*

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その1‐萩、玉江、東萩(山陰本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年7月25日・・・萩駅、玉江駅、東萩駅(山陰本線)

2020・7・25  7:04  萩(はぎ)駅(山陰本線 山口県)
夜半に道を濡らした雨は今朝も風に乗ってやってきた。この雨雲の動きは気になるが、遥かなる萩で気にすべきことではない。

かつて恋した女性に連れられて訪ねた駅から今日を始める。

参勤交代路として拓かれた萩~防府市三田尻を結ぶ萩往還の大木戸近くに駅はある。

治安維持のため、日没と共に城下への出入りを差し止める番所が置かれた大木戸には金谷天満宮があり、古から庇護を受けてきたという。

昨夜遅くに萩に着いて暗い中を歩いてきて、町のどこにいるのかよくはつかめていなかったけど、オレは萩のど真ん中で眠ったのだろう。

明倫館を横目にアーケード街を抜けて、萩焼きの看板が目につく雅な萩往還を歩き、やがて橋本川を渡る。

朝の祈りはそこで行われた。濁流の中をつがいの鴨が浮かび、白鷺が飛び立った。

格調高い駅舎が保たれている萩駅。あの時のあの女性の口からも長州人の誇りが伝わった。

そうだった。友に導かれて、かつてオレはわざわざ山口まで恋をしにいったんだ。

あの女性も結婚したと、確か聞いた。

そいつはよかった。そう答えたはずだ。

萩を出る列車がやってくる方を眺めていた。

7:17 玉江(たまえ)駅(山陰本線 山口県)にて

8:29  東萩(ひがしはぎ)駅(山陰本線 山口県)
玉江駅が萩の入口かと思いきや、町外れのいくぶん寂しい一帯に立地していた。

細かい雨が斜めに体を打つ。

萩城址は町のシンボル。すぐに見えたよ。そして虹を見た。

やはりオレの人生は報われる。疑っていたわけじゃないが、虹は確信を与えてくれる。

常盤橋を渡る。

戦国の頃の長州兵団に際立つ強さは感じられないが、幕末維新ではその遺伝子が群がり出た。

そんなことを思うでもなく雅な川を渡る。

橋本川は萩の外堀だったのだろう。川の内側に町は収まっている。

川ムコウには峰が連なる。山陰本線は橋本川に沿うように町の外側を走る。

菊ヶ浜で日本海を愛でる。

浜に連なるように旅館が並んでいる。きっとあの内のどこかに修学旅行で泊まったのだろう。

その夜にNWA世界王者リック・フレアー×AWA世界王者リック・マーテルの世界統一戦をテレビで見たことだけを覚えている。35年前のことだ。

恋人に萩城址を背景にした自撮り写真を送る。彼女とはその35年前を共有できる。

もっとも男女別学で、男子は長崎~天草~阿蘇~萩~津和野とたどったのに対して、女子は津和野から逆のコースをいったため、男女が同じ場所で交わることはなかった。

歴史好きなオレからすれば、長州の象徴でもある萩という土地柄を意識しそうなものだが、そんなものが浮かび上がることはなく、萩という美しい町をただただ愛でながら東萩までの約1時間の道を歩いた。

会津もそうだが、武士の時代が終わるまで、本物の武士がいた町には品がある。

萩橋を渡ってしまえば、もうあの美しい町には戻れない。

トンボが群れ飛び、蝉の声に優しく包まれた雅な町にはもう戻れないのだと、とてつもなく大きな未練を捨てる。

やがて昨夜降りた東萩駅に到着。城下町に似つかわしい立派な駅舎に見惚れる。

萩橋で未練は捨てている。さっさと改札を済ませてビールを開けた。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その1-米原、弁天町、大正、芦原橋、今宮、杉本町、堺市、東羽衣、鳳(東海道本線、大阪環状線、阪和線、東羽衣支線)

鉄旅日記2013年4月7日その1・・・米原駅、弁天町駅、大正駅、芦原橋駅、今宮駅、杉本町駅、堺市駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その1‐高山、打保、猪谷、富山、電鉄富山(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・高山駅、打保駅、猪谷駅、富山駅、電鉄富山駅(高山本線) 2020

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2・・・鷲津駅、新居町駅、浜松駅、新浜松駅、第一通り駅、西鹿島駅、遠

記事を読む

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅】その2-久留里、上総亀山、横田、木更津、巌根、袖ヶ浦、長浦、姉ヶ崎、八幡宿、浜野(久留里線、外房線)

鉄旅日記2013年2月17日その2・・・久留里駅、上総亀山駅、横田駅、木更津駅、巌根駅、袖ヶ浦駅、長

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その3-笹川、外川、犬吠、犬吠埼、銚子、椎柴、松岸(成田線/銚子電鉄)

鉄旅日記2018年9月22日・・・笹川駅、外川駅、犬吠駅、銚子駅、椎柴駅、松岸駅(成田線/銚子電鉄)

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

車旅日記2006年5月4日・・・ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その1-東京、円町、園部、安栖里、山家、市島、柏原、谷川、西脇市、粟生(東海道新幹線/山陰本線/福知山線/加古川線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・東京駅、円町駅、園部駅、安栖里駅、山家駅、市島駅、柏原駅、谷川駅

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その3‐多賀城、高城町、石巻、鹿又(仙石線/石巻線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・多賀城駅、高城町駅、石巻駅、鹿又駅(仙石線/石巻線) 12:44

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】最終日(釜石-東京)その4‐安積永盛、鏡石、須賀川、新白河、黒磯、宇都宮(東北本線)

鉄旅日記2020年2月24日・・・安積永盛駅、鏡石駅、須賀川駅、新白河駅、黒磯駅、宇都宮駅(東北本線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その2-中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢湾フェリー)

鉄旅日記2018年12月24日・・・中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑