*

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】初日(東京-琵琶湖志賀)デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2000年

車旅日記200年8月11~12日・・・デニーズ青砥店、方南町、日野駅、道の駅信州蔦木宿、峠の茶屋
2000・8・11 20:35 6号国道‐デニーズ青砥店 3㎞
旅立ちの冒頭には必ず同じようなことを書く。
つまり不安について。

金町トヨタレンタカーでは面倒な事故の対応に、店員が少しナーバスになっていた。
契約者にぶつけられた相手が無理を言っているらしい。

6号国道に出るといつもより交通量が多く感じられた。

車を止める場所には気を遣う。
オレの場合、過去の例からみて圧倒的に対物の危険が多い。

不安が払拭されるにはそれなりの時間がいる。
東京圏内にいるうちは諦めている。

特殊だよ、ここらは。
ひとりで不安でいると尚更すべてが凶器に見えたりする。

100㎞がめどになる。
それを過ぎて路上で一夜を明かせば気分も変わる。

今オレがここにいる理由だが、今回は初めて連れがいる。
彼を待っている。
職場の後輩だ。

今連絡が入り、到着にはまだ1時間ほどかかりそうだ。
彼とはそれぞれの車で、明後日の朝まで一緒に過ごし、それからオレは福山、宇部の友人を訪ね、彼は琵琶湖で釣り糸を垂らしたりして気楽に過ごした後、親戚が暮らす徳島に渡るつもりでいる。

1時間もここで時間をつぶすのか。
人物観察をするには客入りが芳しくない。
過去を思い出すにも旅立ちの不安が収まらず、うまくいきそうにない。

台風9号がどこらあたりを通るのか。
まあそれはいい。

相棒にとってはどうかは分からないが、オレには長い夜になりそうだ。
30分が経過した。

地図を眺めるのは飽きないが、それでもつぶせる時間には限りがある。
55分経過。

アイスコーヒーが底をついてきた。
もう1杯必要だが、今は飯以外のものを腹に入れたくない。

やはりひとりの方が気楽か。
店は当初より混雑している。
普段見かける人種に混じって、下町の連中が発する雑な方言が聞こえてくる。

相棒がやってきた。。

22:45出発。

23:53 環状7号線-方南町 32㎞
大渋滞中。
数メートル進むのもままならない。

バックミラー越に見る後ろの相棒は陽気さを保っているようだが、オレはクソ東京に苛立っている。

5、6年前に当時の恋人を送るためにこのあたりを通る時には、一度もこんな目に遭わなかった。

2000・8・12 1:12 日野駅 59㎞
相棒と外で煙草を吸う。
今夜は心強い。
少しじゃなく、かなりだ。

これより峠道。

5:22 20号国道‐信州蔦木宿(道の駅) 195㎞
7月にもここに寄っている。

相棒と一緒だからか、いつもより感受性が鈍っているかもしれない。
だけど楽しいよ。
何の説明もいらない。

8:26 20号国道‐信州蔦木宿(道の駅)
あれから3時間。
でもずいぶん長く感じている。

途中、東名を走行中の友から連絡が入った。
それが約1時間前。

奥さんを乗せた彼が千葉の自宅を出て、ハイウェイに乗ってから10時間以上にもなるというのに、まだ浜名湖近辺だという。
今回の夏休みはかなりスケールの大きいものらしい。

明日、彼を福山の実家に訪ねる。

9:46 152号国道‐峠の茶屋 223㎞
見晴らしのいい場所で朝食。

別の友人から連絡が入ったようだ。

23:10 レイクサイド琵琶湖某リゾートクラブ 590㎞
志賀駅前で食事。

ご主人から、このあたりに暮らす人々は、織田信長の比叡山焼き討ちで逃れた人々の末裔との話を聞く。
歴史好きのオレをうならせる話だった。

今日のすべてが終わって、ほっとしている。

福山に帰る友は、もう着いただろうか。

関連記事

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】2日目(津山-鳥取)その2-金川、弓削、亀甲、美作滝尾、三浦、美作加茂、知和、智頭、用瀬、津ノ井、大岩、岩美、鳥取(津山線、因美線、山陰本線)

鉄旅日記2014年8月14日その2・・・金川駅、弓削駅、亀甲駅、美作滝尾駅、三浦駅、美作加茂駅、知和

記事を読む

「鉄旅日記」2018年秋【サンキューちばフリーパスでめぐる上総下総安房旅】初日(松戸-流山-潮来-銚子-東金-松戸)その4-飯岡、東金、大網、蘇我、海浜幕張、船橋法典、市川大野、東松戸(総武本線/東金線/内房線/京葉線/武蔵野線)

鉄旅日記2018年9月22日・・・飯岡駅、東金駅、大網駅、蘇我駅、海浜幕張駅、船橋法典駅、市川大野駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】4日目(佐賀-松浦)その1-佐賀、肥前竜王、里信号場、喜々津、浦上、浦上駅前、長崎駅前、長崎、長与、諫早(長崎本線/長崎電気軌道/長崎本線長与支線)

鉄旅日記2009年9月21日・・・佐賀駅、肥前竜王駅、里信号場、喜々津駅、浦上駅、浦上駅前駅、長崎駅

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その2-福島駅、峠駅、今泉駅、荒砥駅、アパホテル山形駅前大通

車旅日記2005年7月16日 17:00 福島駅(7月16日の長岡駅より255㎞) あれから10

記事を読む

「鉄旅日記」2009年初夏【上信越ひとり旅】2日目(十日町-長岡)-十日町、戸狩野沢温泉、長野、松本、信濃大町、南小谷、直江津、柿崎、長岡(飯山線/篠ノ井線/大糸線/北陸本線/信越本線)

鉄旅日記2009年7月19日・・・十日町駅、戸狩野沢温泉駅、長野駅、松本駅、信濃大町駅、南小谷駅、直

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その4‐矢島、前郷、金浦、酒田(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・矢島駅、前郷駅、金浦駅、酒田駅(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2011年夏【みちのくひとり旅】4日目(鹿角花輪-花巻)-鹿角花輪、荒屋新町、盛岡、北上、和賀仙人、横手、大曲、角館、田沢湖、雫石、小岩井、花巻空港、新花巻、花巻(花輪線/東北本線/北上線/田沢湖線/釜石線)

鉄旅日記2011年8月16日・・・鹿角花輪駅、荒屋新町駅、盛岡駅、北上駅、和賀仙人駅、横手駅、大曲駅

記事を読む

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】最終日(富山-岩瀬浜-糸魚川-松本)走行距離218㎞ その1-アパホテル富山駅前、城川原駅、岩瀬浜駅、東富山駅、中滑川駅、滑川駅、魚津駅、石田駅、電鉄黒部駅、入善駅

車旅日記2005年4月30日 2005・4・30 9:10 アパホテル富山駅前1107号室 どこ

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その2-恵那、瑞浪、土岐市、多治見、千種、鶴舞、金山、天竜川、袋井(中央本線、東海道本線)

鉄旅日記2012年3月25日その2・・・恵那駅、瑞浪駅、土岐市駅、多治見駅、千種駅、鶴舞駅、金山駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑