*

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その1-長崎ニューポート、島原駅、沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地)、大村駅、千綿駅、高橋駅

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2004年

車旅日記2004年8月15日
2004・8・15 7:38 長崎ニューポート413号室
精霊流しの日は雨らしい。

雨の朝は久しぶりだ。
明け方近くには雷も鳴っていたそうだ。

歴史の雨が長崎をも濡らし、だけど空が少し明るくなってきた。

今日は終戦記念日。
その日を、原爆を落とされた長崎で迎えるのも何かの因縁。

アテネでは、柔道の谷亮子選手と野村忠宏選手が連覇を果たしたという。
世間の夏はそれなりに盛り上がりを見せているようだ。

九州で過ごす夏も今日が最後。

長崎の朝の表情をみて、街を離れよう。

10:00 島原駅(8月11日の佐賀空港より1440㎞)
雨の長崎を出て島原へ。
半島の海は穏やかで町は霧に煙っている。

小浜の温泉街を過ぎ、雲仙へ。
一度差した日は隠れ、曇り空の下、霧に包まれた観光ホテル群を抜ける。

普賢岳の姿は確認できず、国道沿いに被害の痕跡はない。
見渡せる範囲では復興が進んでいるようだ。

島原の町に下りていく途中、被災した中学校への案内表示を見かけた。
そしてここには溶岩ドームへの表示。
そこには行かないよ。
ただし土産はここで買い込む。
少しでも役にたてればいいと、それだけを思う。

島原は観光地。
武家屋敷にキリシタン迫害にまつわる話。
観光資源は様々ある。

島原鉄道島原駅は城を模した立派な駅舎だ。
駅を出て正面に本物の島原城が見える。

昨夜まで島原はコースに入れてなかったが、ここに来れてよかった。
災害だとか戦争だとか。
そんなことを考えるべき場所のような気がしてくる。

古びた駅のホームを眺め、駅名表示を眺め、霞んだ海を眺めている。

日差しが戻った。

10:25 沖田畷古戦場(龍造寺隆信戦死の地) (8月11日の佐賀空港より1441㎞)
佐賀の太守、島原に死す。

戦国時代、九州で覇を競った龍造寺隆信は大軍を擁して島原の有馬氏を攻める。
有馬氏の援軍に駆け付けた薩摩の島津軍との間で激戦が行われた。

当時は胸まで浸かるほどので泥炭地だった古戦場を、今島原鉄道が走る。

石碑があると何の前触れもなく知って、血が騒ぐ。
オレは歴史学者になりたかったんだ。
しばらく探したよ。
そして空地に車を止めて、草をかき分け、石碑の前に立つ。

佐賀の軍隊は散々な敗戦の憂き目を見て、龍造寺隆信もまた討ち取られた。

哀悼の気持ちを込めて帽子を胸にあて、海を見ている。

12:03 大村駅(8月11日の佐賀空港より1498㎞)
国見でまた土砂降りの雨に打たれ、一旦は雨雲とお別れした。
缶コーヒーを買いに寄ったコンビニの女性店員がとても愛らしかったので、煙草にも手を伸ばした。

諫早で姿を消した島原鉄道はひっきりなしに走っていたような印象を持った。
JRのローカル線とは事情が違うようだ。

有明海ともお別れした。
悪名高い干拓地は国道からは見えない。
この国が犯した悪行。
連中が一体何をしたのか、この目で見たかったけど残念だ。

諫早からは34号国道。
大村市内が近づくと空が広くなった。

大村湾が見えると不意に線路が現れた。
九州はオレが好む風景の宝庫だった。

瓦屋根の旧校然とした大村駅。
もうじき列車が到着するのでタクシーが集まってきている。

駅前には旅館や料亭。
見渡せば整然とした町が昼の休憩をしている。

便所を借りたかったが、ここの駅員は忙しくて声を掛けるを得ず、結果便所には見放された。

2009年9月21日撮影

12:39 千綿駅(8月11日の佐賀空港より1513㎞)
駅にいらっしゃった女性の好意でホームに上がらせてもらった。

「もうすぐ列車がきますよ」と彼女が言う。
線路と海。
すぐそこが海なんだ。
視界に広がる大村湾はまるで湖のようだ。

旅の終わりが近づく頃にこんな素敵な場所に辿り着けるのだ。
素晴らしい旅だったよ。

駅舎は瓦屋根の木造平屋造り。
駅はこういった造りがいい。
人の匂いを感じられるものがいい。

ホームで大村湾を眺めていたら、どこにいるのかを忘れた。
そして思わず伸びをした。
あの瞬間のオレが、世界中で暮らす人々が迎えたあの瞬間の中で、おそらく一番幸せだっただろう。

また少し雨粒が落ちてきた。

空には薄い入道雲が浮かんでいる。

13:27 高橋駅(8月11日の佐賀空港より1545㎞)
大村湾でまた土砂降りの雨。
その雨が佐世保への道を消し、34号国道の旅が続いた。

嬉野温泉で新幹線駅設置決定の看板を見て、雨中を御船山を右手に武雄市内へ。

武雄温泉駅あたりにはすでに新幹線用の橋脚が見える。
そしてこの畑の中の小さな駅を佐世保行きの特急が通過していった。

駅では若いカップルが寄り添い、楽しそうに話し込んでいる。
ホームからは遠くに御船山が見えた。
姿のいい山だ。

恋人たちの姿を見て、小さな駅灯に明かりが灯ったこの白い駅を想像してみた。
夜になれば、このあたりは真っ暗だろう。

いろいろあって、三度佐賀県に足を踏み入れている。

関連記事

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日 2004・11・23 嵯峨嵐山(さがあらしやま)駅(

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】最終日(城崎-豊岡-舞鶴-京都)走行距離256㎞-レイセニット城崎、城崎駅、豊岡駅、久美浜駅、宮津駅、西舞鶴駅、東舞鶴駅、福知山駅、京都駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・22 8:57 レイセニット城崎413号室

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋に案内してもら

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】初日(東京-旭川-紋別)走行距離339㎞-深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラルホテル

車旅日記2004年5月1日 2004・5・1 14:10 深川駅(旭川空港より48km)

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】2日目(別府-阿蘇-宮崎)走行距離337㎞その2-高森駅、高千穂駅、延岡駅、日向市駅、佐土原駅、アーバンキット宮崎

車旅日記2004年8月12日 14:04 高森駅(8月11日の佐賀空港より403㎞) メ

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その1-藤田観光ワシントンホテル、愛別駅、上川駅、白滝駅、丸瀬布駅、遠軽市太陽の丘公園 瞰望岩、遠軽駅、オホーツク氷紋の駅

車旅日記2004年5月4日 2004・5・4 7:59 藤田観光ワシントンホテル1011号

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々し

記事を読む

「車旅日記」2004年誕生月 【沖縄ひとり旅】最終日-ひめゆりの塔、具志川城址、喜屋武岬、那覇空港

車旅日記2004年2月15日 2004・2・15 10:05 ひめゆりの塔 前日の那覇空港

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】3日目(釧路-旭川)走行距離533㎞-釧路パシフィックホテル、阿寒丹頂の里、阿寒湖、足寄駅、池田駅、十勝清水駅、樹海ロード日高、夕張駅、熊追橋付近、藤田観光ワシントンホテル旭川

車旅日記2004年5月3日 2004・5・3 7:53 釧路パシフィックホテル816号

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 14:01 厳木駅(8月11日の佐賀空港

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その3-日出塩、贄川、村井、上諏訪、日野春、西国分寺、新松戸(中央本線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年4月8日 15:00 日出塩(ひでしお)駅

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

→もっと見る

    PAGE TOP ↑