*

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】最終日(福井-米原-大府-武豊-東京)-福井駅前、武生新、武生、大府、武豊、知多武豊、刈谷、安城、蒲郡、東京葛飾(福井鉄道福武線/北陸本線/東海道本線/武豊線)

公開日: : 旅話 2008年

鉄旅日記2008年9月15日
2008・9・15 7:35 福井駅前(ふくいえきまえ)駅(福井鉄道福武線 福井県)
北陸の空は3日にわたって晴れ上がり、今日は涼し気な秋の日和。

起きる前の街にはどこか可笑しみがある。
ふらふらと歩くおばちゃん。
携帯片手に店のシャッターを開ける美容師。

福井を離れる。

武生新(たけふしん)駅(福井鉄道福武線 福井県)にて

8:51 武生(たけふ)駅(北陸本線 福井県)
福井鉄道40分の旅。
豊かな風景だったよ。

鯖江、武生。
福井鉄道はきめ細かに列車を走らせて奮闘している。

運転士は若く、総じて感じがいい。
その事情はえちぜん鉄道でも同じだった。
乗客が少ないのは今日が休日だからか。

終着駅の武生新駅で降りて、武生駅へ。
特急しらさぎに乗り込んで、現在は北陸トンネルの中にいる。

武生市は越前市に変わったようだ。
時代物の市役所は名称だけが変わっていた。


かつてこの街で王座交代劇が起きている。
無敵と思われたテリー・ゴディ、スティーブ・ウイリアムスの世界タッグ王者組に、ジャンボ鶴田、ザ・グレート・カブキ組が挑み、鶴田がウイリアムスを岩石落としで仕留めた。
そう昔の話じゃない。

11:31 大府(おおぶ)駅(東海道本線/武豊線 愛知県)
特急しらさぎで名古屋まで。

敦賀からは上りと下りじゃルートが違うようだ。
ループ橋から敦賀の街を一望する。
そして親切なアナウンスが流れる。

米原では進行方向を変えて、北陸は遠ざかった。
武生からは約2時間だった。

名古屋駅ホームで名物のきしめんを食べて、東海道本線で大府へ。

かつて元ジャイアンツの完全試合男、槙原投手を擁した高校野球の強豪大府高校が駅近くにあり、商店街、飲食店の類は見ない。

名古屋からは各駅停車で20分の街。
言ってみれば駅前は想像通り。

武豊線に乗り換える。
知多半島へ。

乗客は少ない。

12:51 武豊(たけとよ)駅(武豊線 愛知県)
知多半島を南下。

途中、知った街として半田を通る。
かつて半田にもプロレス興行はいっている。

打ち捨てられた不気味な廃工場があり、車内の少年少女を根こそぎ降ろした大型集合店を見る。

終点は武豊。
名鉄の知多武豊駅まで歩く。

名鉄で蒲郡に出るつもりでいたが、路線図を見て驚いた。
そんなバカな真似はできない。

ちなみに名鉄はさらに南下を続け、海水浴場や唐人お吉所縁の地でもある内海まで延びる。
源義朝最期の地までは15㎞。

味噌と醤油の町。
金網に囲まれた終着駅は廃れた軍隊駐屯地を思わせる。

とても静かだった。

知多武豊(ちたたけとよ)駅(名鉄河和線 愛知県)にて

13:53 刈谷(かりや)駅(東海道本線 愛知県)
降りるつもりはなかったが、雨が上がったから。

梅雨のような湿気に涼しい風。
あたりは夕暮れ時のような暗さだ。

ここはデンソーの街なのか。
少し先に大きなビルが見える。

友人だとは思っているが、最近じゃ年賀状を寄越さなくなった男がこの街に暮らす。
あるいは転勤などで、もういないことも考えられる。
いずれにしろ東京暮らしは彼にとっては遥かな昔で、恋人も東京に置いてきた。
とっくに清算した話なのかもしれない。
オレもその中のひとりということだ。

駅前に印象に残るものを見なかったが、名鉄とも接続している。

プロレスが半田や碧南にやってきた頃、この街でジャイアント馬場はスタン・ハンセンを挑戦者に迎えて王座戦を行い、その模様はテレビ中継されている。

14:18 安城(あんじょう)駅(東海道本線 愛知県)
新快速に乗って刈谷から4分。
新快速は新幹線との接続駅、三河安城には止まらない。
おかしな話のように感じるが、愛知県民から苦情は出ていないのだろう。

刈谷によく似た街だ。
この先の岡崎もそうだった。

安城には歓楽街らしきものが認められて、ここなら暮らせると思う。

若い女性は礼儀正しく、駅員の態度には苦言を呈したかった。

この先を矢作川が流れる。

14:44 蒲郡(がまごおり)駅(東海道本線 愛知県)
駅開業120年。
今昔が写真展示されていた。

曇天の下、暗くなった街に人はいない。
北口の話だ。
降りた時には何事かを思わせるたたずまいにケータイを向けたが。

名鉄はここを始発に競艇場の前を進む。

競艇と蜜柑の街。
三河湾が近い。

その姿はホームから確認できる。

23:41 東京葛飾金町
大府ではちょっとしたゲリラがやってきた。

そして本格的な雨の予感。
雨雲は広範囲に広がっていたようだ。
もう秋雨の頃か。

今夜は蒸すけど、長雨が降りやんだら、きっと夏の名残りも消えるのだろう。

東海地区の街並の寂しさをどう表現すべきか迷ったが、ありのままの姿を記した。
昨日は東京標準という言葉を使ったが、それは標準じゃない。

街の明かりはやがて暗くなり、遅くまで騒ごうと思っている連中もそうはいない。
そっちが標準というものだ。

たいていは自分の家に帰ってくつろぐ。
ひとりかもしれないし、愛する家族がいるかもしれない。

車寅次郎のようにこうして出かけるのは好きだが、家族を持つグループに入りたいと心から望んでいる。

関連記事

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その1-和歌山市、和歌山、海南、西御坊、御坊、紀伊田辺、白浜(紀勢本線/紀州鉄道)

鉄旅日記2008年7月20日 2008・7・20 7:51 和歌山市(わかやまし)駅(紀勢

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日 13:16 海部(かいふ)駅(牟岐線/安佐海岸鉄道 徳島県)に

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-多度津-岡山-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日 2008・5・6 6:16 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日 2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-京都-奈良-高田-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

鉄旅日記2008年7月19日 2008・7・18 23:12 東京駅を出て 残した仕事は

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09 東京(とうきょう)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】2日目(和歌山-西御坊-松阪)その2-串本、新宮、尾鷲、紀伊長島、三瀬谷、多気、松阪(紀勢本線)

鉄旅日記2008年7月20日 14:37 串本(くしもと)駅(紀勢本線 和歌山県) 本州

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにしかなざわ)駅(北陸鉄道石川線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 羽咋(はくい)駅(七尾線 石川

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】初日(東京-京都-出雲)-静岡、豊橋、京都、亀岡、福知山、上夜久野、豊岡、浜坂、鳥取、青谷、倉吉、米子、出雲(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2008年5月2日 2008・5・2 1:59 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 成瀬センター前、東福生駅、籠原駅、北橘村、渋川、ドライブイン利根川、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、道の駅ゆのたに、堀之内パーキング

車旅日記1996年8月13日 1996・8・13 10:45

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日 15:43 金島(かなしま)駅

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その2-八色、浦佐、五日町、水上、後閑、上牧、八木原(上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 9:47 八色(やいろ)駅(上

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25

→もっと見る

    PAGE TOP ↑