*

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その2-源道寺、入山瀬、下部温泉、塩之沢、甲斐常葉、市川大門、甲府、新府、穴山、東山梨、東所沢(身延線、中央本線、武蔵野線)

公開日: : 最終更新日:2024/06/04 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年3月3日その2・・・源道寺駅、入山瀬駅、下部温泉駅、塩之沢駅、甲斐常葉駅、市川大門駅、甲府駅、新府駅、穴山駅、東山梨駅、東所沢駅(身延線、中央本線、武蔵野線)

12:23 源道寺(げんどうじ)駅(身延線 静岡県)
ここらあたりじゃもう春だ。
五分咲きというところだが駅横ではもう花が開いている。

こうして立っていても寒いという感覚はない。

さっきから駅舎もなく、どこにも行き場のない駅で次の列車がくるのを待っている。

何気なく線路を見つめたら、いつからそうなっていたのか気づかなかったけど、複線になっていた。

12:52 入山瀬(いりやませ)駅(身延線 静岡県)
まだ富士の懐をうろついているが、やっぱり今日はダメだな。
どうあっても富士山はオレの前には現れないらしい。
雲がとれる気配はなく、逆に暗くなってきた。

SL文庫を見に行って公園横の廃屋を写真に収める。

オレの目の前にマスクをした駿河娘が二人並んで座っている。
目元から察すると二人とも美人に違いない。
富士周辺が南米系外国人の入植地であることを覗わせる者も二人乗り合わせている。

ここから甲府方面に戻る。


15:31 下部温泉(しもべおんせん)駅(身延線 山梨県)
信玄公隠し湯には大温泉郷が形成されていた。

駅を降りて曲がりくねった道を上がっていくとそれはあった。
観光用ポスターに採用されていた場所で写真を撮り、人気の絶えた15:00の温泉町を後にした。

中心街にいく途中に、かつて料理屋が並んでいた一角があった。
今は廃墟となっている。
随分と時代が過ぎているようだ。

人が集まるべき場所で、人の姿を見かけない異様さに村上春樹さんの「1Q84」に登場する「猫の町」を思った。

足湯がある下部川沿いの駐車場で休み、駅に戻る橋の上で、さっきの特急列車に乗ってきたリュックを背負う若い女性と擦れ違う。
喜びに満ちた旅人の顔をしたステキな女性だった。

待ってる列車がこない。
身延線はそういう事情で動いているらしい。


下部温泉温泉街にて


16:12 塩之沢(しおのさわ)駅(身延線 山梨県)
富士宮方面に2駅戻る。

桜の老樹が聳える駅。
今年も開花が待ち遠しい。

列車がやってくる音が聞こえる。
随分と人の手で削られた富士川とゆばと温泉の看板を記憶する。

それだけだけど、田舎の小径を行きつ戻りつ「悪くねえな」とつぶやいた。

久遠寺をはじめこのあたりには神社仏閣がひしめき、本栖湖が近い。

16:30 甲斐常葉(かいときわ)駅(身延線 山梨県)
小さな川を渡った先にごく小さな町が見えた。

駅を降りて最初に見えた風景の中で好ましいものの最右翼に位置するものだ。
あの先に行ってみたい。

川辺にはブルドーザーが置かれていた。
それは最も嫌いな部類に属する風景だ。

去年も降りた市川大門(いちかわだいもん)駅(身延線 山梨県)にて

甲府(こうふ)駅(中央本線/身延線)で乗り換え、松本方面へ。

18:19 新府(しんぷ)駅(中央本線 山梨県)
武田勝頼公ゆかりの新府中は闇の中。
駅舎もなく、ほんの僅かな上屋はこんな風が雨を運べば役割を果たせない。

何度も通り過ぎる度に、降りてもきっと何もないだろうと予想していたとおりの駅で、まるで当然のようにこの駅から乗るのはオレひとり。
降りるのもオレを除けばひとりだった。

城跡に向けて坂道を上がったけど、とても行き着かない。
振り返った先、韮崎の夜景がいつものように美しい。

戦国時代に無敵を誇った甲州武田軍団が滅亡へと至る行程は信じがたいほどの呆気なさだった。

織田軍の侵攻が始まると信州伊那谷に敷かれていた重厚な防御線は、高遠城を守る仁科盛信を除いて戦わぬ内に城を焼いて潰え去り、ここ新府も何らの役割も果たさずに自軍の手によって焼かれた。

夢の跡はたいてい儚く、形として残っているものは無情を伝える。

18:44 穴山(あなやま)駅(中央本線 山梨県)
そろそろ寒くなってきた。

新府に続き穴山も予想通りの駅だ。
深い闇の中でログハウス風の駅舎がポツネンと光っている。

駅を出て少し歩くとドンツキにあたり能見城跡がある。
穴山氏を紹介する文に、武田家を裏切った記述がおそらく意図的に省かれていた。

武田家滅亡に親族衆の最大の実力者、穴山梅雪の徳川家への寝返りが大きな影響を与えている。
甲斐の国人は動揺し、櫛の歯が欠けるように武田勝頼の周りには人がいなくなり、天目山での最期の時には守る者は100人もいない。

穴山梅雪もまた同じ年に本能寺の変の混乱に巻き込まれ悲惨な最後を遂げている。
人を裏切ると、人からどう見られ、どんな末路が待っているのかをあの時代は多くの例を挙げて訴えている。

東京方面へ戻る。

19:42 東山梨(ひがしやまなし)駅(中央本線 山梨県)
こんな夜に、こんなにも何もない駅に降り立つと途方に暮れるどころではない。
周囲に赤提灯が一軒だけの駅舎もない駅だった。

何をすることもできず、たまたまやってきた下り列車で山梨市へと一駅戻る。

22:21 東所沢(ひがしところざわ)駅(武蔵野線 埼玉県)
東京方面に戻り、西国分寺で武蔵野線に乗り換える。

西武池袋線に乗り換える新秋津をひとつ行き過ぎる。
高架駅の西国分寺を出ると武蔵野線は徐々に地上へと降りて行き、やがて空堀のようなところを走る。

たぶんここまでが空堀区間だろう。
地上へと階段で上がると駅とその周辺はひとつ隣の新秋津に限りなく似ている。
さらに灯の数を減らしたような感じだ。

築地直送を謳う居酒屋が煌々とした光を放ち、適当な相手は思い浮かばないが、「じゃあ次は東所沢で一杯やるかっ」という手もないことはないなと思う。
オレの家も近い。

関連記事

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】2日目(大垣-姫路)その1-大垣、能登川、栗東、草津、石部、三雲、甲南、油日、甲賀、柘植(東海道本線/草津線)

鉄旅日記2017年8月12日・・・大垣駅、能登川駅、栗東駅、草津駅、石部駅、三雲駅、甲南駅、油日駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、北海道途中下車旅】3日目(室蘭-岩見沢)-室蘭、苫小牧、鵡川、静内、様似、追分、夕張、新夕張、清水沢(室蘭支線、室蘭本線、日高本線、石勝線、夕張支線)

鉄旅日記2012年8月13日・・・室蘭駅、苫小牧駅、鵡川駅、静内駅、様似駅、追分駅、夕張駅、新夕張駅

記事を読む

「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」でめぐる東海旅】最終日(桑名-揖斐-樽見-金城ふ頭-東京)その1-桑名、養老、大垣、揖斐、垂井、美江寺、本巣、樽見(養老鉄道/東海道本線/樽見鉄道)

鉄旅日記2018年9月16日・・・桑名駅、養老駅、大垣駅、揖斐駅、垂井駅、美江寺駅、本巣駅、樽見駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄富田駅、富田駅、近鉄四日市駅、湯の山温泉駅、伊勢若松駅、平田町

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その1-新山口、宇部、居能、雀田、長門本山、小野田、厚狭、新下関、下関、門司、小倉(山陽本線/宇部線/小野田線/長門本山支線/山陽本線/鹿児島本線)

鉄旅日記2009年9月19日・・・新山口駅、宇部駅、居能駅、雀田駅、長門本山駅、小野田駅、厚狭駅、新

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日・・・呉駅、広駅、竹原駅、安芸幸崎駅、松永駅、東尾道駅、相生駅、西相生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その2-野洲、米原、神領、定光寺、中津川、塩尻、岡谷、日野(東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・野洲駅、米原駅、神領駅、定光寺駅、中津川駅、塩尻駅、岡谷駅、日野駅

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その1-倉敷、足立、生山、上菅、伯耆溝口、伯耆大山、赤碕、浦安、松崎、浜村、末恒、湖山、鳥取(伯備線/山陰本線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・倉敷駅、足立駅、生山駅、上菅駅、伯耆溝口駅、伯耆大山駅、赤碕駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】最終日(松戸-五井-大原-安房鴨川-松戸)その1-市川塩浜、五井、上総牛久、馬立、上総鶴舞、里見(京葉線/外房線/小湊鉄道)

鉄旅日記2018年9月23日・・・市川塩浜駅、五井駅、上総牛久駅、馬立駅、上総鶴舞駅、里見駅(京葉線

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅、新白河駅(常磐線/東北

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑