*

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2020年

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅(山陰本線)

10:03  益田(ますだ)駅(山陰本線/山口線 島根県)
日本海に沿って列車は進んでいる。

昨夜は真っ暗だったし、どこを走っているのかも分からない。ただ単に目的地に到達することだけを山陰本線には求めていた。

あれは旅じゃない。さらなる修行が必要だ。

山陰本線に限らず、この国では多くの列車が草萌える狭隘な地に敷かれた鉄路を往く。自然災害があれば、何が起きてもおかしくない道を往く。

今、益田に向かう山陰本線は、そんな道を往っている。荒天の予報もある今日に、東萩を出た時点では異変はないという。

益田に着くまで、車窓から日本海が望める素敵な区間だった。かえすがえすも昨夜が忌まわしい。

9:54益田着。
駅前風景は見覚えのあるものだったが、12年前の昼に寄った回転寿司屋は別の店に変わっていた。

車寅次郎を気取って大きなアタッシュケースを提げて益田を歩いた在りし日。オレの他に客はなく、コンベア機を回さないことを詫びた善人のご主人を思い出す。

10:31  三保三隅(みほみすみ)駅(山陰本線 島根県)
益田発は10:03。

なぜだか柳ジョージの切ないバラード「コイン ランドリィ ブルース」が頭を離れない。そしてムッシュかまやつの「どうにかなるさ」。曇天の下に置かれた日本海の町並にそぐわしい。

益田を過ぎても車窓には日本海があり、石州瓦の家並が続いている。

下り特急通過待ち3分の停車。

列車は海辺から離れ、駅員のいる駅でしばし動きを休めた。

11:15  浜田(はまだ)駅(山陰本線 島根県)

三保三隅を出ると、すぐに日本海に寄る。

折居海岸には駅があり、街道には場末のドライブインが散見される。

オレもたいした暮らしはしていないが、日本海の町並にかぶせる哀愁は、おそらく道理に合うのだろう。

萩には憧れを持った。暮らしてみたいとも思ったよ。

10:54浜田着。

港、島に渡る巨大大橋、整った町並。かつて寄った城跡はトンネルの上にあったのだろう。

石見人は我慢強いとの司馬遼太郎の言が刻まれた石碑が立つ浜田城址。第二次長州征伐の際に浜田藩兵によって火がかけられた。

石州の英雄をすぐに思いつけないが、兵団は強かったに違いない。

三保三隅から浜田にかけて防衛線を敷いて長州軍を待ち構えた幕末の浜田藩兵。友軍として福山藩兵。そして幕府軍目付。

後に武士の鑑と称賛された浜田藩士の岸静江国治は扇原関門にひとり立ちはだかり、撃たれる。長州人もその勇敢さを称えたと伝わる。

そんな風土の中を往く。

11:31  波子(はし)駅(山陰本線 島根県)
この列車に乗った若い娘たちはどこへ行くのか。かつて山口宇部で知り合った女性がTDLのコアなファンだったことを思い出す。

気づけばもう昼前。そして気づけばもう帰り道をたどっている。

恋人と過ごす楽園もまた束の間で、時間になれば無常を感じながら二人は駅への道を往く。

行き違い3分の停車。高台から岸辺に打ち寄せる波を見る。

5年前にも降りた駅。あれからいろいろあって、目指す地域も偏りはしたが、5年もあればオレは戻ってくる。

それが実証された。

関連記事

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その2‐中滑川、滑川、猪谷、宇奈月温泉、宇奈月、寺田(富山地方鉄道本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・中滑川駅、滑川駅、宇奈月温泉駅、宇奈月駅、寺田駅(富山地方鉄道本線

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・広島駅、向洋駅、東岡山駅、高島駅、守山駅(山陽本線、東海道本

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日・・・厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町 2004・8・1

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その3-海尻城址、海尻、八千穂、信濃川上、佐久海ノ口、甲斐小泉、小淵沢(小海線)

鉄旅日記2019年2月10日・・・海尻駅、八千穂駅、信濃川上駅、佐久海ノ口駅、甲斐小泉駅、小淵沢駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その3-燕三条、北三条、三条、長岡、水上、高崎(弥彦線/信越本線/上越線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・燕三条駅、北三条駅、三条駅、長岡駅、水上駅、高崎駅(弥彦線/信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】最終日(福井-東京)-福井駅前、武生新、武生、大府、武豊、知多武豊、刈谷、安城、蒲郡、東京葛飾(福井鉄道福武線/北陸本線/東海道本線/武豊線)

鉄旅日記2008年9月15日・・・福井駅前駅、武生新駅、武生駅、大府駅、武豊駅、知多武豊駅、刈谷駅、

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日・・・田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート 2004

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】最終日(稚内-旭川空港)走行距離353㎞その1-稚内サンホテル、稚内公園、ノシャップ岬、サロベツ原生花園、サロベツ河畔、パンケ沼、下沼駅、幌延駅、雄信内駅

車旅日記2004年5月5日・・・稚内サンホテル、稚内公園、ノシャップ岬、サロベツ原生花園、サロベツ河

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その1-倉敷、足立、生山、上菅、伯耆溝口、伯耆大山、赤碕、浦安、松崎、浜村、末恒、湖山、鳥取(伯備線/山陰本線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・倉敷駅、足立駅、生山駅、上菅駅、伯耆溝口駅、伯耆大山駅、赤碕駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その2(岩倉-東京)-笠松、新羽島、岐阜羽島、羽島市役所前、西笠松、新木曽川、名鉄一宮、玉ノ井、萩原、日比野、弥富、近鉄弥富(名鉄本線/名鉄竹鼻線/名鉄羽島線/名鉄尾西線)

鉄旅日記2015年3月8日その2・・・笠松駅、新羽島駅、岐阜羽島駅、羽島市役所前駅、西笠松駅、新木曽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑