*

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

公開日: : 最終更新日:2020/09/12 旅話 2004年

車旅日記2004年8月14日
2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の佐賀空港より1187㎞)
熊本駅を出て3号国道に戻る。

そこで目にした朝日生命ビル。
確か19年前にも見たはずだ。

熊本城の石垣を横目に見て、古武士のような風貌の上熊本駅前を通り過ぎる。

そして西南戦争の最激戦地、田原坂へ。

17日間続いた戦闘を激しい雨が濡らした。

「雨が降る降る田原坂。今日が人生の田原坂」。
12歳の時に見た大河ドラマ「獅子の時代」でその存在を知った場所。
ここに寄るかどうかは今日を迎えるまで決まっていなかった。

蝉の声に混じり、「ふるさと」の時報が聞こえる。
丘の上から眺めた名のない肥後の風景は、夕暮れ時ということもあり味わい深いものだった。

古戦場は公園になり、巨大な慰霊碑が立っている。
周辺には薩軍、官軍双方の墓地がある。

多くの薩摩人が、親兄弟、従兄弟、叔父甥、友人知己でさえも敵味方に分かれての戦いの最中、昼間の激戦が終わり夕暮れを迎えると、両軍の兵士が塁壁上に現れ、無事を喜び、互いの近況を交換する光景が見られたと、海音寺潮五郎さんの小説「田原坂」には描かれている。

明治10年の17日間に降った雨は霙まじりだったそうだ。

18:15 大牟田駅(8月11日の佐賀空港より1217㎞)
かつて薩軍が官軍に対して壮絶な抜刀突撃をかけた田原坂。

三の坂、二の坂、一の坂と史跡を辿りながら坂を下りていく。
当時とたいして変わっていないと思わせる気配の中で鬱蒼としていた。

208号国道が長崎へと続いている。

テレビ塔が見えて、街への接近を感じ、川を越えると玉名。
夕方の渋滞に少しばかりはまった。

やがて筑後、大牟田へ。
この町を縦貫する道には三池道路の名がついている。

大牟田に炭鉱町の風情はすでになく、煙った空に目を向けても男たちの山は見当たらず、南国の雨が落ちてきた。

駅では多くの人々が雨を降らした空を見上げている。

男っぽい街をイメージしていたけど、駅から見える街の風景はむしろ爽やかだった。
道は広く、大きなテレビ塔が聳え、椰子の緑がまぶしい。

平屋の駅舎にはケンタッキー、ampm、パン屋。
空にはまだ青い部分が残っている。

歴史の雨が今年は大牟田に降り、遠くで雷鳴を聞いた。

2009年9月20日撮影

20:05 肥前山口駅(8月11日の佐賀空港より1268㎞)
土砂降りの雨が筑後を濡らす。
西鉄の鉄橋と煙った川面に浮かぶ小舟が旅情をかきたてる。

雨雲の隙間に夕暮れ空を見て、筑後川を越えると佐賀県。
道は流れない。
九州人の歩みは遅いように感じて、若干苛立つ。
東京人の性か。

肥前山口駅という駅名にたまらない旅情を感じて立ち寄ってみたが、周辺にめぼしい商店はなく、基点駅として多くのホームを持つが、駅舎はあまりにも簡素で味気ない。
まるでローカル私鉄駅に降りた時のような気分だ。

駅に人気はないが、ホームに止まっている列車と駅構内が鉄道基地としての風情をかろうじて伝えてくれる。

駅へ上がる階段で、真っ黒な顔をしたプロレスラーのような壮漢がギターの練習をしていた。
なかなかかわいらしい青年で、目を合わせるとはにかんだような笑顔で挨拶をしてくれた。

秋の虫が鳴いているけど、気温30度の蒸し暑い夜だ。

24:49 長崎ニューポート413号室(8月11日の佐賀空港より1357㎞)
有明国道は闇の中。
九州人は足を速めようとしない。

肥前山口駅の青年と出会ってから、少しでも佐賀県に金を落としたいと思い、途中いい具合にガソリンスタンドを見つけた。

初めての有明海をさざ波に感じて、対岸の筑後の町明かりが見えた。
細々として点々としたものだったけど、オレにはあれでいい。

時折空に光の亀裂が走る。
大牟田で耳にした雷かとも思ったけど、どこかの町で上がった花火だったのかもしれない。
今夜は花火日和らしく、あちこちで様々な小さな花火を目にした。

諫早の町明かりはまぶしかった。
長崎到着は遅くなるけど、夜の街に期待して車を走らせていた。

34号国道は途中で二手に分かれる。
オレが採った道からは島原の明かりが見えた。
そして明日、島原に行くことを決めた。

夜景のきれいな街は坂の街。
急な坂を下っていくとその先に長崎の街。
右に曲がると市電と合流して、長崎駅へとさらに下っていく。

長崎駅は19年前の記憶とはまったく違っていて、新幹線駅のようになっていた。
有明国道ですれ違った新幹線のような列車を見て、てっきり長崎新幹線は開通していたかと思ったけど、どうやら特急列車だったようだ。

ビールと夕食はベイサイドの「長崎ぶらぶら館」で。

1階は外国人客が多く、下手くそなバンドが演奏をやめない。

オレがいたのは2階。
ロッド・スチュアートのバラードを流していて、山手の夜景が見える場所で、ビールが進んだ。

思えばいろいろな場所にひとりでいた。
いつも満足していた。
でも今夜ほど満ち足りた気持ちでいることは過去に例を見ない。
友にメールを送り、飽かずに夜景を眺めていた。

寂しいと感じることのない夏の旅だった。
今も寂しさなどはなく、ただ夏の日々は短いと感じている。
明日帰京するという事実はオレの中で現実味を失ったままだ。

長崎を歩けば古い景色もある。
市電通りは19年前とおそらく変わっていないだろう。
好ましいことだけど、オレは新しい長崎に魅かれた。

またひとつ、大好きな街ができた。

関連記事

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その2-田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別府・ホテル清風屋上ビヤガーデン

車旅日記2004年8月11日 14:42 田川後藤寺駅(佐賀空港より110km) かつて

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

車旅日記2004年5月2日 2004・5・2 8:12 紋別港 いい朝だ。 身に受

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日 14:22 止別駅 (5月1日の旭川空港より518km) 思

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋に案内してもら

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その1-宇野駅、児島駅、下津井港、倉敷駅、総社駅、備中高梁駅、新見駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 8:57 宇野駅 海峡の町に清々し

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その2-月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 15:05 月田駅(11月20日の京

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】初日(東京-京都-丹波-赤穂-宇野)走行距離275㎞-金町駅、東京駅、京都駅、二条駅、馬堀駅、古市駅、竜野駅、播州赤穂駅、宇野港

車旅日記2004年11月20日 2004・11・20 5:09 金町駅 昨夜のたったひと

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】3日目(釧路-旭川)走行距離533㎞-釧路パシフィックホテル、阿寒丹頂の里、阿寒湖、足寄駅、池田駅、十勝清水駅、樹海ロード日高、夕張駅、熊追橋付近、藤田観光ワシントンホテル旭川

車旅日記2004年5月3日 2004・5・3 7:53 釧路パシフィックホテル816号

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】最終日(稚内-旭川空港)走行距離353㎞その2-天塩中川駅、音威子府駅、美深駅、名寄駅、風連駅、和寒駅、比布駅、神居古潭、旭川空港

車旅日記2004年5月5日 12:30 天塩中川駅 (5月1日の旭川空港より1802km)

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 14:01 厳木駅(8月11日の佐賀空港

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その3(R20)諏訪湖、韮崎、道の駅甲斐大和

鉄旅日記1996年5月6日 16:28 諏訪湖 松本市内を

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その2(R8→R18→R19)直江津駅、新井、豊野町、長野駅、道の駅信州新町、道の駅大岡村

鉄旅日記1996年5月6日 6:58 直江津駅 恋する女よ

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】最終日 北陸より東京へ‐その1(北陸道→R8)有磯海SA、玉ノ木パーキング、親不知ピアパーク、能生

鉄旅日記1996年5月6日 3:40 北陸自動車道-有磯海S

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 いよいよ金沢へ‐その2(R8→北陸道)敦賀、尼御前SA、金沢駅

鉄旅日記1996年5月5日 18:11 8号国道‐敦賀 琵

→もっと見る

    PAGE TOP ↑