*

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その1-東京、円町、園部、安栖里、山家、市島、柏原、谷川、西脇市、粟生(東海道新幹線/山陰本線/福知山線/加古川線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/04 旅話, 旅話 2009年

鉄旅日記2009年11月21日・・・東京駅、円町駅、園部駅、安栖里駅、山家駅、市島駅、柏原駅、谷川駅、西脇市駅、粟生駅(東海道新幹線/山陰本線/福知山線/加古川線)
2009・11・21 6:04 東京(とうきょう)駅(東海道山陽新幹線/東北新幹線/上越・長野新幹線/東海道本線/中央本線/山手線/京浜東北線/総武線快速/横須賀線/京葉線/東京メトロ丸の内線 東京都)
のぞみ1号、3号とも自由席は満席。
席を求めてさまよう者がまだ暗い空の下でたくさん見られる。

騒ぎはすでに金町から始まっていた。
真っ黒な人々がどこかへ向けて列を作っていた。

若干の遅れが勝敗を分ける。
オレみたいなヤツはさっさと寝床を抜け出すべきだ。

ひとつひとつ小さな現実を繰り返し経験して、焦り、疲れ、次第に小さくなっていく希望を遠くに見て、その途方もなさに挫け、今ある生活に結局はしがみつく。

だけど今朝のオレは自由だ。
そして人々も多少の不自由さを味わいながらも、遠くを目指すことに高揚感を覚えながら新幹線に乗り込んでいる。

変わりやすい天気が続いていた。
だけど今日の列島はどこも晴れだ。

9:06 円町(えんまち)駅(山陰本線 京都府)
世界の国々から毎日のように人々が訪れる、世界が身近な街、京都。

この街と、ここで暮らしていたひとりの女性に恋した頃は、もうすっかり過去のものになったのだと、新幹線ホームから八条口を眺めた時に思う。

あの頃は、その風景を眺めるたびに帰ってきたと思ったものだ。

西ノ京円町。
京都らしい地名に憧憬の念を覚える。

西大路と丸太町通りが交差する町に繁華街はなく、ただ多くの車が行き交っている。

金閣寺に天龍寺と、世界文化遺産の案内表示がある町。

三沢光晴×川田利明、スタン・ハンセン×スティーブ・ウイリアムスのチャンピオン・カーニバル公式戦に、リック・フレアー、リック・マーテルの世界王者コンビの実現と、数々のビッグ・マッチが組まれた京都府立体育館もここにある。

嵐山がほんのりと紅い。
そこを目指す一団を乗せた列車が間もなく来る。

9:57 園部(そのべ)駅(山陰本線 京都府)
保津峡で紅葉を楽しみ、列車は丹波の国へ。

南丹市という見知らぬ町を名乗るようになったのはいつからか。
かつてこの町を眺めた9号国道は近くを流れている。

木々は紅く染まり、風景は平板になった。
城跡が残り、同和地区から代議士を国政に導いた町。

西口に「リーズナブル」という冗談みたいな名のビジネスホテルと、ショーケースの中がすかすかな食堂を入れたステーションビルがある。
利用者がいないのか、入口付近の明かりはすべて消えていた。

10:40 安栖里(あせり)駅(山陰本線 京都府)
数分の停車。
駅舎はなく、商店が一軒。
外からじゃ、ここが駅かどうか判別がむずかしい。

風が冷たい。
山深い丹波の里を見下ろすように、山陰本線は福知山に向かっている。

その福知山まで、綾部を除いてすべて無人駅らしい。

10:57 山家(やまが)駅(山陰本線 京都府)
谷間の集落に冷たい風が吹き、どこかで聞いたことのありそうな名を持つ駅には、ごく簡素な味気ない駅舎が建つ。

ここでも数分の停車。
だだっ広い広場に止まる車は1台もなく、古い平屋の前で老婆が冷たい路上に座り込んで話し込んでいる。

色づく里をひた走り、次は綾部。

隙間風が入る列車に乗っている。

11:35 市島(いちじま)駅(福知山線 兵庫県)
福知山で福知山線に乗り換える。

数分の停車。
丹波の国にいる。
ここは丹波市を名乗っている。

大きく汽笛が鳴った。

丹波に入ってからは現在的な構造物を見ていない。

目の前に丹波高地が立ちはだかってきた。

11:55 柏原(かいばら)駅(福知山線 兵庫県)
石原を「いさ」。
石生は「いそう」。
丹波の地名は難解だ。

ここは織田信長所縁の地という。
八上城の悲劇をはじめ多くの血が流れ、その後丹波人は明智光秀に率いられて信長を本能寺に襲った。

柏原は城下町とのこと。
山の駅を併設した立派な駅で、歩いてみたい商店街が駅から続いていた。

ここで数分の停車。

12:09 谷川(たにかわ)駅(福知山線/加古川線 兵庫県)
1両のワンマンカーの座席はお年寄りで埋まり、弁当の匂いが充満している。

丹波山南地区のターミナル駅で乗り換えて、加古川に向かう車内にいる。

谷川は小さな町で、駅前には1軒の旅館。
丹波の寂びた旅情は味わい深い。
丹波で宿をとるとしたら、どこが適当か。

明後日もこの道を往く。
そこで答えが出るだろう。
やはり天空の城を持つ篠山か。

12:45 西脇市(にしわきし)駅(加古川線 兵庫県)
「日本のへそ」西脇。
ここはもう播磨の国か。

加古川に沿った旅はここで杉原川と合流して平野に出た。

この線区の中核の街だが、駅前はひっそりとして、1軒のお好み焼き屋を除いて商店もない。

かつてこの駅は野村を名乗り、ここから鍛冶屋線が延びていた。
その鍛冶屋線がまだ走っていた当時、この街で王者ブルーザー・ブロディが、挑戦者ジャンボ鶴田を迎えたインター王座戦が組まれたのは26年前。
全日本プロレスはそれから京都に向かいシリーズを締めた。

おそらくそれ以来そうした類の興行が西脇に行ったことはないだろう。

13:09 粟生(あお)駅(加古川線/北条鉄道/神戸電鉄粟生線 兵庫県)
播磨のターミナル駅に着いて北条鉄道に乗り換える。

加古川はここでさらに万願寺川を吸収して明石海峡に向かう。

南欧を思わせる白亜の駅舎を持つ粟生駅前には何もなく、昼食は山陽路に出るまで期待できそうにない。

神戸鉄道も乗り入れ、ここを終点としている。

関連記事

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日・・・柳井駅、大畠駅、西条駅、岡山駅、高松駅、高松築港駅、オレンジタウン駅

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、紀伊半島へ】最終日(紀伊勝浦-東京)その1-紀伊勝浦、太地、湯川、那智、三輪崎、新宮、丹鶴城公園、鵜殿(紀勢本線)

鉄旅日記2014年3月9日その1・・・紀伊勝浦駅、太地駅、湯川駅、那智駅、三輪崎駅、新宮駅、鵜殿駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】2日目(天王寺-奈良)その2-なんば、上本町、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺、恵美須町、新今宮、奈良(南海電鉄南海線/関西本線)

鉄旅日記2007年2月11日・・・なんば駅、上本町駅、鶴橋駅、桃谷駅、寺田町駅、天王寺駅、恵美須町駅

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

車旅日記2004年8月11日 2004・8・11 4:42 東京葛飾金町 2度の安らかな眠りを越

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日 2004・11・24 9:40 大王崎 薄曇り。 小雨が時に混

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【伊那、木曽から志賀高原へ。気乗りのしない旅で選んだ行き先は、初夏の信濃路でございました。】最終日(志賀高原湯田中-中込-東京)-湯田中、菅平湖、中込ローソン、竜王駅、道の駅甲斐大和、藤野駅、東京町田

車旅日記1998年7月20日 1998・7・20 7:25 湯田中‐某クラブ志賀高原 486㎞

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】4日目(遠野-釜石-気仙沼-鳴子温泉)-遠野徳田屋旅館、遠野駅、釜石駅、釜石大観音、道の駅高田松原、気仙沼港、南気仙沼駅、小梨駅、一ノ関駅、鳴子サンハイツ

車旅日記1998年8月15日 1998・8・15 8:00 遠野 徳田屋旅館 4日目。 宿で知

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】最終日(岩国-東京)-岩国、海田市、岡山、西大寺、播州赤穂、山科、南草津、豊橋、愛野、菊川、熱海(山陽本線、赤穂線、東海道本線)

鉄旅日記2013年8月14日・・・岩国駅、海田市駅、岡山駅、西大寺駅、播州赤穂駅、山科駅、南草津駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年夏【再び北を目指した夏。不慮の事故に遭い、打ち切らざるを得なくなったのでございます。】最終日 事故から帰京を振り返って。

車旅日記1996年8月15日 1996・8・15 東京 望郷の思いとは別に昨日家に帰り着いた。

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その2-西小坂井、三河三谷、愛知御津、三河安城、共和(東海道本線)

鉄旅日記2019年3月23日・・・西小坂井駅、三河三谷駅、愛知御津駅、三河安城駅、共和駅(東海道本線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑