*

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その2-南条、今庄、北鯖江、鯖江、大土呂、福井、春江、丸岡、芦原温泉、動橋、石動、小杉、越中大門、魚津(北陸本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 2014年

鉄旅日記2014年3月22日その2
13:31 南条(なんじょう)駅(北陸本線 福井県)
駅前に商店などはなく、地図を見ると「日野川の畔に行ってみるか」と思うくらいで、他にやることが見あたらない。
近くの365号国道と北陸自動車道を車が多く行き交うが、とても静かだ。

13:50 今庄(いまじょう)駅(北陸本線 福井県)
2駅戻る。

駅前通りは狭く起伏に富んでいる。
駅と周囲の家並みは温泉場を思わせる。

日が差して、あたたかくなった。
雪国仕様の頑丈な駅には土産物屋が入っていて、今庄そばを買った。
敦賀駅の「駅そば」で出しているのが今庄そばだという。
さっき寄ったけど、うどんにしちゃったな。

列車に乗り込み、日本の里山暮らしが垣間見える線路を北へ向かってる。

14:21 北鯖江(きたさばえ)駅(北陸本線 福井県)
駅舎は巨大な畜舎を思わせる。
理由もなく好きな造りだ。
遠くに雲を貫く白峰が見える。
あたりでは藤田光学という会社が大きな存在感を放っている。
ただ、どこにも行くところがない。

ちょうど敦賀行きがやってくる。
ひとつ手前の鯖江に戻って、次の福井行きを待つ。

鯖江(さばえ)駅(北陸本線 福井県)にて
6年振りの鯖江。
あらゆる記憶が遠くなっていく。
眼鏡の街だ。

15:10 大土呂(おおどろ)駅(北陸本線 福井県)
小川が流れている
。線路の下を屈んで潜った先で白鳥が飛び立った。
思わず「おいっ!っ」て言ったけど、一声を発して遠ざかっていった。
白鳥を間近で見た最初にして、おそらく最後の機会になるだろう。
その先には北陸自動車学校がある。

圧倒的な存在感を持つ駅舎だ。
ペンキは剥がれ長く風雪に耐えてきた歴史の証人顔をしている。
ホームからの眺めが特にいい。

ビールが買えて心から喜んでいる。
風が冷たくなったけど、日差しを浴びて気分も上々。
たったひとりの待ち人として今ホームにいる。

次のが来たら、ようやくオレは福井に到着する。

福井(ふくい)駅(北陸本線/越美北線/えちぜん鉄道 福井県)にて
日差しが戻ればあたたかい。

2年前にこの街で恋をしたいと思った福井。

駅前のだだっ広い広場に設置されたFMステーションでは何か楽しそうなことを喋っている。

16:14 春江(はるえ)駅(北陸本線 福井県)
福井のひとつ先の駅で降りる。

駅を眺めていたら、赤ん坊連れの若いご婦人がシャッターを押してくれと頼んできた。
とてもチャーミングな女性だった。

餃子屋の赤提灯に万国旗を掲げた旅館。
ほーっと思いながら磯部川に沿ってしばらく歩く。
福井平野の今年の収穫に幸あれと祈る。

16:43 丸岡(まるおか)駅(北陸本線 福井県)
柴田勝豊作、日本最古の天守閣が残る丸岡城は駅から遠くてとても歩けない。

駅前には2軒の酒屋が並んでいる。
日の当たる場所でビールを飲んだ。

ここから福井空港が近く、2機が旋回する姿が青空に映えた。

17:17 芦原温泉(あわらおんせん)駅(北陸本線 福井県)
焼き芋屋の軽妙なトークが夕暮れの温泉口に響く。

駅を出て、懐かしさを覚える町並みに感嘆の声を挙げ、ステキな町を歩いた。
竹田川では少女が語らい、自転車を置いた少年がひとりたたずむ。

もう辞めてしまわれたが、得意先の女性が芦原温泉のご出身だったことを思い出した。
元気でおられるだろうか。
彼女はここで育ち、ここに戻って暮らしていくことを願っていた。

駅近くのささやかな賑わいの中にいて、彼女の思いに対してなるほどと思ったよ。



18:05 動橋(いぶりはし)駅(北陸本線 石川県)
一向宗門徒の国、加賀。
蓮如上人所縁の篠生寺のそばで5分早い18:00の時報が鳴る。
散歩に適した町だった。
寿司屋、菓子屋が典雅な灯を町に提供し、造り酒屋では新作の発表を謳っていた。

夕陽を浴びてそそり立つ加賀観音を拝めた。
夕暮れ時に気持ちのいい駅に降りた。

19:58 石動(いするぎ)駅(北陸本線 富山県)
途中、金沢駅で乗り継ぐ。

木曽義仲、巴御前所縁の地。
「火牛の計」はここで生まれ、倶利伽羅峠に向かった信越北陸軍は、空前の大部隊を集めた平家軍にその後の滅亡につながる深刻なダメージを与えた。

駅前は光にあふれ、町が青く染まっている。
結婚式場を兼ねた料亭などもあり、通りには品のいい灯がついていた。
歩くのもよかったが、うれしい驚き「駅そば」があったので暖簾をくぐる。

うまい天ぷらうどんだった。

20:30 小杉(こすぎ)駅(北陸本線 富山県)
国道に面した大型店舗が強烈な光を放っているが、旅館にスナック、飲み屋もあって駅前は町の対面を保っている。

その光の凄いこと。
「QUATTRO BOOM」か。
正体が掴めない。
きっと様々な商売がそこでは行われているのだろう。

2年前の北陸行で小杉を通過した際にやけに賑やかな町があると思い、今回の下車に至ったわけだが、なるほどこういうことだったか。

ここは富山市内ではなく、射水市の中心地だった。

20:39 越中大門(えっちゅうだいもん)駅(北陸本線 富山県)
次の富山行きには間があり、ひと駅戻る。

駅前からは町を彩る灯はひとつも見えず、送迎車がいなくなると、駅灯だけがぽつんと残される。

すぐに富山行きがやってきた。

魚津(うおづ)駅(北陸本線 富山県)にて

22:48 アパホテル魚津駅前202号
魚津駅前の空は、煌々としたマンテンホテルと、不気味なまでに照明を落としたここアパホテルに二分されている。
どちらもさして背は高くない。

漁師町ということもあるのか、荒っぽい身なりの人々しか見かけなかった街の灯は、行き交う人の数に比して多く、富山とはまた違う文化圏なのだと感じた。
角に立つ女性の姿もあり、派手な車を乗り回す鼻で笑うべき男の所行も見かけた。

この街の少年たちが甲子園を沸かせたのはオレが物心つく前。
石動球児が甲子園の土を踏んだのが小学生の頃。
時代は移り、富山は高校サッカーで全国制覇の県になった。

富山駅の工事は終わっていなかった。
新幹線開業は今年度末を予定している。

北陸本線は第三セクターへと移行する。
そうなったら、もうオレはこの線区に用事を見つけることはないのだろうかと野々市駅の灯を見て思った。

2年前に小杉駅が果たした役割を今回は野々市の光が担ったわけだ。
敦賀駅、高岡駅、富山駅の完成形には会いにいきたい。

ここ魚津は新幹線構想から外れてしまった。

関連記事

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日 鬼怒川温泉駅から徒歩10分の鬼怒川の眺め 小佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【ときわ路パスで、常陸ローカル旅】その2-瓜連、静、山方宿、袋田、西金、下小川、後台、常陸津田、常陸青柳、神立、高浜、牛久(水郡線/常磐線)

鉄旅日記2014年4月27日その2 瓜連(うりづら)駅(水郡線 茨城県)にて 1

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】初日(東京-紀伊勝浦)その1-熱田、尾頭橋、八田、四日市、亀山、一身田、津、高茶屋、松阪(東海道本線、関西本線、紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月8日その1 2014・3・8 11:16 熱田(あつた)駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1 2014・3・22 6:08 西舞鶴(にしまいづる)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【ふらっと両毛 東武フリーパスで、両毛ローカル旅】初日(東京-桐生)-小菅、五反野、梅島、田島、渡瀬、県、東武和泉、福居、野州山辺、韮川、東小泉、藪塚、阿左美、岩宿、新桐生、下新田(東武スカイツリーライン/東武佐野線/東武伊勢崎線/東武桐生線)

鉄旅日記2014年12月28日 小菅(こすげ)駅(東武スカイツリーライン 東京都)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1 2014・3・23 6:02 魚津(うおづ)駅(北陸本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その2-富田、佐野、佐野市、大平下、新大平下、栃木、思川、新白岡、白岡、東大宮(両毛線/東北本線)

鉄旅日記2014年11月3日その2 13:26 富田(とみた)駅(両毛線 栃木県) 朽ち

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その2-神志山、賀田、九鬼、相賀、紀伊長島、多気、名古屋、豊田町、六合、由比(紀勢本線/東海道本線)

鉄旅日記2014年3月9日その2 11:19 神志山(こうしやま)駅(紀勢本線 三重県)

記事を読む

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その1-日進、宮原、加茂宮、北大宮、大宮公園、土呂、東鷲宮、鷲宮、栗橋、古河、新古河、野木、間々田、岩舟(川越線/東北本線/両毛線)

鉄旅日記2014年11月3日その1 日進~土呂間(徒歩) 日進駅(にっしん)駅(川越線 

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】3日目(鳥取-米子)その1-鳥取、由良、下市、御来屋、名和、伯耆大山、東山公園、博労町、境港、木次、亀嵩、宍道(山陰本線/境線/木次線)

<a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/r

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑