄路は哲学的で、一旦すべてを覆い尽くすことでしか意味は持ち得ないとばかりに、さらに雪の降りは激しくなる。




座席から見える車窓はただ単に白く、またもや眠りに落ちていた。

15:30 西米沢(にしよねざわ)駅(米坂線 山形県)にて~これより徒歩にて南米沢駅へ



15:47 上杉家御廟にて

16:09 米沢城址にて

16:20 上杉神社(米沢城址内)にて

16:47 南米沢(みなみよねざわ)駅(米坂線 山形県)
雪は激しく、積雪量からこの冬に降る何度目かの雪と知る。

行動の自由を失った軽トラックを助け、山形弁の濃厚な礼を受ける。

上杉家御廟はそこからすぐだった。

不識庵上杉謙信公が信奉した「毘沙門天」と「龍」の旗が翻る厳かな場所に、この雪をついて訪れる初老の男性の姿もある。

歴代藩主に頭を下げて離れた。
おそらくその知名度から参る者が多いのであろう景勝公、鷹山公への道は、雪も掃き清められ接近が許されていた。

米沢行がもうじきやってくる。
ここから米沢駅まで歩くのは断念した。
この降りはなかなか並みではない。
それに夜がやってきた。

16:54南米沢発米沢行。

薄暮の中で黒い鳥の群れが、まるで雑巾が風に吹き散らばるように無造作に旋回していて、その光景は恐怖映画の予告編を連想させた。

関連記事

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】初日(東京-高山)その3‐上諏訪、塩尻、洗馬、中津川(中央本線)

鉄旅日記2020年3月20日・・・上諏訪駅、塩尻駅、洗馬駅、中津川駅(中央本線) 10:27 上諏訪

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日 14:22 止別駅 (5月1日の旭川空港より518km) 思いがけず

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】初日(東京-津山)-尾張一宮、播磨高岡、太市、余部、播磨新宮、三日月、西栗栖、美作江見、林野、上月、津山口、津山(東海道本線、山陽本線、姫新線)

鉄旅日記2014年8月13日・・・尾張一宮駅、播磨高岡駅、太市駅、余部駅、播磨新宮駅、三日月駅、西栗

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】-館林、佐野、葛生、西小泉、赤城、太田、伊勢崎、新伊勢崎、足利、足利市(東武佐野線/東武小泉線/東武桐生線/東武伊勢崎線)

鉄旅日記2014年4月6日・・・館林駅、佐野駅、葛生駅、西小泉駅、赤城駅、太田駅、伊勢崎駅、新伊勢崎

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 14:01 厳木駅(8月11日の佐賀空港より15

記事を読む

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】最終日(札幌-苫小牧-室蘭-函館)走行距離366㎞ -札幌東急イン、支笏湖、苫小牧駅、室蘭駅、地球岬、豊浦駅、5号国道パーキング、函館駅、函館山、函館空港

車旅日記2003年8月17日 2003・8・17 7:56 札幌東急イン1240号室 東京へ帰ろ

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】4日目(高知-宇和島)-高知、朝倉、伊野、斗賀野、須崎、窪川、中村、宿毛、宇和島(土讃本線、土佐くろしお鉄道中村線/宿毛線、予土線)

鉄旅日記2009年5月4日・・・高知駅、朝倉駅、伊野駅、斗賀野駅、須崎駅、窪川駅、中村駅、宿毛駅、宇

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その1-上尾、桶川、鴻巣、行田、岡部、神保原、新町、群馬総社、中之条、郷原、長野原草津口、万座・鹿沢口(高崎線、吾妻線)

鉄旅日記2012年4月1日その1・・・上尾駅、桶川駅、鴻巣駅、行田駅、岡部駅、神保原駅、新町駅、群馬

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その4‐青森、新青森、津軽新城、鶴ヶ坂、浪岡(奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・青森駅、新青森駅、津軽新城駅、鶴ヶ坂駅、浪岡駅(奥羽本線) 19:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑